« 【海外の鉄道】ジュネーブからミラノへの鉄道の旅 | トップページ | 【その他】特別展江戸の旅~たどる道、えがかれる風景/仙台博物館 »

【自転車】古豪MuddyFox(MF26EXP-K)をL-100輪行袋に入る

MuddyFox(MF26EXP-K)のをL-100輪行袋に入る
▲古豪MuddyFoxもオーストリッチL-100に収まりました

これまで、輪行なしの街乗り専用になっていたMuddyFox(MF26EXP-K)ですが、先日ヘッドセットやハンドル周りがリニューアルされて好調なので輪行してみたくなり、まずは練習ということで、オーストリッチのL-100に入れてみました。

フレームとタイヤをはずし、エンド金具を取り付け、フレームの養生をしますが、日ごろ折り畳みのDAHON DASH X20でやっていますので、それほどの手間ではありませんでした。そしてフレームをタイヤで挟み込むように3カ所で結びます。最後は袋に入れながら、ショルダーベルトをセットしてします。

T_20121110_122136
▲袋をかぶせるとピチピチですが、まったく問題ありません。むしろ本体の重さです

当たりや調子などを見ながらやったので20分ほどかかりましたが、慣れれば時間は短縮してくると思います。今回は、フレームとタイヤの結び方にはちょっといいかげんでしたので、徐々にレベルアップしたいところです。

MTBを袋に入れるのは、「ちょっと手間かな」と思ったのですが、DAHON DASH X20もハンドルをはずして輪行していますので、手間はほとんど変わらないようです。

袋の運びやすさも良い感じですが、クロモリのMuddyFox(MF26EXP-K)だけに「重量感」の方が気になりました。ほとんどの部品が改装して軽量化を図ったMTBですが、DAHONの軽さに慣れているだけにこの点はやはり気になるところです。

近いうちに輪行して、まずはどうなのかをチェックしたいと思います。

|

« 【海外の鉄道】ジュネーブからミラノへの鉄道の旅 | トップページ | 【その他】特別展江戸の旅~たどる道、えがかれる風景/仙台博物館 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/56083915

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】古豪MuddyFox(MF26EXP-K)をL-100輪行袋に入る:

« 【海外の鉄道】ジュネーブからミラノへの鉄道の旅 | トップページ | 【その他】特別展江戸の旅~たどる道、えがかれる風景/仙台博物館 »