« 【自転車】[輪行]下北半島横断その2(大畑→尻屋崎)by DAHON DASH X20 | トップページ | 【鉄道】第4回・鉄道技術展2015/ Mass Trans Innovation Japan2015 »

【時刻表】地鉄電車時刻表/H25.12.26改正号(富山地方鉄道)

かkH26.6月に富山地方鉄道を乗るに際して富山駅の窓口で「地鉄電車2日ふりーきっぷ」を購入するときっぷと一緒に「地鉄電車時刻表」を渡されました。

地鉄電車の走行写真の表紙と裏表紙がカラーで、本文は34ページあり2色刷。大きさはいわゆる単行本サイズのA6判(タテ148mm×ヨコ105mm)で製本は網代とじなので、地方民鉄としてはかなり立派なものです。H25.12.26改正号ですが、その後H26.4.16に増発と若干の修正があったので、それを記した同じ大きさのペラ1枚が挟み込んでありました。

地鉄電車時刻表/H25.12.26改正号
▲地鉄電車時刻表の表紙、訪れたら1冊ほしいところです

基本無料ですから、鉄道ファンなら記念にほしいところだと思います。電鉄富山駅では、窓口でも下さいと申し出るともらえるようでしたが、宇奈月駅や立山駅では「ご自由にお取りください」という自由配布スタイルとなっていました。

内容は、鉄道時刻に特化したもので、もくじに続いて「本線」「立山線」「不二越・上滝線」の各線を平日と休日の別2本建てに構成してあります。時刻表については、JTBやJR時刻表同様に、縦軸に駅、横軸が列車というオーソドックスなものですが、優等列車については赤色で表記してあります。立山線については、大部分が本線に乗り入れ富山に直通しているので、乗り入れ列車について本線(寺田―電鉄富山間)の時刻が掲載されています。運行形態上、稲荷町と電鉄富山間が本線と不二越・上滝線の重複運行区間については、それぞれの線区に分けて掲載があります。軌道線とJRや富山ライトレイルなどの他社線の時刻はありません。基本的に鉄道時刻表なので路線バスの時刻は掲載していませんが、広告的な位置づけとして同社で運行している高速バスの時刻表は掲載してありました。

地鉄時刻表の本文
▲見やすい2色刷りの本文

全線全駅の列車時刻表に徹していることについては、使い勝手は良い「地鉄電車時刻表」ですが、利用案内についての情報不足は否めません。かろうじて、定期券の発売駅の発売時間と裏表紙に、運賃・時刻の問い合わせ先としてテレホンセンターの電話番号とwebサイトのURLが記載されていますが、路線図や運賃案内すら掲載されていません。

富山地鉄は有料特急列車を運行していますが、時刻表を見る限りでは特急に別料金がかかることは読み取ることはできず、さらに急行列車は料金不要なのかどうも理解できません。観光列車のデブルデッカーやアルペンエキスプレスはさらに特急扱いの場合は号車によってさらに追加があるので、このような点も解説してよさそうです。また、実際に乗っているとワンマン列車の乗り降りで戸惑っている乗客を見かけましたので、「ワンマンカーの乗り方」などを載せても良さそうです。

観光客という一元さんとよりも地元利用者に重きを置いた編集なので、「運賃」「乗り方」「路線図」は知っている前提というのも分かるのですが、せっかく立派な時刻表を作っているので、ビジター向けにお得なきっぷやICカード、各種利用案内情報を充実させるととてもよい時刻表になると思います。

|

« 【自転車】[輪行]下北半島横断その2(大畑→尻屋崎)by DAHON DASH X20 | トップページ | 【鉄道】第4回・鉄道技術展2015/ Mass Trans Innovation Japan2015 »

時刻表」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/60127180

この記事へのトラックバック一覧です: 【時刻表】地鉄電車時刻表/H25.12.26改正号(富山地方鉄道):

« 【自転車】[輪行]下北半島横断その2(大畑→尻屋崎)by DAHON DASH X20 | トップページ | 【鉄道】第4回・鉄道技術展2015/ Mass Trans Innovation Japan2015 »