« 【書籍】とろりい・らいんず 2013/8 NO249 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2013年9月号(No766) »

【自転車】[輪行]山形日和・置賜ツーリング(米沢→寒河江)By Dahon Dash x20

<実施日>H25.9.14(土)
<車種>DAHON DASH X20
<起点>奥羽本線・米沢駅(有人/売店あり)
<終点>左沢線・寒河江駅(有人/販売機あり)
<距離>103.56km
(米沢駅9:30/旧高畠駅10:20/長井駅12:45/左沢駅16:10/寒河江駅18:00)

JR米沢駅
▲気温は既に30度。9:30に米沢駅を出発しました

3連休の東日本地区の天気予報を見て、天気が良さそうな山形に行くことにしました。3年前に長井駅-左沢駅ルートを走っているので、今回はそれをアレンジして、米沢から山形交通の旧高畠駅をめざし、そこからは高畠線跡にできた「まほろばの緑道」を走り、その後は、ルートをきっちり決めずに気の向くままに山形鉄道と最上川に沿って寒河江へ抜けました。天気は晴れ、気温は30度以上ありましたが、田んぼもきれいに色付き、そばが花咲く時期となり、秋の楽しいツーリングとなり「山形日和」の一日でした。

旧高畠駅とDAHON DASH X20
▲石造りの旧高畠駅舎

まほろばの緑道とDAHON DASH X20
▲「まほろばの緑道」の途中にあった旧竹ノ森駅。ホームがしっかり残っています

米沢駅を9:30に出発、県道1号線で高畠へ向かいました。この県道は、米沢盆地の東側を通るので車は少ないものと思っていたら、大型車が予想外に多く、ダンプだけでなくISOコンテナを積載したトラックまで走っていました。後から、米沢から高畠までは自転車道が整備されていることが分かったので、そっちを通ればよかったと調べなかった自分に少々後悔しました。

山形線電車とDAHON DASH X20
▲JR高畠駅近くの田圃でJRの電車が行く姿が見えました

米沢から約45分で、山形交通の高畠線の旧高畠駅に到着しました。昔駅があったところは公園になっていて、電気機関車:ED1、貨車:ワム201、電車:モハ1が保存されています。2010年に来たときは、きれいに塗装整備された後だったので状態が良かったのですが、それから数年たちかなり急速に痛みが目立つ状態となっていました。さらに悪化するのではと今後の状況が心配になります。

山形鉄道とDAHON DASH X20
▲今泉駅の山形鉄道の列車。2連でした

旧高畠線からは自転車歩道の「まほろぼの緑道」でJR高畠駅へ。この緑道は、旧山形交通高畠線の敷地を利用して整備され、沿線には700本の桜が植えられています。桜のシーズン中にはたくさんの人が来るそうで、町では観光地として認定していてJR駅にはレンタサイクルもあります。桜は、開花時期こそ綺麗でよいのですが、夏は葉が生い茂ってしまいます。ここの自転車道も葉で解放感がなくなっていましたが、途中、フルーツの産地ということでりんごの木があったり、ぶどうの棚の下を走ったりと工夫をしているようした。自転車歩道として整備した時点で、鉄橋などの遺構はなくなっていましたが、途中、旧竹ノ森駅のホーム跡などははっきりと残っていました。舗装はちょっと痛んでいて、ところどころにヒビがあってスピードを上げることはできませんので、ゆっくり漕ぎましたが、旧高畠駅を出て20分でJR高畠駅に到着しました。

山形鉄道・長井駅とDAHON DASH X20
▲長井駅で小休止

高畠駅から国道13号経由で山形鉄道の赤湯駅へ。赤湯から長井方面は、今泉まで国道113号が相場ですが、車が多いのでおりはら駅付近まで迂回走行して、そこから先は橋の都合もあって、しぶしぶ113号を走りました。乗用車や大型車が多いため神経を使いながら今泉駅まで来て小休憩。ちょうどフラワー線の列車が来たので自転車とツーショットを撮影しました。

今泉からは国道113号と別れ、国道287号で長井方面に向かいますが、国道を走るのも長井までの我慢で、その先は脇道へ入るのびのびコースです。長井駅で列車の写真を撮って、近くランチを取った後、古い駅舎として有名な羽前大塚駅に寄りました。今では数少なくなった木造駅舎をじっくりと「味わって」から、線路の西側にある通称桜回廊といわれる「県道11号」で迂回するように鮎貝駅付近まで走りました。「櫻回廊」も完全シーズンオフであるためすれ違う車ほとんどなく静かでした。

羽前成田駅とDASH X20
▲ぜひ立ち寄りたい木造駅舎「羽前成田」

今回は、最上川の西側ルートを通ることに決めていましたので、荒砥駅を経由せず、鮎貝駅で小休憩してから川に沿う県道9号ルートを進みます。荒砥と左沢を自転車で走り抜けるルートとしては、国道287号と本日走っている県道9号の2つありますが、国道は車が多いので、多少のアップダウンがあっても車がめったに来ない県道経由がベストです。川の景色も県道の方が良いと思いますが、道の駅や店舗は国道側にあるので、便利さは国道です。

山形鉄道とDAHON DASH X20
▲羽前成田-白兎間で山形鉄道とすれ違う

最上川を見ながら1時間半ほど走り、当初の目的地:左沢駅16:10に着きました。駅近くに「左沢温泉」があるので、そちらで風呂に入ろうと思ったら「日帰り不可」とのこと。当日は気温が30度以上あったので、なんとか風呂に入ってから列車に乗りたいと思っていましたので、さらに寒河江駅から1.5kmにある「寒河江市市民温泉」まで走りました。そこに浸かって、汗を流して休憩してから18:00に寒河江駅到着しました。ちょうど、駅前では「大鍋まつり」をやっていて、駅前広場がビアガーデン状態になっていましたので、生ビールを「きゅ~」と空けてから左沢線の人となりました。

最上川とDASH X20
▲最上川に近い県道9号

JR寒河江駅
▲当初の目的地左沢には16:10着。しかし寒河江へまで走りました

寒河江市・市民浴場
▲寒河江市市民浴場は200円で、せっけんもあり

寒河江駅
▲18:00寒河江着

寒河江・大鍋まつり
▲寒河江駅前広場は祭りでビアガーデン状態。生ビールが飲めました!

|

« 【書籍】とろりい・らいんず 2013/8 NO249 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2013年9月号(No766) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/58195954

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]山形日和・置賜ツーリング(米沢→寒河江)By Dahon Dash x20:

« 【書籍】とろりい・らいんず 2013/8 NO249 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2013年9月号(No766) »