« 【鉄道】富山地鉄鉄道線全線乗りつぶし・上滝・不二越線(立山→電鉄富山)【その4】 | トップページ | 【書籍】サイクルスポーツ別冊サイクルパーツオールカタログ2014 »

【自転車】パナ製ライトウイングの大改装・ボトムブラケットとクランク交換(その3)

ライトウイングの大改装・ボトムブラケットとクランク交換
▲20インチ化とティアグラ化したパナ製ライトウイング

<【自転車】パナ製ライトウイングの大改装・フロントフォーク(その2)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/2-da1f.htmlの続き>

ライトウイングのボトムブラケット(BB)のノーマルはママチャリ規格のカップアンドコーン式で、手で回すと重くゴリゴリ感があるものです。これを交換しますが、BBの選び方によって、その後のチェーンリングやクランクに選びに影響してきます。BBには何をつけたらよいのか分からず下記のサイトなどを参考にしました。

BD-1@NET(WordPress)
http://bd-1.boo.jp/
ぶらっとブログ-ボトムブラケット交換
http://buratto-blog.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post-ba7d.html
BE2/ベルギー通信-小径車は LIGHT WING 
http://blog.goo.ne.jp/byr10311/e/540dff578d158919db9e03b34d949e82

ライトウイングの大改装・ボトムブラケットとクランク交換
▲これがもともと入っていたカップ&コーン式のBB。まわすとゴリゴリ・・・

上記サイトなどを参考として、コストや自分でやれるのは、シマノから出ている小径車用のカプレオシリーズのチェーンリング&クランクをつけることにしました。カプレオに決めたことによりBBは四角の軸(スクエアテーパー)のTANGE LN-7922 シェル幅68 軸長122.5となりました。一応、チェーンリングは9速用なので、10速のスプロケットを合うのかどうかたいへん心配しましたが、結果的には問題はありませんでした。しかしリア10速にして走るとフロントのチェーンリングからチェーンラインがかなり斜めとなり軋み音がするので、もう少し軸が短くても良かったのかもしれません。もっとも、音が気になるだけで走行に問題ありません・・・

ライトウイングの大改装・ボトムブラケットとクランク交換
▲シェル内にはスタンド用のボルトのでっぱりがありますので、これをひっこめます

さて、取り付け作業です。BBを格納するシェルをパーツクリーナで洗浄します。洗浄して気づいたのですがシェル内には、折りたたみ時に自立させるためのスタンドを取り付けるボルトが突起していて、これが邪魔でBBが入りませんので、ナットを買ってきてボルトの先端が出ないように処理。それからシェル内にグリースを入れて、左右からカートリッジタイプBB用工具でねじ込んでいって交換が完了となります。重要な部品の割にあっけなく交換できました。

ライトウイングの大改装・ボトムブラケットとクランク交換
▲シェルに新しいカートリッジ式BBが収まってようす。軸は四角です

もともとついていたBBの軸先端はネジ山が切ってあって、ナットでクランクを留めるものでしたが、LN-7922は、先端にネジ穴があって、六角ボルトでクランクを止めるようになっています。BBボルトが添付しておらずかなり焦ったのですが、カプレオのクランクの方にボルトが添付していましたので問題ありませんでした。

BBを交換したのがうれしくて、勢いでチェーンリングとクランクも取り付けました。こちらはボルトで固定するだけで振れもなくきちんと収まりました。取り付け後、クランクを押してやるといつまでも回り続けるので、劇的に回転抵抗が改善したことが実感できました。

まとめとしては、
BBはねじ込んでゆくだけですが、スタンドのボルトの処理が必要です。

<【自転車】パナ製ライトウイングのTiagra化(その4)リアディレラーの選択と取り付け
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/tiagra-9b12.htmlに続く>

ライトウイングの大改装・ボトムブラケットとクランク交換
▲カプレオのクランクとチェーンリングのセット

ライトウイングの大改装・ボトムブラケットとクランク交換
▲BBにくっつけてみると回転力の劇的な改善にびっくり

|

« 【鉄道】富山地鉄鉄道線全線乗りつぶし・上滝・不二越線(立山→電鉄富山)【その4】 | トップページ | 【書籍】サイクルスポーツ別冊サイクルパーツオールカタログ2014 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ハブの玉押し調整やBB交換するとペダリング軽くなりますよね。
しばらく買ったまま乗ってたら、くっそ重いのなんのって!
この自転車、尻痛サドルも交換必須だし、ちゃんと乗るには結構お金と手間かかります。

小径車はこれしかないので想像がつかないのですが
18→20インチで走りってどんな感じになるのでしょうか・・・

レッドアロー懐かしい~。富山地鉄で頑張っているんですね。

投稿: トラ | 2014年7月 8日 (火) 12時23分

こんにちは。トラさま。

BB交換の交換は絶大でした。というかノーマルが悪いのでしょうね。

18→20インチになって乗って最初に思ったのは「あ、視線が高くなった」ということでしょうか。

走行抵抗が少なくなったことでスピードが上がったと思いますが、ハブやタイヤの影響が大
きいでしょうから、インチアップの効果は微妙かもしれませんね。

少し安定感が出てかもしれません。

投稿: へっち(管理人) | 2014年7月 8日 (火) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/59923035

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】パナ製ライトウイングの大改装・ボトムブラケットとクランク交換(その3):

« 【鉄道】富山地鉄鉄道線全線乗りつぶし・上滝・不二越線(立山→電鉄富山)【その4】 | トップページ | 【書籍】サイクルスポーツ別冊サイクルパーツオールカタログ2014 »