« 【書籍】しなやかな日本列車のつくりかた/藻谷浩介対話集 | トップページ | 【鉄道】ほくほく線と上越線で「はくたか」を撮る »

【自転車】パナ製ライトウイング改/輪行試運転(石巻→仙台)

<実施日>H26.8.19(火)
<車種>Panasonic  Lightwing改
<起点>石巻線・石巻駅(有人/売店あり)
<終点>仙石線・宮城野原駅(有人/自動販売機)
<距離>55.8m(石巻7:40/宮城野原駅11:00)

H26年春に20インチ、ティアグラ化改装したパナ製ライトウイングですが、日常的には使っているものの「輪行」を試したことがなかったので、前々から気になっていた東北本線~石巻線直通でしかも平日のみ運行という快速列車(仙台発6:23発石巻行)に輪行して、石巻から仙台まで走ってみることにしました。

パナソニック・ライトウイング輪行
▲折りたたんだライトウイング。タイヤの20インチ化は気になりません

ライトウイングを輪行するにあたっては、EZYペダルをはずし、ハンドルを折り畳み、フレームを半分に折りたたむと完了ですからものの1分で完了。重さは10kgと改装前から若干軽くなっていて、パーツやタイヤを大きくしてもその簡単さに変わりありません。

ただ、たたんだ状態ではフレームが安定しないので、開かないようにバンドで止めることになります。いつも使っているオーストリッチL-100に入れると袋があまるぐらいのコンパクトさとなりますが、30cm以上の厚みがあります。

パナソニック・ライトウイング輪行
▲バタつくので、バントで固定します

石巻駅で自転車を見立てて、品井沼駅を経由し、旧東北本線跡地を通って利府へ、そして仙台までの約55kmを走行しました。ちょっと前のギアが小さいようでスピード不足を感じましたが、輪行との相性はばっちりで、あまり距離を走らないポタリングならばDAHON DASH X20よりもライトウイングがお気軽だと思った次第です。

パナソニック・ライトウイング輪行
▲オーストリッチL-100に入れるとコンパクトです

パナソニック・ライトウイング輪行
▲組立も1分で完了。石巻を出発

パナソニック・ライトウイング輪行
▲品井沼からは東北本線に沿って

パナソニック・ライトウイング輪行
▲愛宕駅から利府駅間は旧東北本線(山線)跡地を走行

パナソニック・ライトウイング輪行
▲トラブルもなく試運転完了

|

« 【書籍】しなやかな日本列車のつくりかた/藻谷浩介対話集 | トップページ | 【鉄道】ほくほく線と上越線で「はくたか」を撮る »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/60251004

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】パナ製ライトウイング改/輪行試運転(石巻→仙台):

« 【書籍】しなやかな日本列車のつくりかた/藻谷浩介対話集 | トップページ | 【鉄道】ほくほく線と上越線で「はくたか」を撮る »