« 【鉄道】羽後本荘駅前広場にある鉄宿「本荘ステーションホテル」 | トップページ | 【自転車】[輪行]陸奥湾ほぼ一周<その2>下北・脇野沢・青森by DAHON DASH X20 »

【自転車】[輪行]陸奥湾ほぼ一周<その1>野辺地・むつ市By Dahon DASH X20

<実施日>H26.4.26(土)
<車種>DAHON DASH X20
    TYRELL FSX
<起点>青い森鉄道・野辺地駅(有人/売店・自動販売機あり)
<終点>大湊線・下北駅(有人/自動販売機あり)

<距離>98.9km(野辺地駅10:00/下北13:30/恐山16:20/下北17:40)

<前回・【自転車】[輪行]陸奥湾ツーリング(小湊/陸奥横浜)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-8788.htmlはこちら>

2013年夏に青い森鉄道・小湊駅から陸奥湾沿いに陸奥横浜駅まで走っていますので、今年もこの沿岸コースの続きをスタートしました。今回は、4/26-272日間で、野辺地からむつ市で宿泊し、途中フェチーも使って青森市までほぼ湾を一周します。

陸奥湾ほぼ一周byDAHON DASH X20
▲青い森鉄道・野辺地駅。立ち食いそばも健在の駅でした

新幹線と青い森鉄道を乗り継いで、今回のスタート地点となる野辺地駅へ。はじめ新幹線でそのまま行ける七戸十和田駅起点にしようかとも迷ったのですが、大型車がどんどん来る国道4号を走るのは勘弁ということで、野辺地駅にしました。ここはローカル線のちいさな駅ですが、駅員もいて、売店、立ち食いそばもあり、何もない駅前とは対照的に機能は充実しています。

陸奥湾ほぼ一周byDAHON DASH X20
▲野辺地市街地を抜けるとむつ湾が広がります

天気は快晴、風はあまりなく10:00にスタート。駅前をちょっと走るとすぐに国道279号に出ます。野辺地の街中を抜け、北野辺地駅近くの踏切を越えるとすぐに陸奥湾が見えてきました。ちょっと霞んでいますが、これから行く下北半島のほか、夏泊半島が見えています。交通量は少なく、ほぼ直線で小さなアップダウンを繰り返しながら快調に飛ばして行きました。

陸奥湾ほぼ一周byDAHON DASH X20
▲国道279号線のアップダウン道路

国道279号は、自動車専用の下北半島縦貫道路が野辺地町・横浜町境まで平行しているので、その平行区間については大型車も含め交通量が少なくなっています。しかし自動車専用道路がなくなる吹越あたりからは、交通量が目に見えて増えて材木輸送などの大型車も多くなります。

陸奥湾ほぼ一周byDAHON DASH X20
▲水仙の花が咲く陸奥横浜駅

出発して1時間半で、前回のツーリング終点とした陸奥横浜駅に一応の敬意を払うために立ち寄って記念写真を撮りました。横浜町といえば「菜の花畑」。駅の看板には「見頃は5月中旬」と書いてありましたが、「早咲きの菜の花が見られるかもしれない」と期待して数キロ走りその場所と思われるところに行きました。が、まだ早すぎてまったくその気配すらなく風力発電所と自転車の写真を撮って終了。国道279号線へと戻り北上を続けました。

陸奥湾ほぼ一周byDAHON DASH X20
▲どうやらここが菜の花畑らしい・・・。まだ何もありません

横浜町を過ぎて、むつ市に入ると海が近いことは感じますが国道から海は見えなくなりました。これまでと違って沿道に民家も多くなり、道は単調で行き交う車も増えたてきました。ただ、野辺地で咲き始めだった桜もむつ市は少し暖かいのかこちらは満開。ときどき見かける桜は、単調な風景の良いアクセントになっていました。

陸奥湾ほぼ一周byDAHON DASH X20
▲むつ市で時間があったので「北洋館」を見学

菜の花観光で時間をとることもなく、予定よりもずっと早く13:30に下北駅に到着しました。せっかく来た、予約していた駅前ホテルに荷物を置き、自転車でむつ市の観光ポイントを回ることにしました。

陸奥湾ほぼ一周byDAHON DASH X20
▲続いて恐山へ・・・。勾配が続きます

まずは大湊地区にある海上自衛隊の資料館「北洋館」へ。旧海軍時代からたくさんのものが展示しても去ることながら、基地や周辺の満開の桜も見応えがありました。時計は15:00、日も高く、もったいないので恐山へ行くことにしました。

陸奥湾ほぼ一周byDAHON DASH X20
▲恐山の宇曽利山湖

道路標識では約15kmということなので気軽に向かったものの、勾配をまったく考えずに行くことを決めてしまい、実際には市街地から恐山への道は10%以上の連続勾配で峠を越え。しかも標高があるので峠付近の道路の脇には雪も残っている状態でした。この勾配では、太ももが同時に吊ってしまうアクシンデントもあり、疲労困憊状態で宿に戻ってきました。

勾配も考えずに予定外にいった恐山は恐るべしでした。

<続きは【自転車】[輪行]陸奥湾ほぼ一周<その2>下北・脇野沢・青森by DAHON DASH X20http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/by-dash-x20-e23.htmlにあります>

陸奥湾ほぼ一周byDAHON DASH X20
▲勾配標は12%。恐山の行き帰りは、勾配が連続

陸奥湾ほぼ一周byDAHON DASH X20
▲へろへろと下北駅に戻ってきました

|

« 【鉄道】羽後本荘駅前広場にある鉄宿「本荘ステーションホテル」 | トップページ | 【自転車】[輪行]陸奥湾ほぼ一周<その2>下北・脇野沢・青森by DAHON DASH X20 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/59569830

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]陸奥湾ほぼ一周<その1>野辺地・むつ市By Dahon DASH X20:

« 【鉄道】羽後本荘駅前広場にある鉄宿「本荘ステーションホテル」 | トップページ | 【自転車】[輪行]陸奥湾ほぼ一周<その2>下北・脇野沢・青森by DAHON DASH X20 »