« 【鉄道】みちのく鉄道応援団・新年会に参加 | トップページ | 【鉄道】仙台市健康福祉事業団主催・短期講座「杜の都の鉄道の記憶」 »

【書籍】鉄道ダイヤ回復の技術

鉄道ダイヤ回復の技術

タイトルの通り、鉄道ダイヤが乱れたときにどうするのかにテーマを絞った本で、回復に絞った市販本はこれだけかもしれません。なかなか見ることのできない指令所のことや各事業者の回復させるための手法やシステム事例などもあります。専門的はありますが、鉄道ファンのコア層ならば問題なく読むことができると思います。

ほとんどが理論的な解説ですが、ところどころに出てくるダイヤ乱時の指令の心理などは、当事者しかわからないことなので、面白い点のひとつでした。もし列車の遅れや不通に遭遇したときは「自分が指令ならどうするか」なんてことも考えることができるようになる一冊かもしれません。

編著:電気学会・鉄道における運行計画・運行管理業務高度化に関する調査専門委員会
定価:2500円+TAX
単行本(ソフトカバー): 228ページ
出版社: オーム社 (2010/8/6)
ISBN-10: 4274209148
ISBN-13: 978-4274209147
発売日: 2010/8/6
商品の寸法: 21.3 x 15 x 1.6 cm

目次
1 列車ダイヤと運行管理
 1.1 列車ダイヤの重要性
  1.2 鉄道の運行計画とは
    1 列車ダイヤ(列車計画)―運行計画の中心
    2 車両運用計画
    3 乗務員運用計画
    4 構内作業計画
  1.3 列車ダイヤはどのように作られるか
  1.4 基本計画と実施計画
  1.5 運行管理とは―列車を動かす
    1 列車と信号
    2 進路制御とその歴史
参考文献
2 事故が起こればダイヤが乱れる
  2.1 ダイヤ乱れの増加?
  2.2  ダイヤ乱れの分類―大乱れ、中乱れ、小乱れ
  2.3  小乱れの発生
   1 停車時間が延びたとき
   2 接続待ちによる遅延の波及
   3 平面交差(交差支障)による遅延の波及
  2.4 中乱れの発生
   1 朝ラッシュ時間帯の遅延の拡大
   2 線路内への人の立ち入り
   3 踏切障害物検知装置の動作
   4 隣接線区での事故の発生
   5 比較的軽微な車両故障
   6 比較的軽微な設備故障
  2.5 大乱れの発生
   1 比較的少数の列車に大きな乱れが発生したことが原因となる場合
   2 多数の列車に大きな乱れが生じるケース
   3 乗客の救出
参考文献
3 ダイヤの乱れを検知する
 3.1 早期検知の重要性
 3.2 ダイヤの乱れを検知する方法
  1 列車無線、指令電話による方法
  2 携帯電話による方法
  3 障害発生の検知:システムからの情報
 3.3 ダイヤ乱れが指令室に伝わるまで
  1 設備の監視装置からの情報
  2 車両関係の監視装置からの情報
  3 映像情報の活用
4 ダイヤの乱れに対処する
 4.1 運転整理とは
  1 ダイヤ変更の内容
  2 運転整理の実施―指令室の業務
 4.2 運転整理の具体的方法―小乱れ、中乱れ、大乱れ
 4.2.1 小乱れへの対処方法
 4.2.2 中乱れへの対処方法
   1 1本の列車だけが遅延している場合の運転整理 
   2 複数の列車が遅延している場合の運転整理
   3 中乱れ運転整理時に考慮すべき制約
 4.2.3 大乱れへの対処方法
   1 大乱れ時の運転整理
   2 大乱れ時の運転整理の手順
参考文献
5 まずは情報を―乗客への案内
 5.1 ダイヤ乱れ時にほしい情報
 5.2 正常運転時の案内
 5.3 事故発生時のダイヤ乱れ時の案内―現状の課題
 5.4 現在の鉄道会社の取り組み
  1 ソフト面での取り組み
  2 ハード面での取り組み
 5.5 今後の展開
6 事故は現場だけではない―指令室での業務
 6.1 運行管理システムに対する各社の考え方
 6.2 各社の司令室
  1 東日本旅客鉄道 東京総合指令室
  2 東京地下鉄 総合指令所
  3 阪神電気鉄道 運転指令室
  4 京王電鉄 鉄道総合指令センター
  5 京急電鉄 総合司令所・金沢文庫運転区
  6 首都圏新都市鉄道 総合指令所
  7 東京空港交通 運行管理室
参考文献

7 運行管理システムにより支援―技術開発の経緯と現状
 7.1 運行管理業務のシステム化
  1 システム化の経緯と基本機能
  2 構成要素
  3 機能構成
 7.2 ダイヤ乱れ時の運転整理
  1 ダイヤ管理
  2 列車運行の予測
  3 運転整理案の自動作成
  4 システム化の現状
 7.3 指令室から現場へ
  1 列車運行情報のリアルタイム配信
  2 通告伝達システム
 7.4 乗客への案内情報提供
 7.5 列車運行障害に対する取り組み
  1 自然災害への対策
  2 踏切事故への対策
8 ダイヤ乱れに強い運行管理システムをめざして―現状の課題と今後の方策
 8.1 小乱れ時の現状の課題と今後の方策
 8.2 中乱れ時の現状の課題と今後の方策
  1 中乱れ時の運転整理に関する現状の課題
  2 中乱れ時の運転整理の考慮点―運転整理の心がけ
  3 中乱れ時の運転整理支援の高度化に向けて
 8.3 大乱れ時の運転整理の現状の課題と難しさ
  8.3.1 大乱れ時の課題
   1 利用者から見た問題点とその要因
   2 案内・情報提供についての問題点
   3 運転整理業務に関する問題点
   4 現業の対応に関する問題点
  8.3.2 大乱れ時の運転整理の特徴と難しさ
  8.3.3 大乱れ時の対処にあたって考慮すべきこと
  8.3.4 鉄道事業者の現状の努力
9 大乱れ時の運転整理支援の高度化に向けて
  ―今後の方策:スジを見る整理から利用者を見る整理へ
 9.1 運転整理の評価とダイヤ乱れ時に乗客が取るべき行動支援について
 9.2 業務進め方と事業者側の考え方の変更の可能性
 9.3 状況把握とその支援の問題について
 9.4 運転整理自体の高度化の問題について
 9.5 設備や計画ダイヤとの関係について
10 あとがきにかえて
 10.1 何を論議し何がわかったのか
 10.2 運転整理に特化することになった経緯
 10.3 委員会の検討結果から得られたもの
 10.4 残された課題

索引

|

« 【鉄道】みちのく鉄道応援団・新年会に参加 | トップページ | 【鉄道】仙台市健康福祉事業団主催・短期講座「杜の都の鉄道の記憶」 »

書籍」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/56635850

この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】鉄道ダイヤ回復の技術:

« 【鉄道】みちのく鉄道応援団・新年会に参加 | トップページ | 【鉄道】仙台市健康福祉事業団主催・短期講座「杜の都の鉄道の記憶」 »