« 【鉄道】中国地方・乗り歩き<その2>宇部線、小野田線+本山支線 | トップページ | 【ふね】中国地方・乗り歩き<その4>関門汽船で関門海峡を渡ってみる »

【鉄道】中国地方・乗り歩き<その3>10周年を迎えた九州鉄道記念館

九州鉄道記念館
▲門司港駅に隣接した九州鉄道記念館。左手の車両先頭部が今年追加された

H25.8.9 下関から門司港までちょっと足を延ばして、未踏破鉄道施設の「九州鉄道記念館」を見学しました。開館10周年を迎えてリニューアルをしたばかりで、この夏新にオハネフ14や485系、ED76,EF30の先頭部(運転台)に加わりました。開館10分前に記念館に着きましたが、既に10人近い人が待っていて、今では観光施設としてすっかり定着しているようです。

九州鉄道記念館
▲入り口にある9600形。静態保存ですが、磨かれた機械美がありました

記念館の構成は、車両展示場、旧九州鉄道本社社屋を利用した屋内展示をしている本館、鉄道の遊戯施設がある鉄道ミニ公園、運転台コーナーとなっています。車両展示場は、1本の線路の上に、九州ゆかりの車両が一直線に並んでいますが、車両の顔の部分が撮影できるように車両に間隔が取ってあり、さらに屋根の柱が邪魔にならないように考えられて粋な計らいがしてありました。どの車両もぴかぴかで蒸気機関車の動輪なども油が差されていているほか、近代車両は、室内外、ガラス窓がぴかぴかに掃除されています。聞けば毎日掃除しているそうです。

九州鉄道記念館
▲本館のエントランスにある明治時代の客車。SLがあればパーフェクトでした

レンガつくりの本館の中には、旧九州鉄道で設計され大分交通線を経てドラインブインにあった客車が復元展示されていました。こういうのも縁や運なのでしょうが、良く残っていたと思います。同じフロアには、売店やHOゲージのジオラマ。2階は、九州鉄道に関する資料関係の常設展示があります。常設展示の中で面白かったは、硬券の展示方法で、活字も一緒に見せていて、これは面白いアイディアだと思いました。

屋外・屋内ともにひとつひとつじっくり見ると半日以上かかりそうな施設ですが、「てっぱく」と違って見学者で混み合うことはなく、ゆっくり、じっくり見ることも可能です。10周年リニューアルでさらに充実しましたので、見応え十分の記念館でした。

九州鉄道記念館http://www.k-rhm.jp/

<続く>
【鉄道】中国地方・乗り歩き<その1>みすゞ潮彩号で美祢線へ
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-4736.html

【鉄道】中国地方・乗り歩き<その2>宇部線、小野田線+本山支線
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-4a73.html

【鉄道】中国地方・乗り歩き<その3>10周年を迎えた九州鉄道記念館
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/10-3679.html

【ふね】中国地方・乗り歩き<その4>関門汽船で関門海峡を渡ってみる
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-c8d4.html

【船】中国地方・乗り歩き<その5>宮島航路で宮島へ
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-8bda.html

【鉄道】中国地方・乗り歩き<その6>末端区間は超不便な芸備線を走破
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/6-d16b.html

【鉄道】中国地方・乗り歩き<その7>山陰~福知山線で米子から大阪へ
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-a148.html

九州鉄道記念館
▲硬券と活字を一緒に展示してありました

九州鉄道記念館
▲子供が喜ぶジオラマもあります

|

« 【鉄道】中国地方・乗り歩き<その2>宇部線、小野田線+本山支線 | トップページ | 【ふね】中国地方・乗り歩き<その4>関門汽船で関門海峡を渡ってみる »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/58074989

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】中国地方・乗り歩き<その3>10周年を迎えた九州鉄道記念館:

« 【鉄道】中国地方・乗り歩き<その2>宇部線、小野田線+本山支線 | トップページ | 【ふね】中国地方・乗り歩き<その4>関門汽船で関門海峡を渡ってみる »