« 【書籍】コンティネンタル・レイルウェイ・ジャーナルNo172 2013年冬号 | トップページ | 【自転車】霞ヶ浦ほぼ一周(土浦駅発着)by DAHON Dash X20 »

【自転車】[輪行]つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20

<実施日>H25.2.9(土)
<起点>水戸線・岩瀬駅(有人/自販機あり)
<終点>常磐線・土浦駅(有人/売店あり)
<距離>46.9km(岩瀬駅10:30/土浦駅15:30)

今年の冬は東北南部でも気温が低い上に降雪があり、初漕ぎがなかなかできません。天気予報を見ると2月の3連休の関東地方が良さそうなので、初漕ぎを兼ねて茨城方面へ遠征しました。

つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20
▲小さい駅ですが、有人駅です

初日は、水戸線岩瀬駅から土浦駅までの「つくばりんりんロード」を走破しました。この自転車道は、旧筑波鉄道の線路跡を利用したもので、元駅が休憩スペースなっているほか、ホームなどの遺構も残っていて、自分のような鉄道好きにはまさにもってこいのルートです。

つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20
▲つくばりんりんロード。緩やかなカーブが鉄道であったなごりです

水戸線を岩瀬駅で降り、自転車を組みますが、りんりんロードスタート地点は駅の裏にあたる南側で、これもその昔、筑波鉄道が駅の南側で接続した名残です。やはりここは、筑波鉄道とりんりんロードに敬意を表し、駅前からいったん自転車道起点までいってからスタートしました。

つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20
▲旧雨引駅を利用した「雨引休憩所」。トイレ完備です

岩瀬起点を出ると、鉄道線路であっただけに、ゆったりとした曲線で水戸線から離れてゆきながら南へと向います。勾配もほとんどなく、アスファルト舗装も良好なので、巡航できますが、元は踏切であったであろう交差する道路があり、場所によっては次々と現れ、徐行や停止などを繰り返すことになるのが玉にきずでした。

つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20
▲自転車道とはいわれていますが、自歩道なので散歩の歩行者もけっこういます

数キロおきある、元の駅は、駅舎こそありませんが、ホームがそのまま残されていて、鉄道があった頃を今に伝えてくれる遺構になっています。また、自転車道の休憩所としてベンチやトイレなども整備されています。このほか、沿線には桜の木が植えてあって、春にはとてもよさそうですが、花見客も相当多いかもしれません。

つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20
▲元踏切の線路跡もありました

鉄道跡だけに広域で車に邪魔されない良好な走行環境であるために、地元の方々の自転車利用も多いようで、高齢者でもママちゃりを使って数キロ~10kmぐらいは平気で移動に使っているようでしたし、通学生たちの利用も多く見かけました。自転車も走行環境を整えるとかかなり広域の移動手段になりえるということでしょう。

つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20
▲筑波山口から筑波山神社まで自転車で登りました

良好な走行環境の「つくばりんりんロード」ですが、唯一筑波山口の手間に、県道14号と合流する区間が1.5kmほどあります。一応自歩道が完備されていますが、今まで車の走行雑音がなかっただけに現実に戻ってしまいます。ちょうどこの区間にコンビニがありましたので、小休止しました。このコンビニは、サイクリストの休憩ポイントのようで、数台のロードバイクが停まっていました。

筑波山頂
▲筑波山頂から西側を見るとちょうど走ってきたルートが眼下に広がりました

コンビニのちょっと先から再び自転車道が整備されていて、走るとすぐに土浦との中間になる筑波山口バスターミナル(旧筑波駅)兼筑波休憩所に到着。せっかく来たので、筑波山へ上ることしました。筑波休憩所から筑波山神社までは約3km標高差200mの急坂を登りました。神社前のお土産屋に100円を払って駐輪して、さらにケーブルカーで頂上を往復しました。筑波山頂は気温0度を厳しい寒さでしたが、快晴ということで関東平野を一望できました。山頂から降りてきて、筑波山神社から一方的な下り勾配なので、一気に10分ぐらいで下ってきました。

つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20
▲鉄道が走っていれば、列車と筑波山のツーショットが撮れたに違いありません

再び筑波休憩所から「つくばりんりんロード」に入り、筑波山を左に見ながら土浦を目指します。このあたりは鉄道が走っていたら山と鉄道が綺麗に撮影できる名撮影地になりそうなカーブもありました。

筑波休憩所から直線区間が多なり、カーブで方向を処理して再び直線というやはり鉄道線路らしいルート取りとなっていて、民家から離れて田んぼやレンコン畑の中を走ります。そして常磐自動車道、国道6号線を越えると両サイドに民家が多くなり土浦市街地へ。市街地に入る歩行者や犬の散歩の人などが多くなり、交差する道路も多くなっています。

つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20
▲通学生たちの利用もけっこうあるようです

自転車道は、市街地なるとブツ切になることが多いように思いますが、りんりんロードは、撤去された鉄橋部分を除いて線路跡をトレースするように土浦駅前まできちんとつながっていまして、15:30に土浦駅に到着しました。

車に邪魔されることなく走れるのはたいへん魅力的な自転車道で、桜の季節にまた走ってみたくなりました。

つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20
▲土浦市街地になると住宅地が多くなります

つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20
▲土浦駅西口に到着!

|

« 【書籍】コンティネンタル・レイルウェイ・ジャーナルNo172 2013年冬号 | トップページ | 【自転車】霞ヶ浦ほぼ一周(土浦駅発着)by DAHON Dash X20 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/56782248

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]つくばりんりんロード(岩瀬→土浦)by DAHON Dash X20:

« 【書籍】コンティネンタル・レイルウェイ・ジャーナルNo172 2013年冬号 | トップページ | 【自転車】霞ヶ浦ほぼ一周(土浦駅発着)by DAHON Dash X20 »