« 【鉄道】起点と終点で雰囲気が全然違う姫新線を走破(姫路→新見) | トップページ | 【鉄道】高規格ローカル線・智頭急行線に乗る(鳥取→上郡) »

【鉄道】中国山地横断路線・津山線~因美線(岡山→鳥取)

津山線キハ120(岡山駅)
▲津山線はキハ47と思っていたらキハ120で残念

<【鉄道】起点と終点で雰囲気が全然違う姫新線を走破(姫路→新見)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-f3af.htmlの続き>

H25.10.12午前中に姫新線を走破して新見から岡山へやってきました。
午後は、未乗線区の津山線~因美線と乗り継ぎ鳥取へ向かい中国山地を鉄道で横断します。このルートは智頭急行線が出来てから陰陽連絡線から外れてしまったことから津山―智頭間が閑散線区となり接続する列車をきちんと押さえて行動する必要があります。
今回乗った列車は下記の通り
952D 岡山14:06/津山15:29(キハ120×2両)
681D津山16:21/智頭17:37(キハ120×1両)
640D智頭18:11/鳥取19:07(HOT3500×2両)

因美線キハ120(津山駅)
▲津山-智頭もキハ120

津山線はキハ47をメインとして動いていると思っていたのですが、952Dはキハ120×2両編成で残念。幸いそんな混んでいなかったので、クロスシートに座ることができました。ただ津山に向かって右側の方が川の景色が見えるようで、逆の方に座ってしまいちょっと残念。列車本数も多く快速列車も走っている路線なので、比較的開けたところを走る鉄道だと思っていましたが山間を走るローカルで、午前中の姫新線と同じく沿線では秋祭りが行われていました。

美作滝尾駅
▲美作滝尾駅。すばらしい木造駅舎でした

津山で約1時間の待ち合わせで智頭行681Dに乗ります。津山から隣の東津山までは姫新線で、午前中に通ったところを再び走り、東津山から因美線となります。乗客は、津山出発時点で座席の半分も持っておらず途中の美作加茂からは数人となってしまいました。途中の駅には、木造駅舎が多くとても情緒あふれる路線で、降りて写真を撮りたくなる駅ばかりで輪行して途中で降りて、自転車で回るのも良いなと思うぐらいでした。結局、列車はガラガラの車内のまま、暗くなりはじめた智頭に17:46に着きました。

681D美作加茂駅
▲美作加茂駅で津山行き681Dと交換

智頭からは智頭急行大原始発の鳥取行に乗車。車両は智頭急行のHOT3500形2両で17m車ですがクロスシートがならぶ良い車両で、キハ120形乗り換えるとグレードアップ感があります。既に外は真っ暗で、この時間に鳥取方面へ行く人もあまりいないようで、列車に乗っているのは数人で、結局、郡家から少し乗った程度で、途中で対向列車3本を待ち合わせしながら鳥取へ到着しました。

この日は、早朝から姫新線~伯備線~津山線~因美線と乗りまくりで、中国地方のJR線は山口線を除いて完乗となりました。

明日は、鳥取~智頭~智頭急行~山陽・東海道と帰路に着きます。

<続く>

【鉄道】高規格ローカル線・智頭急行線に乗る(鳥取→上郡)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-96d7.html

智頭駅
▲人影もまばらな智頭駅に18時前に到着

HOT3500形(智頭駅)
▲智頭から鳥取はHOT3500形2両(右は智頭止の659D)

|

« 【鉄道】起点と終点で雰囲気が全然違う姫新線を走破(姫路→新見) | トップページ | 【鉄道】高規格ローカル線・智頭急行線に乗る(鳥取→上郡) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/58430442

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】中国山地横断路線・津山線~因美線(岡山→鳥取):

« 【鉄道】起点と終点で雰囲気が全然違う姫新線を走破(姫路→新見) | トップページ | 【鉄道】高規格ローカル線・智頭急行線に乗る(鳥取→上郡) »