« 【書籍】鉄道建築ニュース2013年1月号(No758) | トップページ | 【鉄道模型】HOゲージ/香港の2階建路面電車をお土産に買う »

【海外の鉄道】[香港]イミグレを越えて新圳半日散歩へ

<【海外の鉄道】[香港]香港MTR駅のサイン
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-f877.htmlの続き>

香港・東鉄線太和駅
▲東鉄線太和駅の行き先表示、交互にやってくるので便利でした

H25.1.2 午前中に香港鉄道博物館を見から、のマーケットを抜けて大埔墟駅隣太和駅まで歩き、せっかくなのでイミグレを越えて新圳へいって地下鉄に乗ってみることにしました。以前、鉄道でアクセスするには羅湖-新圳だけでしたが、いつの間にか上水駅から落馬洲駅までの枝線ができるので、行きはそちらから、帰りは羅湖とコースにしました。

T_dsc_7252
▲落馬洲駅。電車を降りた乗客が急ぎ足でイミグレへ

落馬洲へは支線なので、区間運転なのかと思っていましたら、紅磡方面から羅湖と落馬洲行きが交互にやっていて、1本見送って乗車、所要20分で到着しました。駅は羅湖と同様に駅からイミグレ方面にしか行くことができないようになっていると思っていましたら「出」という表示があるので、駅から出られるかもしれません。

香港側で出国して、屋根付きの橋を渡って新圳で入国。橋を境に漢字のスタイルが変わりますので中国に来たなという感じがします。前日、マカオにいったときは年末年始ということで、日本人がたくさんいましたが、昨今の日中関係を反映してか日本人は私ひとりだけで、手続きはすぐに終わってしまい、所要時間のほとんどは構内の徒歩分でした。

T_dsc_7258
▲新圳地下鉄の料金&路線図。ずいぶんと増えてものです・・・

中国側は、建物と地下鉄福田口岸駅隣接していてすぐに乗り換えが可能です。ここから地下鉄で華僑城まで行き、ベタな観光地「中華民族文化村」にいってみました。予想はしていましたが、各駅にホームドアが付いているので車両はまったく撮ることができず、非常に残念でした。

民俗文化村ですが、その昔、新圳ビザが必要な時代に来てみようと思ったことがあるのですが、当時は地下鉄もなく羅湖からアクセスが遠いので断念した過去があります。あまり期待はしていなかったのですが、中国各地のどちらかという少数民族の建物保存や民俗紹介などがあって中国版リトルワールドでした。ミニチュア展示なんかよりこっちの方がおもしろいです。ついでに、園内なので混み合うこともなく、ゆっくりと食事をしてビールも飲んできました。

T_dsc_7261
▲新圳地下鉄のつり革。透明プラスチックでした

華僑城駅から再び地下鉄に乗り老街駅で下車しました。ここで繁華街をぶらついてから、さらに羅湖駅まで歩いて、そこで再び点心物とビールを呑んでしまい新圳半日散歩が終了しました。

帰りは羅湖イミグレを抜けて、東鉄線から地下鉄経由油麻地駅まで帰ってきました。翌日は午前の飛行機で帰国ですので、実質の最終日でした。

T_dsc_7274
▲新圳地下鉄は自動改札。華僑城駅

T_dsc_7267
▲中華民族文化村と周辺をぐるっとまわるモノレールもありました

T_img_0739_3
▲園内には日本人の姿を見かけません

T_img_0745
▲駅で時刻表を買って、それを見ながら点心とビール

|

« 【書籍】鉄道建築ニュース2013年1月号(No758) | トップページ | 【鉄道模型】HOゲージ/香港の2階建路面電車をお土産に買う »

海外の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/56604373

この記事へのトラックバック一覧です: 【海外の鉄道】[香港]イミグレを越えて新圳半日散歩へ:

« 【書籍】鉄道建築ニュース2013年1月号(No758) | トップページ | 【鉄道模型】HOゲージ/香港の2階建路面電車をお土産に買う »