« 【書籍】ラテンアメリア鉄道の旅/さかぐちとおる著 | トップページ | 【書籍】運輸と経済 2014年7月号 »

【書籍】自転車で1日500km走る技術/田村 浩著

500km

タイトルは「1日500km」と過激ですが、非体育会系を自認する著者だけに、肉体系を鍛えるうんぬんというよりも、ゆっくりでもよいので、知恵とコツを駆使して楽して、少しでも長く漕ごうというコンセツプトの本です。内容は、最初は近隣のサイクリングからはじめ、一日100km、徐々に距離を伸ばしてそして最終的には「ブルベ」というロングライドへの参加はどうしょうかという構成となっています。最近は、自転車でいかに速く走るかスキルやフィジカルトレーニングなどに置いた本が多い中で、自転車によるツーリンングのノウハウなどが多く語られるているので、これから輪行や旅行・ツーリングを始める方にはおすすめの一冊です。

著者:田村 浩
定価:1600円
単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社: 実業之日本社 (2014/6/19)
言語: 日本語
ISBN-10: 4408455059
ISBN-13: 978-4408455051
発売日: 2014/6/19

自転車で1日500km走る技術/田村 浩著
<目次>
プロローグ
第1章 自転車の可能性は無限大
 ようこそロングライドの世界へ
 自転車には「車種」がある
 ロードバイクは現代の万能車?
 ツーリング車の実力
 服を選ぶように自転車を選ぼう
 ロングライド必携の装備
 身につける装備を用意する
 扉はいつも開いてる。誰に対しても
第2章 1日100kmがスタートライン
 100kmという距離の意味
 自転車の旅支度
 「自宅+往復」からはじめよう
 100km走るためのコースプランニング
 自転車は疲れない
 心拍計で運動強度を知る
 疲れないために心拍計を見る
 連続して走る
 補給しながら走る
 痛みは予防する
 スキルの追求は無理ない範囲で
 100kmの先には壁がある
第3章 遊びながら強くなる
 「練習」は不要である
 サイクリングからツーリング
 峠越え
 ワイドなギヤ比を使いこなす
 峠の寒さを甘くみるなかれ
 コースを作る喜び―『ルートラボ』事始め
 GPSが広げるサイクリングの可能性
 「ログ」で、サイクリングの記憶を記録に
 使うか、使わないかはあなた次第
 「輪行」をマスターしよう
 輪行のマナーとルール
 輪行を活用ロングライドノウハウ
 ウェア選びがロングの成否を左右する
 ウェアもプランニングで決まる
 雨の日の走り方
 宅配便を利用しよう
第4章 「ブルベ」の世界へ
 ブルベとは?
 ブルベの参加方法
 どのブルベに参加にするか?
 キューシートを読み解く
 ブルベの規定装備
 装備の工夫もブルベの楽しみ
 よく寝る
 スタートまで
 なるべく止まらない 
 ブルベのお楽しみ
 長い距離ほどブルベは難しい?
 経験が完走を呼ぶ
第5章 どんな距離も時間と装備が解決する
 めざせ!スーパー・ランドナー
 ブルベの醍醐味が味わえる300km
 400kmで待ち受けるブルベ最大の敵
 600kmは分割作戦で
 ブルベ用の理想的な自転車とは?
 リタイヤのすすめ
 特別なブルベ①SR600
 特別なブルベ②フレッシュ
 1000km超えの世界
エピローグ―大阪~東京を24時間で走る!?
 ルートの選定と行程管理
 はじめての大阪~東京ラン
 いかにして4時間を縮めるか?
 変わらないこと、変わったこと
あとがきにかえて

|

« 【書籍】ラテンアメリア鉄道の旅/さかぐちとおる著 | トップページ | 【書籍】運輸と経済 2014年7月号 »

書籍」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/60007290

この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】自転車で1日500km走る技術/田村 浩著:

« 【書籍】ラテンアメリア鉄道の旅/さかぐちとおる著 | トップページ | 【書籍】運輸と経済 2014年7月号 »