« 【自転車】超軽量スタンド・アップスタンド(20インチ)を装着してみる | トップページ | 【書籍】水津陽子著/日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地 »

【鉄道】ついで参り(38)全線再開後はじめて南リアス線を訪ねる

「ついで参り」は良くないというけれど、所用で出かけた移動の途中、『ついでに』ちょっと寄って撮った写真です。


H27.2.14 用事があって大船渡・釜石地区に来ていますが休日ということで、全線再開後ごぶさたしている南リアス線の様子を見に行きました。今回は、車でのアプローチでしたので各駅に立ち寄り硬券入場券も買いながら、『走り』を撮ることができました。

車両も新車に変わっていて、閑散期ではありますが観光客らしき利用者もいて、団体利用なのかレトロ車を加えた3連も走っていました。沿線条件は違うのでしょうが、ぱっと見、BRT路線よりもお客がいるような気がします。

次回は乗り鉄で訪れたいところです。

三陸鉄道南リアス線
▲唐丹駅の北側の鉄橋を渡る208D

三陸鉄道南リアス線
▲唐丹駅に停車中の盛行208D

三陸鉄道南リアス線
▲硬券入場券もある三陸駅

三陸鉄道南リアス線
▲駅名改称で人気上昇の「恋し浜駅」の待合室

三陸鉄道南リアス線
▲綾里駅。こちらの駅にも硬券入場券があります

三陸鉄道南リアス線
▲盛駅を出発する釜石行209D

三陸鉄道南リアス線
▲210D盛行はレトロ車を先頭にした3連(綾里-恋し浜間)

|

« 【自転車】超軽量スタンド・アップスタンド(20インチ)を装着してみる | トップページ | 【書籍】水津陽子著/日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地 »

ついで参りシリーズ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/61160877

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】ついで参り(38)全線再開後はじめて南リアス線を訪ねる:

« 【自転車】超軽量スタンド・アップスタンド(20インチ)を装着してみる | トップページ | 【書籍】水津陽子著/日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地 »