« 【書籍】とろりい・らいんず2014/02 No252 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2014年3月号(No772) »

【海外の鉄道】[フランス]ユニークな車両が走るマルセイユのLRT

<【海外の鉄道】[フランス]傾斜地にあるマルセイユ・サン・シャルル駅
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-8697.htmlの続き>

マルセイユは、フランスでは珍しく見どころが少ない都市ということで、日本人観光客にも人気のない都市でガイドブックのページも薄め、しかもニースからマルセイユへ向かう列車では乗客から「マルセイユなんて良くないよ」と言われる始末。それでもわざわざ立ち寄った理由がマルセイユのLRTです。まさに一見の価値がある電車です。

マルセイユのLRT(LRV)
▲初めてみると何かのアトラクションと思ってしまうようなデザインの車両

マルセイユのLRT(ライトレイルトランジット)は、2007年に開業した新しい軌道系の交通機関ですが、一部のルートは既存の路面電車であった68系統(Noailles-St.Pierre)を一旦休止して再利用しています。現在は旧68系統を延長したTI系統とT1系統途中にあるLa Blancarde駅を起点とするT2系統の2路線からなっています。LRTではありますが、運営しているRTMも街の人も『トラム』という言い方をしています。延長11.5km、停留所数25。2路線とも一気に開業したものではなく、開業当初は1系統で徐々に路線を伸ばして現在の形になりました。まだ延長計画があるようなので路線延長、系等ともさらに増えそうです。運営は地下鉄やバスと同じRTMが運営しています。

Maruseiyumap
▲RTMでは地下鉄の駅などでわかりやすい地図を配布しています。緑と黄色がトラムルート

料金は1回(RTM運営の地下鉄・LRT・バスが1時間有効)1.50ユーロですが、24時間乗り放題きっぷが5ユーロなのでそちらの方が断然お得です。使用されている車両は直流750V架線集電、軌間1435mmのボンバルディア製『Flexity Outlook』というもので5車体3台車の連接車です。舟や港をイメージしていることから、車両の先頭部分は舟の舳先のような流を切るようなデザインですが、シャープさはなく黒いガラス窓が曲線で構成されているのがフランス的と思うのですが、いずれにしてもたいへんインパクトのある電車となっています。車内は、地中海の太陽を意識してか大きな窓から光が差し込むようになっていて(ただし遮熱ガラスみたい)、木製の背もたれが付いたベンチがたいへん明るい雰囲気となっています。

フランスでは各地に爆発的にLRTが増えていますが、外見こそ多少違いはあっても国産のアルストムのシタディスシリーズが主で、マルセイユは、あえて国産ではないボンバルディア導入したのは、珍しいことかもしれません。

マルセイユのLRT(LRV)
▲中心市街地のトランジットモール

新規のLRTなので路面を走るといっても区分軌道なので自動車に邪魔されることがなく走ることができます。やはり欧州のLRVですから外見とは違い加減速は素晴らしく、停留所間が長い末端区間などはスピードも出します。またところどこに芝生軌道などもありました。終点での折り返しは、両運転台となっていますのでエンド交換となります。

T2系統の大部分は中心市街地を走行していますが、LRTの導入をきっかけとしてトランジットモールや街路整備も行われてかなりきれいになったそうです。市街地でのLRTの見せ場は、1870年に建てられたロンシャン宮殿の前の90度カーブで、街中で売られている絵葉書にもなっていて、撮影名所を狙ったのではないかと思えるような路線配置だと思います。

マルセイユのLRT(LRV)
▲ロンシャン宮殿前のカーブ。マルセイユLRTの見せ場です

観光客の印象が薄いマルセイユですが、LRTの車両についてはたいへんインパクトがある乗り物ですので、むしろこれが見どころかもしれません。ぜひマルセイユに来たらLRTに乗ってみたいところです。余談ですが、マルセイユでは地下鉄も2路線走っていますが、こちらは普通の地下鉄でLRTに比べるとほとんどインパクトがありませんでした。[2011.05現地訪問]

<続く>

RTM(Régie des transports de Marseille) webサイト
http://www.rtm.fr/en

マルセイユのLRT(LRV)
▲明るい車内。乗り方は信用乗車制

マルセイユのLRT(LRV)
▲両運転なので終点ではエンド交換で折り返し

マルセイユのLRT(LRV)
▲T1系統の終点Les caillolsは郊外のニュータウン地区

マルセイユのLRT(LRV)
▲旧68系統のターミナルだったNoailles駅は改装されて、T1と地下鉄の乗り換え駅として再使用

|

« 【書籍】とろりい・らいんず2014/02 No252 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2014年3月号(No772) »

海外の鉄道」カテゴリの記事

路面電車&LRT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/59278548

この記事へのトラックバック一覧です: 【海外の鉄道】[フランス]ユニークな車両が走るマルセイユのLRT:

« 【書籍】とろりい・らいんず2014/02 No252 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2014年3月号(No772) »