« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2014年8月号 | トップページ | 【書籍】秋山岳志著/自転車が街を変える(集英社新書) »

【書籍】水戸岡鋭治著/電車をデザインする仕事

電車をデザインする仕事

サブタイトル「デザイナー水戸岡鋭治の流儀」とあるように、水戸岡鋭治氏がこれまでを振り返りながら、どのようなことを考えて、どのような思いを基にデザインしてきたかを自らが語る部分は半分。そして水戸岡氏がデザインした代表的な鉄道車両と公共デザインを解説しています。

著者:水戸岡鋭治
定価:1500円+税
単行本: 240ページ
出版社: 日本能率協会マネジメントセンター (2013/11/23)
言語: 日本語
ISBN-10: 482071886X
ISBN-13: 978-4820718864
発売日: 2013/11/23
商品パッケージの寸法:  18.8 x 13 x 2 cm

<目次>
はじめに
PART1
プロデザイナーの心構えと仕事術
第1章 総合的で創造的なデザインをめざす
 デザインとは総合的で創造的な計画である
 総合的で創造的な計画と五感
 「いかにデザインするのか」は「いかに生きるのか」を考えること
 デザインは理想を持つことからはじまる
 Good Design is Good Business & Good Life
 デザイナーとアーティストの大きな違い
 デザインにおける製本と商品の違い
 デザインは公共のために~デザインは公僕であれ~
 公共デザインでいかに地域環境を整理整頓できるか
 公共デザインは好みを超えて、正しく美しく楽しく
 ヨーロッパを旅して学んだコミュニケーション
第2章 デザインの基本、デザイナーの原点
 デザイン力を身につけるための人としての作法
 デザイナーに必要な感性の磨き方
 人は環境によって育っていく
 デザイナーにとっての「余白」の意味
 デザイナーは好き嫌いを言わない
 デザイナーは「特注感」がなくてはいけない
 デザイナーは、仕事における重要な三つの要素
 デザイナーが守るべきデザインの境界線
 公共デザインの四つの心構え
 公共デザインとしての800系新幹線「つばめ」
 既存の車両デザインに対する挑戦
第3章 日本の良さを活かすデザイン
 「米仕事」と「花仕事」
 花仕事から米仕事を生み出す
 三つのエコロジーについて考えてみる
 美意識は常識の上に成り立つ
 心と身体で心地良いと感じる素材
 メーカー主導型からデザイナー主導型へ
 職人さんの技術を最高に引き出す
 豊かなコミュニケーションから生まれる公共空間
 期待値を超えれば、大事される
 世界に向けて新しい価値観を生み出す
 「和」を洗練して表現する
 デザイナーのフェアプレー精神
PART2
デザインの現場
第4章 鉄道デザインの裏側
手描きの1本の線を大事にする
 787系特急「つばめ」
  はじめて手掛けた鉄道車両のトータルデザイン 
   アメニティとモビリティの融合
   どのように旅を演出するかにこだわる
 883系特急「ソニック」
  ハイテクを駆使したワンダーランド・エクスプレス
   コンセプトは「ワンダーランド・エクスプレス」
   「愛嬌ある遊び心」を取り入れる
 72系気動車特急「ゆふいんの森」
  森の風が流れる憧れのリゾート特急
   別荘のような特急列車
   高い床構造で飽きのこない風景を演出
 885系特急「かもめ」
  三次元の丸型形状ミレニアム・エクスプレス
   短い距離でも楽しさや快適さを追求する
   敢えてタブー色の純白にこだわる
 800系新幹線「つばめ」
  日本伝統の匠の技を活かした和の新幹線
   最速の超特急だけに許された愛称
   これまでにナンリーワンの新幹線
   新幹線をデザインするということ
   美しさは最良のメンテナンス
 ななつ星in九州
  鉄道デザインの夢・ロマン・クルーズトレイン
   列車のなかで生活をする旅を実現
   14組のお客様のためだけに贅と美を施す
   デザインやハード面にもましてソフト面にこだわる
 SL人吉
  懐かしさと豪華さに包まれた蒸気機関車
   昔から走っていたSLを復活させる
   子どものためにガラス張りラウンジをつくる
 指宿のたまて箱
  竜宮伝説をテーマにした観光列車
   通称「いぶたま」に仕掛られたさまざまなアイディア
    真剣かつユーモアのある会議から生まれた黒&白の車両デザイン
 超床式路面電車MOMO
  人と街を楽しくする路面電車
   「街を変え、そこに住む人を楽しくする」がデザインコンセプト
   子どもたちの想像を超えるデザインを追求
 817系コミュータートレイン
  観光列車と同じように
  愛されることをめざした通勤通学電車
   観光列車の機能を通勤に持ち込む
   円形状に配置された吊り手の意味
第5章 公共デイザンの裏側
 高速船ビートル
  対馬海峡を渡る海とぶカブトムシ
   飛行機では決して味わうことのできない快適な船旅
   猛反を受けた黒一色のデザインを押し切る
 リゾート施設笠沙恵比寿
  海の文化を物語る漁村のような複合施設
   採算がきちんと取れる観光施設にこだわる
   地元素材や風習を取り入れながらモダンな感覚も入れ込む
 JR九州熊本駅
  甲子園球場をモチーフにしたモダンな駅舎
   ポストモダンで明るいデザインをめざす
   地元高校の甲子園優秀から得たデザインのヒント
 商業施設クイーンズスクエア横浜
  地域へのプレゼントのような複合商業施設
   初めて手掛けた空間デザインとサイン計画
   正しいサイン計画を追求する
 JR九州の制服デザイン
  会社の顔としてお客様と接するJR九州スタンダード
   良質な制服デザイン 
   ななつ星in九州の制服デザイン
おわりに

|

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2014年8月号 | トップページ | 【書籍】秋山岳志著/自転車が街を変える(集英社新書) »

書籍」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

すっごい

投稿: ty | 2014年8月21日 (木) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/60109158

この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】水戸岡鋭治著/電車をデザインする仕事:

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2014年8月号 | トップページ | 【書籍】秋山岳志著/自転車が街を変える(集英社新書) »