« 【書籍】SUBWAY&LIGHT RAIL in the U.S.A/VOL2 THE WEST | トップページ | 【自転車】初の飛行機輪行(羽田・高知)by DAHON DASH X20 »

【自転車】DAHON DASH X20 ステムのキャップボルトは入手困難なM7

DAHON DASH X20 ステム

輪行するときは、基本的にドロップハンドルが邪魔になるので、はずして輪行袋に入れています。ステムのキャップボルトを緩めてはずすことになりますが、輪行のたびに緩めと締めを繰り返していたこともあって、少々くたびれてきていました。

12/21から四国ツーリングに行くこともあり、キャップボルトを交換しようと思いたったものの、簡単に考えていましたがこれが意外に大変で、結論から言いますと今だに交換できていません。

デジタルノギスで測定してみると、ボルトの幅7mm。ネット調べてみると、なんとJIS規格外!業務用ネジ問屋やネジ専門のサイトなどでもM7のキャップボルトはありませんでした。ということで、DIYでの入手はほとんど絶望となりました。そういうこともあり、毎度おなじみの「シクロやまぐち」さんへ相談いったところ、ステムのボルトだけというのは取り寄せ不可なんだそうで、ストックから探してみるとのことでしたが、見つからず・・・。

DAHON DASH X20 ステムのボルト
▲DAHON DASH X20のステムのキャップボルト

DAHON代理店へ問い合わせをしてみたところ、やはりボルトだけの取り寄せは不可で、市販品を使ってほしいとのことで、M7でピッチ1mmという回答をもらいました。

ネットで調べてみると、アマゾンでM7のアルミ製キャップボルトを1800円で売っていましたので、ものすごく高いと思いましたが3個購入。これでなんとかなるかと思ったら、ステム側の入り口の穴が10mmに対して、購入したキャップボルトのヘッド幅12mmとなっていて、ボルトがきちんと入ってくれずステムが固定できず終いとなっています。

購入したボルトを少し削るしか方法しかなさそうですが、こちらの作業はこれからということでしばらくは、現在のボルトを大事に使う必要がありそうです。ということで四国ツーリングは既存ボルトで出かけました。

同じケースの方がいるとは思うのですが、どうしているのでしょうか・・・

|

« 【書籍】SUBWAY&LIGHT RAIL in the U.S.A/VOL2 THE WEST | トップページ | 【自転車】初の飛行機輪行(羽田・高知)by DAHON DASH X20 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

調べましたが、製作するしかないと思います。ネットで調べると図面を出せば作ってくれるところはあるみたいです。値段はわかりませんが結構すると思います。アルミ製のボルトはやめておいたほうがいいと思います。何度も取り外しているとネジ山が潰れてきますし、最悪折れる恐れがあります。折れると残骸を取るのが大変です。少なくとも金属製のボルトをおすすめします。来週から出張なの2月になれば物見せてもらえば図面作成可能です。

投稿: nobu | 2013年1月 8日 (火) 22時06分

nobuさん
こんばんは。
やはりダメですか・・・・。
それと代用品として購入したアルミボルトは強度不足ですかぁ。
1本1800円もして3本も買ってしまいましたが、使えないとは(涙

やっぱり最終的には製作なんですね。
出張後に現物見せませすので、図面よろしくです。

ダホンのほかの車種はM7ボルトって使っていないのですかね。
最悪はステムごと交換になってしまうのかもしれませんね。

そういえば、中国では売っていないのでしょうか?

投稿: へっち(管理人) | 2013年1月 8日 (火) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/56485104

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】DAHON DASH X20 ステムのキャップボルトは入手困難なM7:

« 【書籍】SUBWAY&LIGHT RAIL in the U.S.A/VOL2 THE WEST | トップページ | 【自転車】初の飛行機輪行(羽田・高知)by DAHON DASH X20 »