« 【書籍】南井健治著/鉄道車両のデザイン―デザイナーは何を考え、何をするのか | トップページ | 【書籍】運輸と経済 2014年2月号 »

【自転車】TigraSport製/Bike Console を使ってみる

年末にiphone4Sから5sに変更したので、自転車用のホルダーも変更しなければならず、以前使っていたサンワサプライのものが値段も安くて使い慣れていたので探したのですが、5S用のものは発売していませんでした。似た感じのものを探していて、TigraSport製/Bike Consoleを見つけましたので、さっそく購入しました。

TigraSport製/Bike Console
▲TigraSport製/Bike Consoleの梱包を開いたところ

箱を開けると5S用と5C用の機種別のインナーが入っていて、付けてからコンソールに入れるようにします。インナーをつけなくてもはまりますが、つけた方が隙間なくぴったりとなるので対衝撃性があがるはずです。本体には、外部電源などが取れるようにライトニングケーブルが接続できるように本体下部に防水の穴がありますが、純正ケーブルは穴が通すことができましたが、非純正品はコネクター部分が大きくて通ることが不可でした。
iPhoneを入れて、ケーブルも接続して、後は蓋をして左右のホルダーで固定すれば完了となります。

TigraSport製/Bike Console
▲インナーに5sを入れて本体に入れた状態

ハンドルへの固定は、付属のハンドルバー固定用にアダプターがあるので、プラスチック製のバンドでバーに装着します。バンドはアーレンキーを回して締めて行くようになっていますので、がっちり固定という感じです。バンドの長さはかなり余裕があるので、バー以外のところにも付けることできるかもしれません。

アダプターと本体はスライト式の突起でカチッとはまりますが、これに加えてねじ止めをして離脱を防ぐようになっているので、ちょっとした衝撃でははずれないように工夫がしてありました。

TigraSport製/Bike Console
▲アダプターと本体は突起状のフックだけでなくネジ止め併用で脱落防止

画面のタッチも良好で操作もしやすいと思います。蓋をしていても、iPhone本体スピーカーの音声が聞こえますので、これで十分ということであれば問題はありませんが、不満な点は、サイドにボリュームボタンがないこと。自分はツーリングしているときに音楽や自転車ナビの音声用にフィリップスBluetooth 対応SBTスピーカー/SBT30 http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/bluetooth-sbtsb.htmlを使っているのですが、画面からではやはりボリュームコントールがやりにくい。

このコンソールを持って沖縄ツーリングにいって、さっそく雨にあたりましたが、iPhoneはがっちりホールドされ、防水性もばっちり。ボリュームコントロール以外の不満はありませんでした。

TigraSport製/Bike Console
▲DAHON DASH X20にTigraSport製/Bike Console装着した状態

|

« 【書籍】南井健治著/鉄道車両のデザイン―デザイナーは何を考え、何をするのか | トップページ | 【書籍】運輸と経済 2014年2月号 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/59200062

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】TigraSport製/Bike Console を使ってみる:

« 【書籍】南井健治著/鉄道車両のデザイン―デザイナーは何を考え、何をするのか | トップページ | 【書籍】運輸と経済 2014年2月号 »