« 【書籍】所澤秀樹著/時刻表タイムトラベル | トップページ | 【書籍】曽田 秀夫著/幻の時刻表(光文社新書190) »

【自転車】[輪行]阿武隈の里ツーリング(仙台/福島)by Dahon Dash X20


<実施日>H25.5.12
<起点>東北本線線・長町駅(有人駅/コンビニあり)
<終点>福島交通・飯坂温泉駅(有人駅/コンビニあり)
<距離>98.6km(長町駅8:30/福島駅13:15/飯坂温泉14:00)

阿武隈の里ツーリングby Dahon Dash X20
▲名取からは広域水道が埋設された農道を走る

H25.5.12 東風予報で福島方面は晴れるだろうと予想して、肌寒い仙台(長町)を出発して、毎度おなじみの丸森経由の阿武隈川に沿って走り福島へ向かいました。

交通量の多い仙台市内の県道を抜けて、名取市付近から、いつも使う脇道・農道に入り、まずは槻木へ。白石川を渡ったところから、白石川~阿武隈川の堤防に入りました。舗装はされているものの真夏になると両サイド草が生い茂りますが、今はそれほど伸びていませんでした。この堤防は、アイリスオーヤマの工場の手前終わってしまい、国道349号を2キロほど走ることになりますが、江尻の手前から再び堤防を走ることが可能です。

阿武隈の里ツーリングby Dahon Dash X20
▲角田の手前から急速に天候回復

角田市に入ったあたり急速に天気が回復。気温も上昇して、体感温度もあがりましたので、服装を冬用タイツから一気に夏型に変更しました。江尻交差点(東根橋)から国道経由よりも遠回りになる阿武隈川堤防を走って、丸森向かいますが、昨年は工事でじゃり道となっていた区間は、舗装工事も終わっていて車に邪魔されることなく、快適に走行できるようになっていました。

丸森に到着して、県境を越えて梁川へ抜けることになりますが、楽勝ルートの川西岸・国道349号経由を使わず、今回はあえて東側の町道経由で行くことにしました。道路はあまり広くありませんが、車がほとんど通らず、景色も良いので気分良く走っていましたが、途中の木楽という集落の民家で放し飼いにしている犬二匹に襲われて、猛ダッシュ。なんとか逃げりきりましたが、咬みつく勢いでしたので、サイクリストは注意が必要かと思います。

阿武隈の里ツーリングby Dahon Dash X20
▲丸森付近で阿武隈急行の電車が見えました

丸森―梁川間は、国道349号経由ならば、平坦で苦労せいずに走り抜けてしまいますが、東側の町道ルートは、途中に150mぐらいの峠があり、しばらくアップダウンを繰り返します。犬の攻撃とそれに続く峠もありましたので、阿武隈急行「あぶくま駅」で小休憩をしました。周りには民家がまったない立地ですが、この駅に隣接した休憩所は、食事もできるようになっていて、なんと生ビールまで置いていました。

阿武隈急行の線路と平行するようにして梁川へ。離れてしまった阿武隈川の堤防を再び走るために県道31号を通り、伊達崎橋を目指しました。この橋のたもとからは、堤防を使って福島市中心部まで走ることが可能なので、走り始めたものの、仙台とは、風が逆で西風で、梁川から福島までは終始向かい風。しかも微妙に登り坂なので、一気にペースダウンしてしまいました。

阿武隈の里ツーリングby Dahon Dash X20
▲峠付近には竹林もありました

福島市のランドマーク信夫山を近づいてきて、市中心部に関わる大仏橋まで堤防を走り、そこからは官庁街を走って本日の目的地福島駅へ到着しました。ここでやめてもよかったのですが、時間はまだ13時を過ぎたばかり、今回は、体力的にも余力があったので、さらに福島交通飯坂線に沿って飯坂温泉まで走り、温泉街にある公衆浴場「八幡の湯」(200円)浸かり、飯坂温泉駅でツーリングを終了としました。

阿武隈の里ツーリングby Dahon Dash X20
▲あぶくま駅を過ぎると快適ロードでした

阿武隈の里ツーリングby Dahon Dash X20
▲梁川から福島市中心部まで阿武隈川堤防を走る

阿武隈の里ツーリングby Dahon Dash X20
▲信夫山も見えてきました

阿武隈の里ツーリングby Dahon Dash X20
▲今回浸かった温泉は「八幡の湯」やはり熱い

阿武隈の里ツーリングby Dahon Dash X20
▲飯坂温泉→福島は、サイクルトレインを利用しました

|

« 【書籍】所澤秀樹著/時刻表タイムトラベル | トップページ | 【書籍】曽田 秀夫著/幻の時刻表(光文社新書190) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/57410487

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]阿武隈の里ツーリング(仙台/福島)by Dahon Dash X20:

« 【書籍】所澤秀樹著/時刻表タイムトラベル | トップページ | 【書籍】曽田 秀夫著/幻の時刻表(光文社新書190) »