« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2013年2月号 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2013/02 No.206 »

【海外の鉄道】[フランス]伊・仏国境を越えてモナコ経由でニースへ

【海外の鉄道】[イタリア]ミラノから国境の街ヴェンティミーリアへ
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-69a0.html

ミラノから伊・仏国境の駅ヴェンティミーリア(イタリア側)に到着して、この先フランスへ方面へ乗り換えになります。きっぷはここまでになっていますので、きっぷを買うためにFSの窓口で「ニース」と告げると、駅舎内にある旅行代理店を案内されました。フランス方面へのきっぷはこの代理店で買うシステムになっていて、スタッフはテキパキと仕事をしていて、モナコまでのキップ(2.6EUR)は、すぐに買うことができました。

ヴェンティミーリア駅
▲フランス方面のチケットは、ヴェンティミーリア駅にある旅行代理店で

もし、ここで面倒な客がいれるときっぷを買うにに時間がかかり、スムーズな乗り換えができなかったかもしれませんが、ニース方面は、1時間に1~2本あるので、だめであれば次ということでできますので、それほど深刻なことにはなりません。日本の感覚ですと「車内で買えば大丈夫」となりますが、欧州では無札や車内精算は罰金やら割増などとロクなことになりませんので、列車を遅らせても買うべきでしょう。

SNCF・Z23500交直流電車(ヴェンティミーリア駅)
▲ヴェンティミーリア駅に停車するSNCF・Z23500交直流電車

当初の予定通り11:47発の各駅停車GRASSE行No16174列車でモナコへ向かいます。車両は、フランス国鉄所属のZ23500形交直流電車(AC2.5KV/DC1.5KV)の4両編成。後から調べると両国の電化方式は、イタリア側:直流3000V、フランス側:交流25000Vなので、ヴェンティミーリア駅は、黒磯駅のように構内は交流・直流を切り替えているのかもしれません。

SNCF・Z23500交直流電車車内
▲SNCF・Z23500交直流電車の2等車の2階席

モナコまでは17km、所要約30分ですが、この区間は地中海の断崖の上を地形にそってカーブを繰り返しながら列車が走るため、たいへん景色がよく、高級と思われる住宅などもたくさん見えて、世界の超高級リゾートの雰囲気が電車の窓からも伝わってきました。

モナコ付近の車窓
▲モナコ近くの車窓には地中海が広がりますが、この先トンネルへ

建物が多くなってモナコに近づくと鉄道は、身を隠すようにトンネル区間となり、モナコの玄関口となるモンテカルロ駅もそのままトンネル内でした。12:13分に到着しましたが、独立国家の駅ですが、鉄道はSNCFが運用していて、国が変わったとという実感はありません。海側の駅出口は、住宅地の中に目立たないほど小さく、モナコでの鉄道の存在はほとんどないのかもしれません。

モナコ・モンテカルロ駅
▲トンネル内にあるモナコ・モンテカルロ駅。照明が凝っています

特に目的があってモナコで下車したわけではありませんが、せっかくなのでモンテカルロ駅から港まで歩いて、ぐるっと街中を1時間ほど散歩してきました。自動車レースが近いのか街中に観客席などが作られ、超高級車を大量に走っているなど、モナコの雰囲気をちょっとだけ味わってきました、もちろん鉄道趣味的には何もありません・・・。

モナコ・モンテカルロ駅
▲モナコ・モンテカルロ駅の海側の入り口。良く見ないと見逃します

再びモナコ・モンテカルロ駅から乗車して今夜の泊地となるニースへ。定刻13:00発の列車が15分遅れ到着でしたので、あまり待ち時間なしで乗ることができました。車両は、先ほど同じく2階建て4両編成ですが、正面デザインはまったく違うもので、先頭車にZ26500形と書いてあり、交直流電車でした。

モナコを出て、フランスに入ったとたんに列車はトンネルから出て再び地中海を見えはじめました。鉄道旅行者にはモナコの風景は見せないというトンネルでしたが、海越しにニースの街が近づいてくるのはわかり、車窓に市街地がひろがり、列車がスピードを落としてはじめ、13:50にNice ville駅到着しました。

SNCF・Z26500形交直流電車(Nice ville駅)
▲ニースビル駅に到着。SNCF・Z26500形交直流電車

このあたりの拠点駅だけに構内も大きくホームたくさんあって、TGVをはじめ機関車牽引の客車列車などいろいろな列車が止まっていました。駅舎も小さめですが、古い重厚なものでした。さっそく駅前の安宿街で宿探しで、今回は下記のホテル泊まりました。バカンスシーズンではないので1泊40EURで、小奇麗で愛想が良いホテルでした。

[2011.5訪問]

Hotel Normandie
18, rue Paganini - 06000 NICE - France

<【海外の鉄道】[フランス]ニースLRTは5月1日メーデー全面運休
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-5681.htmlに続く>

Nice ville駅
▲古く重厚なNice ville駅

|

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2013年2月号 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2013/02 No.206 »

海外の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/56688026

この記事へのトラックバック一覧です: 【海外の鉄道】[フランス]伊・仏国境を越えてモナコ経由でニースへ:

« 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2013年2月号 | トップページ | 【書籍】Today’s railways Europe 2013/02 No.206 »