« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2013年4月号 | トップページ | 【鉄道】北上線を経由してぐるっと一周 »

【自転車】[輪行]渡良瀬自転車道(桐生→古河)ツーリングby Dahon x20

<実施日>H25.3.30
<起点>両毛線・桐生駅(有人駅/売店あり)
<終点>宇都宮線・古河駅(有人駅/売店あり)
<距離>52.2km(桐生駅12:15/古河駅15:45)

渡良瀬自転車道(桐生→古河)ツーリングby Dahon x20
▲気温も低く、時折雨粒も落ちてくる桐生駅をスタート

関東地方は暖かく桜も満開ということでしたので、暖かさ期待して、群馬・栃木にまたがる渡良瀬川自転車道のツーリングに出かけました。

予報を見て計画したものの、予報は見事にはずれ。桐生駅についたもののどんよりした雲の下、一時雨粒が落ちてくる始末で、しかも気温はお昼なのに7度。ツーリングを中止にして『わたらせ渓谷鉄道』の「乗り鉄」活動で一日終わりにしようと思いましたが、気分を取直しツーリングに出発することにしました。

渡良瀬自転車道(桐生→古河)ツーリングby Dahon x20
▲桐生市内では桜が満開でした

桐生市街を走り、駅近くの渡良瀬川に桐生大橋へ向いました。今回は、ここからはひたすら河川堤防を走りながら板倉町を目指すことになりますが、足利市街で何度か橋を渡る必要があり、渡良瀬川の右岸、左岸、さらには一部河川敷を走ることになります。下流むかって左岸からスタートしますが、最終的には右岸となります。

渡る橋を間違えないように、頭の中で橋の名前を忘れないようにしました。また途中、渡瀬川に流れ込む川ため、自転車道で分かりにくくなっているところがあり、1度で行き止まりにはまって戻ってきたところがありました。

渡良瀬自転車道(桐生→古河)ツーリングby Dahon x20
▲足利市内では、河川敷を走行します

渡良瀬川堤防を走れるのは、藤岡町の東武線をくぐったところまでで、ここでいったん一般道を走ってから、渡瀬緑地、渡瀬遊水地で自転車道へ。人家もない緑地・遊水地を走り抜け、再び渡良瀬川堤防がはじまると国道354号三国橋となり、これを渡ると古河市街地へ走って、本日の終点古河駅となります。

天気も気温もともかく、沿道ではすでに桜が満開で、自転車道の斜面では菜の花が咲いていて、春満開でした。

渡良瀬自転車道(桐生→古河)ツーリングby Dahon x20
▲途中にある自転車道の案内

渡良瀬自転車道(桐生→古河)ツーリングby Dahon x20
▲堰堤には菜の花が咲いていました(足利市)

渡良瀬自転車道(桐生→古河)ツーリングby Dahon x20
▲東北自動車道をくぐった先からグライダーの滑空場までが工事で通行禁となっていました。

渡良瀬自転車道(桐生→古河)ツーリングby Dahon x20
▲東武日光線をくぐって渡良瀬緑地方面へ

渡良瀬自転車道(桐生→古河)ツーリングby Dahon x20
▲渡良瀬遊水地の脇を走り抜けます

渡良瀬自転車道(桐生→古河)ツーリングby Dahon x20
▲JR宇都宮線・古河駅に到着。寒い一日でした・・・

|

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2013年4月号 | トップページ | 【鉄道】北上線を経由してぐるっと一周 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/57210628

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]渡良瀬自転車道(桐生→古河)ツーリングby Dahon x20:

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2013年4月号 | トップページ | 【鉄道】北上線を経由してぐるっと一周 »