« 【鉄道】南海電鉄乗り歩き<その1・高野線> | トップページ | 【鉄道】南海電鉄乗り歩き<その3・南海本線特急サザン> »

【鉄道】南海電鉄乗り歩き<その2・高野線>

<【鉄道】南海電鉄乗り歩き<その1・高野線>
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-075c-1.htmlの続き>

H25.4.14 天下茶屋から急行を乗り継いで橋本までやってきました。橋本で、数分の連絡極楽橋行きの普通電車に乗り換へ、ここから先は輸送量がぐっと落ちますので、2扉転換クロスシート装備の2300系2両となりました。

8両編成からの乗り換えなので、混み合うかとも思ったのですが、最初の2、3駅こそ立っている人もいましたが、それを過ぎると座席にみなさんが座ってちょうどという感じでした。

南海電鉄・高野線
▲橋本から極楽橋まではウレシイことに2300系

うわさに聞いていた山岳路線ですが、急こう配に急カーブ、そして古い駅舎、もちろん山岳風景も魅力的でした。極楽橋駅に到着して、駅になにかあるのかと改札を出てみたところ何もありません・・・。この駅は、ケーブルカーに乗り換えるためだけに存在している駅のようでで、申し訳程度の改札でウロウロしていましたら、駅員から「ケーブルカーがまもなく出発する」案内されてしまいましたので、あわててケーブルカーに乗りました。

南海電鉄・高野線
▲途中、山深い・紀伊神谷駅でなんば行きこうや号とすれちがい

特急こうや号と同じカラーリングのケーブルカーに乗り、数分で高野山駅に到着しました。いかにも観光地をいう駅舎で、ケーブルカーの駅ではありますが、特急券の窓口やみやげものもあり、鉄軌道の鉄道駅のターミナルとかわりません。

せっかくきた高野山ですので、さらにバスで奥の院まで行き、ぐるっと散歩をして高野山駅まで戻ってきました。

南海電鉄・高野線
▲申し訳程度の極楽橋の入り口。乗り降りする人はいなそうです

高野山駅で、特急こうや号の指定券を買い、早めにケーブルカーで極楽橋駅に降りて写真を撮ることにしました。ついでに缶ビールとも思ったのですが、この駅には売店はなく、自販機でお茶を買ってなんばに向かうことにしました。

南海電鉄・高野線
▲特急こうや号と同じカラーリングの高野山ケーブルカー

 

どうせ乗るならば、30000系を使ったこうや号と思っていたのですが、希望通りだったのでラッキー。極楽寺-橋本間は、特急でもとてもゆっくり走ることですので、景色の良い方の座席を取りました。ただ、製造から年数も立っているせいか窓ガラスがあまりきれいでなく、行きの2300系の方がよっぽどきれいで、せっかくの車窓にちょっとミソが付いたという感じです。

時間帯によるのでしょうか、終点なんばまで比較的空いた状態で到着しました。

<【鉄道】南海電鉄乗り歩き<その3・南海本線特急サザン>
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/3-0702.htmlに続く>

南海電鉄・高野線
▲極楽橋に天空も停まっていました

南海電鉄・高野線
▲帰路は楽しみにしていた「こうや号」でなんばへ

|

« 【鉄道】南海電鉄乗り歩き<その1・高野線> | トップページ | 【鉄道】南海電鉄乗り歩き<その3・南海本線特急サザン> »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/57285461

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】南海電鉄乗り歩き<その2・高野線>:

» 南海電鉄 特急「こうや」は高野線のクイーン [ぱふぅ家のホームページ]
【更新】南海電鉄 特急「こうや」の3代目車両3000系は1983年にデビューした。難波駅から、高野山麓の極楽橋駅までを1時間20分で結ぶ。前面窓や客室窓が大きく、高野山の自然を楽しめる。営業最高速度は100km/hだが、橋本駅以遠はカーブや勾配が急なため平均速度50km/hに。... [続きを読む]

受信: 2015年2月 4日 (水) 23時42分

« 【鉄道】南海電鉄乗り歩き<その1・高野線> | トップページ | 【鉄道】南海電鉄乗り歩き<その3・南海本線特急サザン> »