« 【鉄道】産業鉄道としても魅力的な黒部峡谷鉄道に乗る<その2> | トップページ | 【時刻表】ガイドマップと兼ねる便利時刻表/黒部峡谷鉄道 »

【自転車】パナ製ライトウイングの大改装・既存パーツの取り外し<その1>

パナソニック製Light Wing/ライトウイングの20インチ・Tiagra化前の様子
▲ほぼ原形のパナソニック製折り畳み自転車ライトウイング

パナソニック製Light Wing/ライトウイングの20インチ・Tiagra化後の様子
▲購入から約10年で20インチ・TIAGRA化したライトウイング

<【自転車】パナソニック製Light Wing/ライトウイングの20インチ・Tiagra化完成
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/light-wing20tia.htmlの続き>

パナソニック製パナソニック製Light Wing/ライトウイングの20インチ・Tiagra化するにあたり、フレームとハンドルバー、シートポストだけ利用するため、それ以外のパーツは全てはずすことになります。全てを外した状態の写真を撮り忘れたので画像はないです。

大部分の部品・パーツについてはプラス、マイナス、メガネレンチ、六角レンチセット、ペンチ、モンキーレンチなどで、ナットやネジを緩めれば外すことができます。しかし自転車だけに、一部には専用工具などが必要です。

それを列記すると

・ハンドルグリップ
 のりで張り付いているので、洗剤を流し込むと抜くことができます。

・ペダル
 「ペダルレンチ」で軸を回してはずします。
 回す方向は、上から見て右は正ネジ、左は逆ネジ

・クランク&チェーンリング
 ライトウイングのBBの軸は、四角になっていて先端に穴があってクランクをボルトで押さえています。左は、ボルトを緩めると簡単に外れますが、右についてはボルトを外しても「コッタレス抜き」という工具を使ってはずすことになります。

・ボトムブラケット(BB)
 ライトウイングのBBはママチャリで使わているカップ&コーンタイプとなっています。フレームにねじ込まれているのでは、基本は緩めれば外れます。フックレンチを使うようですが、私の場合モンキーレンチで挟んで回してはずれてしまいました。

クランクの外し方とBBの外し方は下記のサイトに詳しく記載してありますので、参考になります。
Takaよろず研究「特売自転車のボトムブラケット整備」
http://www.geocities.jp/taka_laboratory_3/20070524-BB-Bicycle/BB-Bicycle.html 

・チェーン
 クランクやリヤディレーラーをはずしてもチェーンを切らないと車体から取り外せませんので「チェーン切り」を使用します。 

この他のパーツは、楽に外せると思いますので、工具があれば一日でフレームとハンドルバーだけになってしまうと思います。フレームは汚れているのでパーツクリーナーなどできれいにしておきます。いよいよパーツの取り付けに入ることになります。

<【自転車】パナ製ライトウイングの大改装・フロントフォーク(その2)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/2-da1f.htmlに続く>

|

« 【鉄道】産業鉄道としても魅力的な黒部峡谷鉄道に乗る<その2> | トップページ | 【時刻表】ガイドマップと兼ねる便利時刻表/黒部峡谷鉄道 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。
ライトウィングのカスタムと聞いてやってまいりました。
自分もBB交換とか台湾製スプロケとかちょこちょこいじっています。
20インチ化、フリーハブ化には興味はあるのですが、
ハブ寸法やなんやで手をつけずにいました。
今後の記事楽しみにしております。


投稿: トラ | 2014年6月14日 (土) 20時38分

トラ さま

こんにちは。

ライトウイングの改造ですが、ちょっとのつもりで
始めたのですが、基本はママチャリ規格なので、
思いのほか手間がかかりました。

改装情報は、お役にたてるようにがんばります
のでよろしくお願いします。

投稿: ブログ管理人 | 2014年6月14日 (土) 23時38分

ライトウィングを愛用しています。
一昨年には台湾を一周してきました。

http://www.gokinjo.net/circle/059937/blog.html?id=38364

この冬にはスコットランドを周遊する予定です。

かなりカスタム化を施しています。
まずはタイヤ・チューブをフレンチに交換。
ハンドルバーを50ミリくらい前方に移動。
トウーークリップのペダル。

圧巻はクランクのベアリングですが、
ユニット式の9個玉からフリーの12個へ。

無論バーエンドバーの追加。

まあどんなものでもそうですが、自分流にアレンジすることは大事です。

こんごもライトウィングに乗り続けますよ。

ではまたね。

投稿: やんごとなき麿呂さん | 2014年9月 3日 (水) 13時09分

やんごとなき麿呂さん

コメントありがとうございます。

ライトウイングで台湾を一周ですが、うらやましいです。
台湾は自転車環境が良いとのことで
ぜひ自転車持って行ってみたいところです。
この冬にはスコットランドの周遊とのことですが、
冬って大丈夫なのでしょうか・・・。

ハンドルバーは50mm前方移動のとのことで、
やはり私もちょっと近いなと思っているので
いずれ前に出す必要はあると感じでおります。

ほんとライトウイングはノーマルだと「ちょっとな」という感じですが、
折りたたむのは簡単だし、そこそこ軽いので、
カスタム化してしまうと楽しい自転車になりますよね。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: へっち(ブログ管理人) | 2014年9月 3日 (水) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/59780733

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】パナ製ライトウイングの大改装・既存パーツの取り外し<その1>:

« 【鉄道】産業鉄道としても魅力的な黒部峡谷鉄道に乗る<その2> | トップページ | 【時刻表】ガイドマップと兼ねる便利時刻表/黒部峡谷鉄道 »