« 【自転車】[輪行]江戸川自転車道を走るbyDAHON DASH X20 | トップページ | 【海外の鉄道】台湾・支線めぐり<その4>深澳線と平渓線を訪ねる »

【自転車】[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20

410_2


<実施日>H26.12.28(土)
<車種>DAHON DASH X20
      TYRELL FSX
<起点>内房線・館山駅(有人/売店あり)
<終点>外房線・安房鴨川駅(有人/売店あり)
<距離>67.4m(館山7:50/安房鴨川12:40)

H26.12/27の江戸川自転車道ツーリング(http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/bydahondashx20-.html)終了後、京葉線・市川塩浜駅から館山駅に移動して、館山駅前にて泊。本日(H27.12.28)は、館山駅から洲崎、野島崎を経由して房総半島の先端部分を安房鴨川駅まで海沿いに走ります。千葉県などで出している自転車ツーリングマップでは、時計回りを勧めているますが、東京へ帰る特急列車の時間もあるので今回は逆としました。結果的には、時計回りの方が海側車線となる程度、さほど変わりないように思います。

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲南欧風の内房線・館山駅を出発

7:50に館山駅舎を出発して、一応、街に敬意をはらうべく商店街を経由してから海岸へと向かいました。海岸に出ると公園にはヤシの木が植えてあってここでさっそく記念写真です。気温は10℃ないようで寒いのですが、晴れていることもあって写真の写りは、南国のようになっているので、こちらはのちほど2015年年賀状に使うことにしました。

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲館山の海岸にはヤシ木が・・・。寒さを感じない風景・・・

自衛隊基地付近から半島西・南端の周回道路となる県道257号へ入りました。学校の保養所やホテルなどもあって保養地のようですが、朝ということで地元の車ばかりで交通量も少な目。東京湾を見ながら館山を出て45分で、洲崎灯台入り口に到着しました。灯台へは徒歩で階段で登ることになりますが、階段入口周辺は、民間の有料駐車場の看板がたくさん出ていて「観光客からがっちりいただきます」というオーラが全開でした。

洲崎灯台は、晴れていることもあってすばらしい眺望で、かすかに湘南海岸が見えました。条件がよければ富士山や伊豆諸島も見えるとのことです。せっかくなので、半島の西端になる洲崎にも寄ってみようと自転車を走らせましたが、道の途中でゲートがあり個人所有の庭になっていて有料・・・。灯台から見た感じでは、荒地にしか見えず面白そうではなさそうなのでパスして先を急ぐことにしました。

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲洲崎灯台からは相模湾が一望できます

再び県道257号に戻り走り始めると正面から太陽光線を受けることになりましたので、はっきりと岬を回ったということを認識できました。しばらくは太陽に光る穏やかな太平洋が見えていましたが、道は砂浜の奥を走りはじめ海は砂丘の向こうに。道は荒涼とした場所は走る感じとなり、道の駅・南房パラダイスで小休止しました。

県道257号から館山方面からの国道410号に合流して房総半島南端の野島崎方面へ。ここからは岩場を中心とした海岸線となり、道も海岸に沿って走るため景勝ルートとなります。国道410号は、千倉までは海岸ルートと内陸バイパスが並走していることから交通量が分散されてしているので、自転車のペースで海を見ながら快調に進んで行きました。

午前10時に野島崎に到着してしばし休憩です。洲崎に比べると整備されているので、観光地としてたくさんの人が集まっていました。

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲洲崎を回り込むと太平洋が見えます

野島崎から先も道は海沿いルートで、道の駅ちくら・潮風王国、ちくら漁港などでイワシの水揚げなどを見学するなど、寄り道しながら走りました。千倉から国道128号へは、ショートカットルートとなる県道297号を走っていると、ロースマリー公園の先から『和田白浜館山自転車道』の看板を発見。

せっかくなので、そちらを走ってみると海岸林と砂浜を隔てる防潮堤の上に作られた自転車道で海を見ながらの走行できるのですが、快調に走っていたのも最初だけで、ところどころに風で巻き上げられた砂が道に堆積して、何度か自転車を押す羽目になってしまいました。日本海側だと強風で砂が飛ぶということは知っていましたが、千葉県でも東風が強いとこうなるようです。

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲南房パラダイスで小休止

和田浦からは国道128号を走りはじめます。目に見えて車が増えましたが大型車は少なく、行楽の乗用車ばかりで、それほどストレスはありませんでした。これでも国道を避けるべく、太海から旧道に入り、短いトンネルをひとつクリアして鴨川の市街地へと入り、ほぼ予定通りの12:50に安房鴨川駅に到着しました。

今回のツーリングは寒波が来ているということで、寒さを心配しましたが、朝こそ少し寒かったものの、前日の江戸川自転車道より着ているインナーを一枚少なくしても10時を過ぎたころには、少し汗ばむぐらいで気温とジャストフィット。冬の房総半島の暖かさを実感して、厳冬期にはクセになりそうなエリアとなりました。

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲太陽の光が暖かい野島崎と灯台

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲道の駅・ちくら潮風の王国

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲ちくら漁港ではイワシの水揚げ

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲港ではアジの開きやサンマが干してありました

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲砂浜に沿い自転車道は一見快適そうですが↓

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲砂たまりにつかまると走れません・・・

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲日差しもあり、冬でも暖かい安房鴨川駅に到着

[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20
▲安房鴨川からは「特急わかしお号」で東京へ

|

« 【自転車】[輪行]江戸川自転車道を走るbyDAHON DASH X20 | トップページ | 【海外の鉄道】台湾・支線めぐり<その4>深澳線と平渓線を訪ねる »

自転車」カテゴリの記事

コメント

冬の房総半島は、まさに癖になりそうなエリアですね!
大変気に入りました。
御宿、九十九里浜も良さそうですね!

投稿: H | 2015年1月 6日 (火) 21時53分

投稿: | 2015年1月 6日 (火) 21時53分

Hさま
コメントありがとうございます。
冬の房総半島はまずは寒くない!(暖かいとまではいいません)
プラス自転車道の整備も進んでいて
自転車走行環境も比較的GOODです。

また行きたいなと
千葉県の地図を最近は見ておりますよ。

投稿: へっち(ブログ管理人) | 2015年1月 6日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/60919922

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]房総半島先端ツーリングby Dahon dash X20:

« 【自転車】[輪行]江戸川自転車道を走るbyDAHON DASH X20 | トップページ | 【海外の鉄道】台湾・支線めぐり<その4>深澳線と平渓線を訪ねる »