« 【自転車】[輪行]天気が悪いので男鹿・秋田ツーリングby Dahon Dash X20 | トップページ | 【書籍】Jan Reiners著 Loks der DB AG »

【自転車】[輪行]近いのに海が見えない男鹿・能代ツーリングby DAHON DASH X20

<実施日>H25.5.4
<起点>男鹿線・男鹿駅(有人駅/自販機あり)
<終点>五能線・能代駅(有人駅/売店あり)
<距離>65.4km(男鹿駅6:30/能代駅10:30)

<【自転車】[輪行]秋田駅~男鹿半島ツーリングby Dahon-dash-X20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/bydahon-dash--1.htmlの続き>

近いのに海が見えない男鹿・能代ツーリングbyDAHON DASH X20
▲朝6時の小雨の男鹿駅。休日ということで静かなものです

大型連休後半の秋田県は、天候に恵まれずに低温、強風、そしてときどき雨・・・。男鹿駅前に2泊して最終日こそと天気を期待して、早起きをしたものの、曇りどころか厚く黒い雲と霧がどんどん流れてきて、しまいには雨も降ってきました。

予報は曇りだったので、「男鹿半島一周へ!」ととりあえず宿を出て、男鹿駅でしばらく様子を見たものの、小雨が降ったり止んだりの状態が続いています。やはり雨雲がぶち当たる半島部のツーリングは、やめることにして、雨が本降りになっても駅に逃げられる能代を目指し、さらにコンディションが良ければ五能線・岩館まで行くこととし、早朝の男鹿駅を出発しました。

近いのに海が見えない男鹿・能代ツーリングbyDAHON DASH X20
▲男鹿半島横断部分の国道101号。

駅を出てしばらくは小雨だったものの、しばらくすると雨は上がりましたが、入道崎方面は、厚く低い雲に覆われているので、降っているような感じでした。市街地を抜け、JR羽立駅付近から国道101号線へ。ちょうど男鹿半島の付け根を横断するような感じで、北側の海岸へと抜けます。峠を2つ越えるのですが、ひとつ目の峠まで路側帯もあって良い道路だったのですが、途中からは補修ばかりの張りぼて舗装となっていて、下り坂でも気を抜けないという感じに変貌していました。

近いのに海が見えない男鹿・能代ツーリングbyDAHON DASH X20
▲男鹿-能代で唯一海岸沿いを走る間口浜付近

北側の海岸近くの国道と県道55号の分岐点から引き続き国道101号・能代方面へ右折。このあたりは観光ルートからも外れているようで、国道といってもいなか道でかなり交通量は少なく、以降、三種町で国道を離れるまでこんな感じでした。

しばらくすると坂の向こうに日本海が見えてきました。いよいよ日本海並走ルートが始まると期待したものの3キロも走ると内陸寄りの道となり、以降、極めて海が近いものの、ときどきチラッと見えるだけで、結局、能代までの間で海と並走するのは、この間口浜だけでした。

近いのに海が見えない男鹿・能代ツーリングbyDAHON DASH X20
▲大潟村の『菜の花ロード』花にはちょっと早かったかも・・・

道は海岸近くの丘陵地をアップダウンしながら北へ進みますが、友人から大潟村の大型連休のときの「菜の花ロード」がきれいとの推薦を受けていましたので、いったん国道101号からルートはずれ、大潟村へと寄り道をします。但し、どこに『菜の花ロード』があるのかの情報を持っていなかったため、道の駅「おおがた」によって場所を確認してから向かいました。

近いのに海が見えない男鹿・能代ツーリングbyDAHON DASH X20
▲三種町付近で直線アップダウンを行く

「村」なんてイメージで、道路はのんびりしているのかと思いきや直線で平坦なことから車が走りやすく、幹線国道並みに交通量が多くてびっくり。目的の『菜の花ロード』は桜と菜の花が咲いていましたが、寒くて強風の上、どんより曇では、それほどの感動もなく、記念写真を撮って退散。先ほどの国道101号のルートからはずれたところまで戻り、再び能代方面と北に進むことにしました。

近いのに海が見えない男鹿・能代ツーリングbyDAHON DASH X20
▲しぶしぶ国道7号へ。車が多くて不快です

相変わらず、海岸に近い松林の丘陵地帯をアップダウンしながら進むものの、ほとんど海は見えません。丘陵地を降りた東側の低地には集落がありますが、このルートには、集落が非常少なく、もちろん人気も自動販売機などもなく、夏場だと飲み物は必需な区間かもしれません。途中から国道101号とは別れ、海岸に近いであろう舗装道路を走りましたが、三種町と能代市は海岸に並走する道はなく、強制的に国道7号へ合流させられてしまいました。

近いのに海が見えない男鹿・能代ツーリングbyDAHON DASH X20
▲休憩で立ち寄った能代駅。結局、ここで終わりとなりました。

しぶしぶ交通量の激しい国道7号を走り、能代南IC取り付け道路との交差点から旧国道を走って能代市街地へと入ってきました。ロードサイドやジャスコなども見えてきて、今まで人気のないところを走ってきただけに大都会に感じてしまいました。

とりあえず、最初の目標・能代駅で休憩することにし、自分的にはあくまでも休憩で、あとひと踏ん張りで八森や岩館まで行く意気込みで、出発したものの、黒い雲がどんどん流れてきて、大粒の雨、そして風も強くなってきました。結局、本日これ以上のツーリングは楽しくないだろうという判断で、能代駅にて終わりにしました。

なんとか能代までは雨が持ってくれて良かったのが幸いで、能代から先の海岸ルート景勝地帯ですので、楽しみは次回にとっておくことにしました。

<能代から先は【自転車】[輪行]五能線沿線ツーリングその1(東能代/深浦)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-6f40.html

近いのに海が見えない男鹿・能代ツーリングbyDAHON DASH X20
▲能代からの帰路はリゾートしらかみを利用しました

|

« 【自転車】[輪行]天気が悪いので男鹿・秋田ツーリングby Dahon Dash X20 | トップページ | 【書籍】Jan Reiners著 Loks der DB AG »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/57333993

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]近いのに海が見えない男鹿・能代ツーリングby DAHON DASH X20:

« 【自転車】[輪行]天気が悪いので男鹿・秋田ツーリングby Dahon Dash X20 | トップページ | 【書籍】Jan Reiners著 Loks der DB AG »