« 【書籍】片野優著/ここが違うヨーロッパの交通政策 | トップページ | 【バス】日に2往復の萩・石見空港アクセスバスに乗る »

【鉄道】温泉に入れることが理解できる「フルーツライン左沢線沿線観光略図」

フルーツライン左沢線沿線観光略図

9月に自転車のツーリングで左沢線・羽前長崎駅から列車に乗りましたが、その時に駅のパンフレット類と一緒にラックに入っていたのが「フルーツライン左沢線沿線観光略図」。A4版の片面印刷のチラシ状のもので、左沢線の駅を横軸にして、各駅の下の部分に主な観光ポイントを記載してあるだけのものでまさにシンプルすぎるぐらいの超略図です。ただ、温泉施設だけは駅から徒歩●分や車●分と記載してあって、地図がなくても駅を降りてその辺り人に聞けば温泉までは行ける良い訳で、観光客の実態に即しているかもしれません。

左沢線を山形駅で降りて改札に向かうとホームから階段を上がったコンコースにこの略図をまったく同じ看板がドーンと掲げてありました。どうやら配布用にチラシを作ったというよりも駅につくった看板の版を利用してチラシ化して、ついでに配っているようです。シンプルすぎる図ですが、「左沢線の駅から簡単にアクセスできる温泉が存在する」ということをアピールしている点では、これでも良いのかなと思いました。

|

« 【書籍】片野優著/ここが違うヨーロッパの交通政策 | トップページ | 【バス】日に2往復の萩・石見空港アクセスバスに乗る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/60489680

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】温泉に入れることが理解できる「フルーツライン左沢線沿線観光略図」:

« 【書籍】片野優著/ここが違うヨーロッパの交通政策 | トップページ | 【バス】日に2往復の萩・石見空港アクセスバスに乗る »