« 【駅を旅する】(1)駅名すらない・・羽越本線・女鹿駅(山形県) | トップページ | 【自転車】[輪行]くりでん寄道ツーリング(石越/本塩釜)By Dahon Dash x20 »

【海外の鉄道】[ボスニア]サラエボ発サグレブ行396列車

<【海外の鉄道】[ボスニア]国際列車日帰りの旅-サラエボ・プロチェhttp://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/--39de.htmlの続き>

観光・街歩きのほかボスニア鉄道・サラエボ市電もチェックできて、楽しかったボニスアですが、いよいよ最終日。本日は、サラエボから隣国クロアチアのザグレブまでの国際列車に乗り、さらにザグレブからベネチア行きの夜行列車に乗継ぎイタリアへと向かうことになります。

サラエボ発サグレブ行396列車
▲10:30にプロチェから2両編成でサラエボに到着した396列車

乗車する396列車のルートは、サラエボから山岳地帯を北上してドボイに向かい、そこから西へと進路を取り、バニャ・ルカ、そしてノビ・グラードを経由して国境を越えクロアチア・ザグレブへと向かいます。ひとつの国ではありますが、サラエボ周辺は、ボスニア鉄道、ドボイの手前からはスルプスカ共和国鉄道になっています。ほぼ終日、ボスニア・ヘルツエゴビナ国内を走りますので車窓を十分すぎるぐらい楽しめます。

<参考>2010春・夏のトーマスクックの時刻表では
プロチェ・・06:20発
サラエボ・・10:00着10:27発
セニガ・・・11:47発
ドボイ・・・13:20着13:29発
バンジャ・ルカ・・・15:29発
ノビグラード16:57発
ザグレブ・・20:05着

<路線図は下記にあります。【海外の鉄道】[ボスニア]鉄道の概要
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-cbd5.html

サラエボ発サグレブ行396列車
▲サラエボ到着後、機関車と1等車1両が最後尾に連結されて3両で出発

ザグレブ行396列車が10:30にサラエボ駅に441型交流機関車(ボスニア鉄道所属)に引かれて2両編成で到着しました。さっそく隣で待機していた441形+1等客車1両が転線してきて最後尾に連結。サラエボ駅はスイッチバックとなるため、プロチェからの機関車をそのまま置いて、ここで連結された交流電気機関車を先頭に1等1両(サラエボ増結車)、1・2等合造車1両、2等車1両計3両編成でザグレブへ向かうことになります。長距離国際列車ですが食堂車やビュッフェなどはありませんでした。

サラエボ発サグレブ行396列車
▲途中の駅ではけっこう人が乗り降りがあります

今回は長時間の乗車なので1等にしょうと思い窓口に行ったものの「車内設備は同じだから」とかなり強く2等を勧められ、仕方がなく2等に。やってきた列車を前にしてみると不思議なことに1等比率が高く、しかもそちらが空いています。なんとか、最後部2等車の中央付近にあるコンパートメントに陣取りましたが、1等の方がやはりよかったと思った後悔。要するに親切な窓口嬢は、リュックを背負った東洋人の男に「あなたは1等車にふさわしくないのよ」ということを教えてくれたのだと思います。

サラエボ発サグレブ行396列車
▲機関車交換をしたドボイ駅。スルプスカ共和国なので、キリル文字が見えます

10:45にサラエボを出発。サラエボ市街地もすぐに終わり、車窓には山岳風景が広がります。日本の鉄道と同じくように、川に沿って右に左にカーブしながら走るところが多く、それほどスピードはでませんが、安定した速度で走り、窓も空きここちよい風も入ってとても快適です。時々、通過する小さな駅は通過してゆきますが、有人であることが多くホームでは職員が列車を見送る姿も見かけました。

サラエボ発サグレブ行396列車
▲ザグレブ発プロチェ行き(たぶん)の姉妹列車と交換

サラエボから約1時間半で、サラエボとの区間列車も設定されているゼニカに到着。既にトーマスクック時刻表からは20分遅れとなっていました。この駅からしばらく走るとスルプスカ共和国内となるはずですが、モンテネグロからボスニアに入ったときもそうなんですが、現地人には二つの共和国の違いというものは歴然なんでしょうが、日本人にはその大きな違いは感じされません。たぶん探せば「ここからスルプスカ共和国」とか書いてあるのかもしれません。

サラエボ発サグレブ行396列車
▲工事区間は、電気機関車付きの列車のまま電気式ディーゼル機関車で牽引

スルプスカ共和国に入って最初の拠点駅ドボイに13:43に到着。ここでボスニア鉄道の機関車からスルプスカ鉄道所属へ交換しましたが、色が変わるだけでやはり441形で面白みは書けます。

列車、この駅から地図でいうとボスニア・ヘルツエゴビナを横に移動することになります。北部はクロアチア国境に向かって、縦に大きな川が走っているケースが多く、街道のそれに沿うルートが多いようですが、ドボイからそれを横断するような感じとなるため、山を次々に越えてゆきます。これまでの大きな川に沿うのではなく、支流のようなところを走るケースが多くなりました。

サラエボ発サグレブ行396列車
▲国境の街・ノビグラードに到着。道路はここが国境らしい

スルプスカ共和国鉄道の本拠地のあるバンジャ・ルカを出てから30分経ったころ森の小さな駅で突然停車しました。窓から顔出して、前方確認すると電気機関車はパンタグラフを折り畳んでいます。どうしたことかと思っていると、電気式ディーゼル機関車が表れ、先頭に連結されました。そして、何事もなかったかのようにDLが煙を上げて出発しました。どうやら工事のために送電停止にしているようで、対象区間だけをこのようにパスさせる柔軟さは欧州で良く見かけるやりかたで感心します。

サラエボ発サグレブ行396列車
▲ボスニア最後の駅DOBJIN。乗客の乗り降りはなく、手続きだけでした

いよいよ、列車はボスニア・ヘルツエゴビナとクロアチア国境の町ノビ・グラードに日も傾きかけた17:30到着にしました。機関車交換の後、列車の写真を撮っていないので、運転手に「ちょっと出発を待ってくれー」と合図、「早くしろ」といわれながら先頭の写真を撮影させてもらい、自分が乗ったところで17:35出発しました。

駅を出ると今まで違って、幹線からいっきにローカル支線のような雰囲気の線路となりスピードもダウン。国境となっている川沿い15分走ったところでボスニア・ヘルツエゴビナの最後のDOBJIN駅に到着しました。ここで係員が乗り込んで来てパスポートチェック、ノビ・グラードで大勢の乗客が降りてしましったので手続きは10分ほどで終了し18:00に列車はクロアチアへと動きだしました。

サラエボ発サグレブ行396列車
▲ボスニアヘルツエゴビナ・クロアチアを隔てる川を渡る396列車

徐行のような速度で走り5分、国境となっている川を渡ってクロアチアへと入ると、すぐに駅構内が見えて、警備員が待つVOLINJA駅に着きました。今度は、クロアチア側のパスポートコントロールとなります。各車内で手続きをしている一方で、ドボイから牽引してきたスルプスカ共和国鉄道の441形機関車もここでお別れ。切り離されて、変わって青を基調としたクロアチア国鉄の1141形(441形を同系)機関車に交換されました。長く停車するのかなと思っていると10分ちょっと停車だけで18:22にザグレブへと出発しました。隣には電車も停車していて、ここまでザグレブまでの国電が走っているようです。

サラエボ発サグレブ行396列車
▲クロアチアの入国手続きをするVOLINJA駅。ザグレブ行国電が見えます

夏の欧州ですので、18時を過ぎてもまだ明るく何か所かに停車して、ようやく暗くなり始めた20:05にザグレブ駅に到着。途中、ボスニアヘルツエゴビナ国内では20~30分遅れて走っていた感じでしたが、ザグレブ到着はなんとピタリと定時でした。

本来であれば、ザグレブで1泊したところですが、以前に来てきているので、先を急ぎます。この駅でしばらく時間をつぶし、ハンガリー・ブラペストから来る23:35発イタリア・ベネチア行EN240でベネチアへ行へ向かいました。ベネチアではメストレ駅で下車して、さらにLRTが開業したばかりのフィレンツエへと乗り継ぎました。

[2010.05現地訪問]

<【海外の鉄道】[イタリア]フィレンツェLRTを見るために寄り道
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-4af1.htmlに続く>

ベネチアメストレ駅の乗り換えは
【海外の鉄道】〔イタリア〕乗り換えに便利なベネチア・メストレ駅
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-fa5b.html

サラエボ発サグレブ行396列車
▲VOLINJAでスルプスカ共和国の機関車が切り離されて戻って行きます

サラエボ発サグレブ行396列車
▲ボスニアでの遅れをなんなく解消して2005にザグレブ駅に定時着

ベネチア行きEN240列車(ザグレブ駅)
▲ブタペスト発ベネチア行きのEN240にザグレブ(2335発)から乗車

ベネチア行きEN240列車(ベネチア・メストレ駅)
▲一夜明けて07:05ベネチア・メストレ(イタリア)に定時着です

|

« 【駅を旅する】(1)駅名すらない・・羽越本線・女鹿駅(山形県) | トップページ | 【自転車】[輪行]くりでん寄道ツーリング(石越/本塩釜)By Dahon Dash x20 »

海外の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/55603649

この記事へのトラックバック一覧です: 【海外の鉄道】[ボスニア]サラエボ発サグレブ行396列車:

« 【駅を旅する】(1)駅名すらない・・羽越本線・女鹿駅(山形県) | トップページ | 【自転車】[輪行]くりでん寄道ツーリング(石越/本塩釜)By Dahon Dash x20 »