« 【書籍】運輸と経済 2014年7月号 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2014/7 No.223 »

【自転車】[輪行]国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20

<実施日>H26.7.21(祝)
<車種>DAHON DASH X20
    TYRELL FSX
<起点>東北本線・前沢駅(有人/自動販売機あり)
<終点>奥羽本線・湯沢駅(有人/売店あり)
<距離>87km(前沢駅09:30/胆沢ダム12:00/大森トンネル14:00/湯の原温泉16:00/湯沢16:40)

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲前沢駅は橋上式駅舎で都会風。でも売店はありません

7月の3連休の最終日は天気が回復とのことで、国道397号を使って奥羽山脈越えをやりました。本来なら水沢駅から出発すると素直に国道397号で県境を目指せるのですが、途中までは裏道の方が交通量も少ないだろうとの読みで遠回りのわざわざ前沢駅にしたのですが、読みははずれ・・・。奥州市前沢と奥州市胆沢を結ぶ広域農道は、工業団地と平泉前沢インターとの短絡ルートのようで、大型トラックが数珠つなぎになってやってくる道でした。ただ、道は良く側道も広いので結果的には国道397号よりも立派でした。

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲前沢から国道397号への広域農道はトラックの抜け道でした

広域農道から国道397号に入ると緩やかな登り坂で少しづつ高度を稼いでゆきました。道の両側には桜の木がたくさん植えてあって、今は葉が生い茂っているので影になってありがたいです。春は相当きれいな場所になることでしょう・・・。

沿道の民家も少なくなり、遠くに胆沢ダムが見えてきました。ダムの手前に温泉施設「ひめかゆ」があるので地元の車はここまでのようで、この先県境方面へはぐっと交通量が少なくなり、走っているのはドライブ系乗用車やツーリングバイクばかりとなりました。

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲農道とは思えないグレードの道です

平成25年に完成した胆沢ダムのおかげで、川に沿っていた国道397号は、北側に迂回ルートとなっていて、ダムサイドの高さまで一気に登ることになります。ダムから先は、無人地帯で勾配もキツクなるので、ダムサイドでランチタイムとしました。ダム付近にはそれほど長くない3つのトンネルがありますが、新しい道のせいか片側だけですが歩道があるので自転車はここを通るのが安全だと思います。

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲国道397号ですれちがった水沢駅行きバス。ダム下のところまで路線があります

簡単なお昼を食べ、ダムから先は、10%前後が頻発する勾配で胆沢川に沿って県境を目指します。ダム湖が見えているうちは景色もよかったのですが、それも見えなくなると森の中を走っていて、直射日光を受けないのは良いのですが、もう少し雄大な景色が見えても良さそうです。ところどころで奥羽山脈の山々が眺望できましたが、途中に展望台もなく以外に地味な峠越えかもしれません。峠となる大森トンネル手前1kmぐらいのところの道路脇で「獅子ケ命水」という水場がありましたので、ここで一息。頭に冷たい水をかけてクールダウンさせてから大森トンネルに向かいました。

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲ダムが完成しても周辺工事が続いていました

胆沢ダムを出発して2時間で岩手・秋田県境の大森トンネル(596m)に到着しましたので、記念写真。このトンネルはそんなに長くありませんし、交通量が少ないのでテールライトとヘッドライトをきちんと装備していれば自転車でもクリアできます。トンネルを抜けると一気に急な下り坂となります。9km先の国道342号と合流点までに500mほど下ることになるので、U字のカーブが連続で、ブレーキングで速度をコントロールしながら降りますが、かなり手が疲れてしまうほどです。

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲ダムサイドからダム湖は「奥州湖」といわれています

国道342号に合流すると緩やかな下り坂をなりましたので、快調に走ることになりました。途中、横手市増田地区に差し掛かると「横手市増田伝統的建造物群保存地区」という案内板があったので、古い町並みをさらっと流してから湯沢へ向かいました。横手市十文字からは旧国道13号を走ってから湯沢市街地へ。市街地にあり地元の人も銭湯のように利用している「湯の原温泉」(400円)で一汗流してから湯沢駅に向かってツーリングを終了としました。

前の日に呑んだことが祟ったのかどうか分からないのですが、眺望で感激することが少なかったせいか距離と標高の割に疲れた感じがしたルートでした。

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲ダムを過ぎると国道397号は森の中

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲トンネル手前にあった獅子ケ命水。冷たい水でした

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲秋田・岩手県境となる大森トンネルは長さ600m

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲トンネルを抜けた秋田県側の眺望

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲途中から国道342号に合流

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲横手市増田伝統的建造物群保存地区に寄ってみました

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲駅に行く前に湯の原温泉(ゆざわ温泉)へ

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲湯沢市街地には酒蔵がたくさんあります

国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20
▲湯沢駅に到着。この駅舎ももうすぐ取り壊しのようです

|

« 【書籍】運輸と経済 2014年7月号 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2014/7 No.223 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。久々の長い峠越え結構疲れましたね。次は下北最終章ですね。

投稿: nobu | 2014年7月27日 (日) 13時09分

NOBUさま

国道397号お疲れさまでした。
予想していたよりも疲れましたね。
途中に展望台でもあると気分も違うのでしょうね。
次回、またよろしくお願いします。

投稿: ブログ管理人 | 2014年7月27日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/60044985

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]国道397号大森峠越え(前沢→湯沢)by Dahon DASH X20:

« 【書籍】運輸と経済 2014年7月号 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2014/7 No.223 »