« 【鉄道】岡山県・民鉄乗り歩き<その1>ちらっと海が見える~水島臨海鉄道 | トップページ | 【書籍】グリーン・モビリティ(2013年12月25日号)vol.27 »

【鉄道】岡山県・民鉄乗り歩き<その2>地域密着ローカル線・井原鉄道

井原鉄道・総社駅
▲井原鉄道・総社駅。2010年に無人化されたそうです

http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-c17a.html
【鉄道】岡山県・民鉄乗り歩き<その1>ちらっと海が見える水島臨海鉄道の続き>

冬の「青春18キップ」の季節がやってきたので、2013年12月21-23日の3連休にまだ未乗になっている水島臨海鉄道と井原鉄道を訪問しました。初日と最終日が移動日となったので、中一日の22日が『乗り鉄の日』となりました。

朝一から水島臨海鉄道を完乗して、次は井原鉄道に乗るために総社へ向かいました。
利用した列車は、
843M 倉敷7:41→総社7:52 115系6両
317D 総社8:09→神辺9:12 IRT355形1両
318D 神辺9:26→井原9:43  IRT355形1両
1320D 井原10:29→清音11:03  IRT355形1両
1825M 清音11:08→総社11:12 115系2両
716D 総社11:12→岡山12:09 キハ47×2両

井原鉄道・総社駅
▲総社駅で出発を待つ317D(総社8:09発神辺行き)

843Mから総社で井原鉄道7:55発井原行に間に合いますが、始発駅で2分だけではもったいなく、幸いこの時間は本数が多いので、次の317D/8:09発に乗って神辺まで乗り通すことにしました。井原鉄道総社駅は高架橋上にあってJRと隣接していますが、駅員はいらず無人駅、改札の造り以前有人だったような感じです。

総社7:55発の井原行を見送ると井原発総社7:59着の接近放送が流れ、井原線ホームには5分もしないうちに列車がやってきました。三セクローカル線といっても朝は忙しいようですが、乗客は清音で伯備線に乗り換えをしたようで、総社で降りた人は数人でした。到着した列車が8:09発になりますので、乗り込み運転手から全線乗り放題の「スーパーホリデーパス」800円を買いました。総社-神辺片道1070円ですから、かなりお得なきっぷなので、多くの人が使っているようです。

井原鉄道
▲清音駅を出発すると高架橋へ登ってゆきます。左右の線路は伯備線

数人の人を乗せて出発した317D神辺行は、清音で岡山方面からの伯備線の接続待ちで8分停車。その間に駅係員がきて、運転手へ「今日は○○駅からホリデーパス利用の団体○名がある」と告げていましたので、途中から乗客が増えるようです。清音からは伯備線の乗り換え客約10人が車内に加わり出発します。

清音駅構内の中線から出発すると、列車はすぐに加速して高架橋へアプローチ。伯備線を乗り越し、緩やかなカーブを描きながらトラス橋で高梁川を渡ります。新しい土木技術で造られているだけにローカル線といっても乗り心地もよく、100km前後で走る区間もあり高規格鉄道といえます。ほんの一部に踏切があるほかは高架橋を走っているため、見晴がよく旧山陽道の古い町並みの瓦屋根なども見えました。

井原鉄道・吉備真備駅
▲吉備真備駅と清音行きを交換

車内は区間利用やグループ利用もいて、ガラガラとはなりません。途中から10人ぐらいの団体も乗ってきて井原駅で下車して行きました。概ね井原駅で乗客が入れ変わり、座席の6割が埋まった状態で神辺に到着しました。神辺で降りた乗客は例外なくJR福塩線乗り換え改札を通ってゆきましたので、福山方面へ行くのでしょう。

神辺で乗ってきた車両の318Dで井原へ折り返します。この列車は、福山方面からの福塩線列車と4分で接続していますが、乗り換えてきたのは2人。318Dは自分を含めて数人で出発しました。井原で下車しましたが、ここから10人ぐらいの人が乗っていました。

井原鉄道
▲井原駅で団体さんが降りて行きました

井原駅は、行き違い可能の駅員配置駅となっていて、駅舎は弓矢をイメージしたデザインとなっているそうです。建物内にはイベントホールのほか、洋服のほか売店など数店舗が入っていて、飲み物や食べ物の調達も可能です。列車が見えるような展望スペースもあるので、そこから列車行き違いの写真も撮影可能です。

駅構内を探索して後続の1320D清音行に乗車。ガラガラで到着しましたが井原から10人ぐらいが乗り、途中からも乗車があり座席がほとんど埋まってしまいました。清音に到着すると乗客は倉敷方面への伯備線ホームへ、井原→総社と乗ったのは、自分ひとりだけだったので、清音発着列車も合理的なのかもしれません。

井原鉄道・神辺駅
▲神辺駅のJR連絡口

井原鉄道は東日本在住の者にすると土地勘がないために超閑散ローカル線というイメージがあったのですが、沿線に集落が続いていて地域密着の利用促進策もあるので利用者も少なくないようです。この鉄道で印象に残ったのは、乗務員の丁寧でとても親切な対応。車内でのフリー券の購入、高齢者から質問、泣きじゃくる子供に対してもとても愛想良く対応していて、アテンダント制がない鉄道ですが、とても好印象の鉄道となりました。

清音駅で自分一人伯備線・総社方面へ乗り換え、さらに吉備線経由で岡山へ向かいました。
<終わり>

井原鉄道・井原駅
▲交換設備があり拠点となっている井原駅

井原鉄道・井原駅
▲弓矢をイメージした井原駅

井原鉄道・井原駅
▲跨線橋から構内を見る

井原鉄道・井原駅
▲井原駅内には、列車デザインの自動販売機

井原鉄道・清音駅
▲清音駅に到着。乗客はみんな伯備線岡山方面へ乗り換え

総社駅
▲総社から吉備線に乗って岡山へ

|

« 【鉄道】岡山県・民鉄乗り歩き<その1>ちらっと海が見える~水島臨海鉄道 | トップページ | 【書籍】グリーン・モビリティ(2013年12月25日号)vol.27 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/58930492

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】岡山県・民鉄乗り歩き<その2>地域密着ローカル線・井原鉄道:

« 【鉄道】岡山県・民鉄乗り歩き<その1>ちらっと海が見える~水島臨海鉄道 | トップページ | 【書籍】グリーン・モビリティ(2013年12月25日号)vol.27 »