« 【書籍】すばらしき国鉄遺産/塩塚陽介 | トップページ | 【書籍】鉄路100万キロ走行記/宇田賢吉著 »

【海外の鉄道】[香港]今回も完乗できず~新界の軽鉄(LRT)

<【海外の鉄道】[香港]久しぶりに二階建て電車を見に行く
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-d5e4.htmlの続き>

Lr_routemap_2


H25.1.1 香港の年越しイベントがあることは知っていたのですが、あまりの寒さと20万人の人出ということで行かず終いとなってしまいましたが、おかげで朝寝坊することなく元旦から、香港の元朗・屯門地区を走る軽鉄(LRT)の撮り鉄&乗り鉄に出かけました。

香港・軽鉄(元朗-大棠路)
▲元朗-大棠路間の交差点はドア側が撮影できる

香港の軽軌は、接続する地下鉄ができる前に九広鉄道の上水駅からバスに乗って元朗までやってきて、屯門まで数系統を乗ったことがあり、かなり久しぶりです。ホテルの油麻地から地下鉄銭湾線に乗り途中美孚で西線に乗り換えて元朗で降りると、地下鉄のターミナルとショッピングセンター、そしてLRT乗り場が整備されて立派な交通結節施設になっていました。

香港・軽鉄(元朗-大棠路)
▲更新車もたいぶ増えてきたようです(元朗-大棠路間)

元朗ターミナル付近で少々写真を撮ったあと、隣の停留所「大棠路」から天水園方面へいってみることにして761P系統で天逸へ。そこから706系統に乗り継ぎ一周して再び天逸へ。天逸からは大ループ路線をショートカットしている751系統を使い屯門地区の終点・友愛へ向かいました。天水園は高層住宅街となっていて、ここの大ループを走る環状系統は2両編成が多いようです。どの系統も混んでいて、銀座にあるショッピングモールへ向かう人が多いようでした。

香港・軽鉄(天逸)
▲天逸ターミナルのループ線で降り返す751系統

751系統の終点は友愛と電車には表示されているものの実際には、折り返しループ上に友愛停留所があるので、そのまま乗っていると再び天逸に戻ってしまいます。ループを回り終えて本線へ戻って最初の停留所となる「安定」で751系を降り、すぐにやってきた705系で屯門フェリーターミナルへ行きました。

当初の予定では、屯門フェリーターミナルからマカオへ遊びに行こうと思っていたものの、昨年秋に屯門・マカオルートは廃止されていました。ここのターミナルは全体が屋根で覆われていて写真も撮れないので、とりあえず出発間際の元朗行610系に乗車しました。この電車は、外が10度ちょっとしかないのに冷房が効いていて、車内が冷蔵庫のように寒く、最初は元朗まで行こうかと思っていたものの頭がいたくなってきて地下鉄兆康駅で下車しました。

香港・軽鉄(銀座)
▲706系統が天水の循環系統でほとんどが2両編成でした

結局軽軌乗りつぶしは、以前と今回を合わせても505、614、614P、615、616系統が残ってしまいましたので、次回のお楽しみにしました。

結局、マカオへは九龍からフェリーで向かいことにしました。

<【海外の鉄道】[香港]MRT東鉄線でちょっと撮り鉄
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-b88a.htmlに続く>

香港・軽鉄(屯門フェリーターミナル)
▲屯門フェリーターミナルは何線ものループで構成されています

|

« 【書籍】すばらしき国鉄遺産/塩塚陽介 | トップページ | 【書籍】鉄路100万キロ走行記/宇田賢吉著 »

海外の鉄道」カテゴリの記事

路面電車&LRT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/56563690

この記事へのトラックバック一覧です: 【海外の鉄道】[香港]今回も完乗できず~新界の軽鉄(LRT):

« 【書籍】すばらしき国鉄遺産/塩塚陽介 | トップページ | 【書籍】鉄路100万キロ走行記/宇田賢吉著 »