« 【海外の鉄道】[フランス]ニースのLRTに乗る | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2013年3月号(No760) »

【書籍】幸福な食堂車~九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の「気」と「志」/一志 治夫著

Photo

今では個性的でユニークな鉄道デザイナーとなった水戸岡鋭治が今に至るまでの半生と、デザインされた車両がどこのように生み出されたのかがつづられたノンフィクションです。水戸岡氏が携わった鉄道の仕事のほとんどが登場しますので、水戸岡デザインに車両や駅舎などに触れるならば事前に読んでおきたい1冊です。

タイトル:幸福な食堂車
       ~九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の「気」と「志」
著者:一志 治夫
定価:1800円+税
単行本: 319ページ
出版社: プレジデント社 (2012/7/13)
ISBN-10: 4833420147
ISBN-13: 978-4833420143
発売日: 2012/7/13
商品の寸法: 20 x 13 x 2.2 cm

<目次>
プロローグ
1章 コンセプトとはすなわち「志」―「富士山駅」
2章 色への狂気「絶対色感」―大阪「サンデザイン」
3章 ヨーロッパで出会った洗練とタフネス―イタリア「シルビオ・コッポラ事務所」
4章 パース画の世界を切り拓く―「ドーンデザイン研究所」設立
5章 成功へと導く「気」の存在―福岡「ホテル海の中道」
6章 初の鉄道デザインは挑戦的な「花仕事」を―58系気動車「アクアエクスプレス」
7章 100億円の価値を生むデザイン―高速船「ビートル」
8章 なぜ食堂車が大切なのか―787系 特急「つばめ」
9章 感動は注ぎ込まれたエネルギーの量
10章 和の素材・伝統・意匠を新幹線に―800系新幹線「つばめ」
11章 「ローカル線」で日本の田舎を再生する
   ―ゆふいんの森Ⅱ、九州横断特急、SL人吉、いさぶろう・しんぺい、はやとの風、海幸山幸
   ―MOMO、KURO(ともに岡山電気軌道)
   ―いちご電車、たま電車(ともに和歌山電鉄)
12章 合理主義・効率主義への抵抗
13章 答えは子供の頃に見聞きした中にある―コミュータートレイン、「鹿児島中央駅」
エピローグ
あとがき
水戸岡鋭治+DON Desgin Associates 主な仕事

|

« 【海外の鉄道】[フランス]ニースのLRTに乗る | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2013年3月号(No760) »

書籍」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/56964072

この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】幸福な食堂車~九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の「気」と「志」/一志 治夫著:

« 【海外の鉄道】[フランス]ニースのLRTに乗る | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2013年3月号(No760) »