« 【鉄道】ついで参り(38)全線再開後はじめて南リアス線を訪ねる | トップページ | 【書籍】運輸と経済2015年2月号 »

【書籍】水津陽子著/日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地

Nippon

外国人観光客を日本に呼ぶことが話題になっている昨今ですが、日本人にはいまいち知名度がない割に、外国人には人気の国内スポットを紹介し、解説している本です。

いかにも日本といったものもありますが、その中には「ローカル鉄道」もありました。やりかた次第では、日本のローカル鉄道も外国人に受けるようで、地方鉄道活性化にもなることがわかりました。

定価:1400円+税
単行本: 213ページ
出版社: 日経BP社 (2014/9/20)
言語: 日本語
ISBN-10: 4822277917
ISBN-13: 978-4822277918
発売日: 2014/9/20
商品パッケージの寸法:  18.6 x 12.8 x 1.8 cm

日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地/水野陽子著
<目次>
まえがき
第1話 古都と廃墟
 富士山の次に人気のある場所はどこ?世界に刺さる「価値」は常識の外にある
第2話 桜
 「桜と言えば日本」は日本人の思い込み?韓国とフランスに学ぶ本当の地域ブランディング
第3話 川・運河
 島国・日本がいまだ目覚めぬ水の観光2020年、TOKYO・隅田川が描く未来
第4話 宿
 外国人はなぜ「RYOKAN」が好きなのか?個人旅行者をリピーターに変えよう
第5話 ローカル鉄道
 ネコにランチにスピリチュアル!外国人も憧れる地方路線の潜在力
第6話 美術館
 国籍と言語を越えるアートツーリンズムは地方を救うか?
第7話 食べ歩き
 アジアの食いしん坊が集まる「大阪・黒門市場」リピーターを生み出すフードツーリズムとは?
第8話 観光都市
 「大阪」vs「京都」は大阪に軍配?ディープタウン大阪が物語るリピートの本質
第9話 名城・古城
 〝歴史的ハコモノ″から脱却して新たな価値を!日本観光の入り口になりうるいにしての城巡り
第10話 街道
 リピーターは木曽路を目指す ハードな峠越えも立派なコンテンツ
第11話 バス
 定番の観光バスに、外国人目線で乗ってみた!リンクでバスの導線は無限に広がる
あとがき

|

« 【鉄道】ついで参り(38)全線再開後はじめて南リアス線を訪ねる | トップページ | 【書籍】運輸と経済2015年2月号 »

地域活性化」カテゴリの記事

書籍」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/61193241

この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】水津陽子著/日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地:

« 【鉄道】ついで参り(38)全線再開後はじめて南リアス線を訪ねる | トップページ | 【書籍】運輸と経済2015年2月号 »