« 【書籍】秋山岳志著/自転車が街を変える(集英社新書) | トップページ | 【自転車】[輪行]下北半島横断その2(大畑→尻屋崎)by DAHON DASH X20 »

【自転車】[輪行]下北半島横断その1(佐井→大畑)by DAHON DASH X20

<実施日>H26.8.2(土)
<車種>DAHON DASH X20
    TYRELL FSX
<起点>シイライン・佐井港(売店・自動販売機あり)
<終点>むつ市・旧大畑駅(無人/自動販売機)
<距離>48.1m(佐井港13:00/旧大畑駅16:30)

<【自転車】下北半島・海峡ラインを走る(その2/福浦→大間)by DAHON DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/2by-dahon-dash-.htmlの続き>

H26.7月にまさかり状の下北半島の「歯」の部分となる海峡ライン(脇野沢→大間)を走破しましたので、今回はその続きで、佐井から大畑で1泊して尻屋崎までの下北半島横断コースです。

青森・脇野沢のシイライン
▲青森から佐井までは3560円で所要約2時間半の船旅

下北半島の北部へのアプローチは、車ならともかく輪行スタイルでは行き難いエリアで、青森から高速旅客船「シイライン」を利用して佐井まで行くことになります。青森9:40発の2便を利用しましたが佐井に着くのは12:05と午前中はほぼ輪行移動だけで終わってしまいます。前回(7月)の時も青森→脇野沢を利用しましたが、陸奥湾のまんなか付近で波も高かくなったのですが、今回はベタ凪状態。脇野沢から佐井までは素晴らしい景色がひろがり、途中の仏が浦で徐行サービスもあって、たのしい船旅となりました。利用者は少なく、観光客が途中の脇野沢、牛滝港で降りてしまうと、終点まで乗っていたのは、自分たちを含めて3人だけでした。

シイラインから見る仏が浦
▲シイラインでは名勝・仏が浦付近では徐行サービスがあります

シイライン・ポーラスター(佐井港)
▲佐井港に到着したシイライン「ポーラスター」

佐井港12:05到着して、岸壁で自転車を組み立てましたが、隣接する観光拠点施設「アルサス」で昼食を取ってからとなりましたので、13:00と遅めのスタートとなりました。佐井港出て大間までは国道338号は前回の重複区間で、大間原発付近の迂回ルートを除くとあまりアップダウンもなく順調に大間の街中へやってきました。そのまま国道279号で大畑方面へ向かってもよいのですが、そこは一応、敬意ということで「大間崎」を経由して国道279号に入りました。

[輪行]下北半島横断その1(佐井→大畑)
▲遠くに大間原発をみながら佐井から大間へ

佐井から大間までは風がほとんどなく暑さを感じながらの走行でしたが、大間崎を回ると走行方向ががらっと変わり、さらに山々にブロックされていた東風が向風となったので体感温度が下がりました。大間から大畑方面へは海に沿って走りますが、ちょうどコンブを干す時期のようで、道路脇の砂利の上にはたくさんのコンブが並んでいました。

[輪行]下北半島横断その1(佐井→大畑)
▲沿道ではあちこちでこんぶ干し(大間崎付近)

今回のツーリングの楽しみにしていたのが、下北名物でもある活イカの刺身。下風呂温泉の国道279号沿いにあるイカ備蓄センター(烏賊様レース場)に寄ります。イカ刺し(800円)を注文すると生簀からイカを網ですくい上げそれをその場で刺身に。鮮度が違うのでイカの身は見慣れた白ではなく透き通っていて、しっかりとした歯ごたえに加えて味もたいへんおいしく1匹をさっと平らげました。いつもなら冷温生簀に大量のイカが泳いでいるところですが、今年は不漁だそうでまばらでした。このほか下風呂温泉地区には、足湯完備の鉄道未成線の遺構があってそちらにも寄り道して、足にお湯に浸けてから大畑へ向かいました。

[輪行]下北半島横断その1(佐井→大畑)
▲大間から大畑へは、海に近い平坦ルート

佐井、大間、下風呂と海沿いの平坦ルートが続きますが、本日は唯一、大畑の手前に「木野部峠」があります。標高差100m弱ですし、越えた先の大畑で本日は終わりとなりますので、一気に登ってしまいます。峠の先では大畑の街とその先に霞む尻屋崎方面を見ながら一気に下り、そのまま大畑川を渡って大畑市街地に入ってきました。鉄道がない町というのは核となるランドマークのようなものがないケースがほとんどですが、この地は過去に旧大畑線が走っていて、元大畑駅舎はバスターミナルとして残っているので、そこへ立ち寄って記念写真を撮ってから宿屋へ向かいました。

下風呂温泉・イカ備蓄センター
▲活イカ刺しを頼むと生簀で網でイカをすくう

下風呂温泉・イカ備蓄センター
▲先ほどまで泳いでいたイカが刺身になって出てきました

今回、泊まった旅館「むらき」は、中心街にあるので元駅舎からはわずか5分。近くにはスーパーマーケットやホームセンターがある便利な立地で、聞けば自転車ツーリングの利用者もけっこういるとのことでした。夕飯は活イカ刺しを楽しみにしていたのですが、やはり不漁とのことで別のものに変わっていしまったようです。ねぶたのシーズンということで、町内会・子供会による小さなねぶたの引きまわしもありましたので、それを見に行ってから寝ることしました。

明日は、早朝から尻屋崎を目指すことになります。

<【自転車】[輪行]下北半島横断その2(大畑→尻屋崎)by DAHON DASH X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/2by-dahon-dash-.htmlに続く>

大畑・大間鉄道未成線遺構
▲下風呂温泉街に残る大畑・大間の鉄道未成線の遺構で足湯につかります

T_img_6384
▲本日唯一峠「木野部峠」を越えると大畑はすぐ

T_img_6421
▲元大畑駅舎の大畑のバスターミナルで記念写真

|

« 【書籍】秋山岳志著/自転車が街を変える(集英社新書) | トップページ | 【自転車】[輪行]下北半島横断その2(大畑→尻屋崎)by DAHON DASH X20 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/60122140

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]下北半島横断その1(佐井→大畑)by DAHON DASH X20:

« 【書籍】秋山岳志著/自転車が街を変える(集英社新書) | トップページ | 【自転車】[輪行]下北半島横断その2(大畑→尻屋崎)by DAHON DASH X20 »