« 【書籍】JR全線読みつぶし・乗りつぶし/恵 知仁著 | トップページ | 【世界の乗り物】エバー航空のハローキティジェットで台湾・松山へ »

【自転車】ライトウイングの改造(その8/終)グリップ・ペダル・サドルの取り付け

20インチ化したパナソニック製ライトウイング
▲20インチ・Tiagra化したパナソニック製ライトウイング

<【自転車】パナ製ライトウイングの大改装・既存パーツの取り外し(その1)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-cf3a.html
<【自転車】パナ製ライトウイングの大改装・フロントフォーク(その2)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/2-da1f.html
<【自転車】パナ製ライトウイングの大改装・ボトムブラケットとクランク交換(その3)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/3-02d4.html
<【自転車】パナ製ライトウイングのTiagra化(その4)リアディレラーの選択と取付
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/tiagra-9b12.html
<【自転車】パナ製ライトウイングの改造(その5)キャリパーブレーキの取付
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/5-b3f9.htmlの続き>
<【自転車】ライトウイングの改造(その6)シフトレバー、チェーンの取り付け
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-db22.html
<【自転車】ライトウイングの改造(その7)ブレーキレバーとワイヤーの取り付け
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/7-18d2.html

駆動系、制動系が完成して、あとはグリップ、ペダル、サドルなどの取り付けとなります。こちらは特に難しいこともないので、好きなものを楽しく取り付けてゆきます。

T_img_0044
▲ERGONのグリップは糊ではなくサイドをネジで押さえるタイプ

グリップはERGONのGP2のスモールを選択しました。GP2はスモール(横幅92mm)とラージ(横幅102mm)の2つのラインナップとなっていて、結果的にはシフターとの位置を合わせると、隙間ができてしまいラージを選択するべきでした。こちらは失敗でしたが、走行に支障はないのでそのままで使うことにしました。

ERGON
http://www.ergon-bike.com/us/en/product/gp2

T_img_0073
▲スモールにしてしまったので、調整したらブレーキレバーとの間に隙間できました

次はペダルとなりますが、ペダルは折り畳み自転車の必需ともいえる脱着可能ペダルである三ヶ島製作所/MKSのEzyペダルのプロムナードとしました。高価なペダルですが、DAHON DASH X20をEzyスーペリアに交換した際に余剰として出てきたものを使い廻しします。取り付けはEzyアダプターをクランク穴に左は逆ネジ、右は正ネジでワシャーを入れてねじ込んで行きます。だたしEzyアダプターは、薄目のペダルレンチでないと回りませんので、専用のペダルレンチが必要となります。取り付けが完了したらペダルをセットして完了です。

三ヶ島製作所/MKS
http://www.mkspedal.com/index.htm

MKSのEXYペダル
▲MKSのEZYペダルのアダプタは専用工具が必要です

MKSのEXYペダル
▲ペダルとつけた際は脱落防止ストッパーを付けます

続いて、サドルの取り付けです。もとから付いていたサドルものでもよかったのですが、アンカーのRL-8の純正のサドルをもらい、サドルクランプもぴったりなので、そのまま取り付けて完成です。

最後に日常使用の自転車であることからスタンドを取り付けました。部屋の中で余っていた黒いもスタンドを取り付けましたが、ボディとスタンドの色調が合わず、これは以前の純正の方がよかったかもしれませんが、再度外すのも面倒なので、当面はそのまま使用することにしました。あとはヘッドライトやテールライトをつけて完成となりました。

20インチ化したパナソニック製ライトウイング
▲完成したライトウイング。スタンドがちょっとダサかった・・・。

ママチャチ規格のライトウイングにロード系パーツの組み込み改造ということで完成してしまうとこんなものかという感じですが、フロントフォークの改造やブレーキ固定のための穴開けなど難関もあり、平成25年10月~平成26年5月という実に半年もかかってしまいました。反省点としては、グリップが小さいことと後ろが10速もあるので、BBの軸がもう少し短い方がフロントのチェーンリングとチェーンとの相性が良くなるのかなと思っていますが、走行に問題はありません。

完成から半年以上がたっていますが、一度締め付け不足でブレーキシューが落下したことを除いて、自作の割に順調に走り続けており、H26年夏には輪行にも投入できました。時間はかかりましたが、金額もあまりかからず、何よりも自転車の規格や構造の勉強になったのは一番の収穫でした。

ハンドルバーとシートポストを交換すると軽量化が図られますが、こちらは今後の課題としたいと思います。

|

« 【書籍】JR全線読みつぶし・乗りつぶし/恵 知仁著 | トップページ | 【世界の乗り物】エバー航空のハローキティジェットで台湾・松山へ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/60641259

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】ライトウイングの改造(その8/終)グリップ・ペダル・サドルの取り付け:

« 【書籍】JR全線読みつぶし・乗りつぶし/恵 知仁著 | トップページ | 【世界の乗り物】エバー航空のハローキティジェットで台湾・松山へ »