« 【書籍】Atlas du reseau ferre en France/(フランス鉄道地図帳) | トップページ | 【書籍】JTBCanBooks山手線 ウグイス色の電車今昔50年/杉﨑行恭著 »

【鉄道】日本の最西・南端の鉄道 沖縄都市モノレール「ゆいレール」に乗ってみる

沖縄都市モノレール「ゆいレール」
▲県庁前駅に進入するジャイアンツラッピングのゆいレール

H26.2.8-10に沖縄本島北部を自転車でツーリングする予定だったのが、連日の雨・・・。2.9のツーリングは中止して早々に名護から高速バスで那覇に戻り、未乗鉄道となっている「沖縄都市モノレール・ゆいレール」を乗ることにしました。

ゆいレールには、一日券(700円)があるのでこれを購入。この一日券の面白いところは、最初に改札を通った時間から24時間有効となっていて、結果として翌日午前中に県庁前駅から空港駅まで行くときにも使えましたのでたいへんお得でした。日本では、時間に関係なく当日のみ有効で切ってしまうフリー券が一般的ですが、外国ではこのような24時間制を取るのが当たり前で、外国人観光客が多い沖縄だからでしょうか。

沖縄都市モノレール「ゆいレール」
▲ゆいレールは床面がフラットなので鉄軌道の車両にようです

結局この日は、
旭橋→首里
首里→那覇空港
那覇空港→赤嶺
赤嶺→県庁前
牧志→小録
小録→県庁前
と乗車して、全線走破はもちろんですが、日本最南端駅の小録、日本西端の那覇空港もチェックすることができました。

沖縄都市モノレール「ゆいレール」
▲平日夕方ともなると車内は学生さんでいっぱい

経営状態が良くないといわれる「沖縄都市モノレール」ですが、乗車は順調に増えているそうで、平日の夕方は通勤通学の人たちで混み合っていましたし、時間によっては空港利用者でかなりの混雑で、特に牧志駅と空港駅の間はいつでも混んでいるという感じがしました。クネクネと曲がるので遠回り感はありますが、需要を良く考えたルートなのでと思いました。観光客にとっては本数も多く、ルートもはっきりしている軌道系の乗り物はやはりたいへん便利で、都市の美観などからあまり良く言われないモノレールですが、コンパクトにまとめられた駅も使い勝手は悪くありませんでした。

沖縄都市モノレール「ゆいレール」
▲那覇空港駅の改札脇にある最西端の駅のレリーフ

都市の交通機関はクールな対応するところが多いと思いますが、ゆいレールの職員はとても愛想がよく親切で、駅構内ではマイレール意識を盛り上げるようとしているなど地方の三セク鉄道的なフレンドリーさがある鉄道でした。今回は雨も降っていたこともあって、那覇空港近くの車庫にある資料館に行くことができませんでしたので、次回はこちらを見たいところです。

沖縄都市モノレール「ゆいレール」
▲赤嶺駅と駅前広場にある日本最南端駅の碑。

沖縄都市モノレール「ゆいレール」
▲那覇空港に進入するゆいレール

|

« 【書籍】Atlas du reseau ferre en France/(フランス鉄道地図帳) | トップページ | 【書籍】JTBCanBooks山手線 ウグイス色の電車今昔50年/杉﨑行恭著 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/59248879

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】日本の最西・南端の鉄道 沖縄都市モノレール「ゆいレール」に乗ってみる:

« 【書籍】Atlas du reseau ferre en France/(フランス鉄道地図帳) | トップページ | 【書籍】JTBCanBooks山手線 ウグイス色の電車今昔50年/杉﨑行恭著 »