« 【自転車】[輪行]日本海&鳥海山眺望ツ-リングbyダホン・ダッシュx20 | トップページ | 【海外の鉄道】[ボスニア]サラエボ発サグレブ行396列車 »

【駅を旅する】(1)駅名すらない・・羽越本線・女鹿駅(山形県)

酒田から羽後本庄までの自転車ツーリング際に秘境駅ともいわれている羽越本線・女鹿駅に寄ってみました。

羽越本線・女鹿駅(山形県)
▲国道7号線の入り口にあった看板。車では確実に見落とすことでしょう・・・

この駅は本線にありながら秘境駅ともいわれていますが、普通列車の大部分も通過することから一日の停車本数もわずかに5本となっています。この駅はもともと女鹿信号所ということで列車の行き違いのための施設だったものを昭和62年に駅に昇格させて客扱いをするようになったようです。朝2本の酒田行きと午後3本の秋田行きだけが停車するので、酒田への通学の足を確保した停車パターンのようです。

羽越本線・女鹿駅(山形県)
▲道のドン詰まりにある女鹿駅舎。駅名表示はありませんでした

待合室になっている駅舎には、線路側にこそ「女鹿」と書いてありますが、外側には看板も何もないので初めての人はこの建物が何なのかわからないかもしれません。

駅周辺には人家はまったくないものの海沿いには集落があります。以前は海岸の国道から林道のような道が駅まで来ていたようですが、国道7号線のバイパス開業によって国道から数十メートルで駅に来れようになってしまいした。

しかしながら秘境駅ムードは十分あり、いつ廃止になってもおかしくない雰囲気でした。

羽越本線・女鹿駅(山形県)
▲上下合わせて5本、ここから酒田への通学の足が確保されているようです

羽越本線・女鹿駅(山形県)
▲駅舎の線路側には表示。女鹿信号所の後ろ3文字を消したままです

羽越本線・女鹿駅(山形県)
▲元信号所ということで行き違い施設があります

羽越本線・女鹿駅(山形県)
▲上りホーム(酒田方面)から駅舎を見る

羽越本線・女鹿駅(山形県)
▲上り・下りのホームは警報機のない踏切を渡りますので安全確認は必需です

|

« 【自転車】[輪行]日本海&鳥海山眺望ツ-リングbyダホン・ダッシュx20 | トップページ | 【海外の鉄道】[ボスニア]サラエボ発サグレブ行396列車 »

駅を旅する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【駅を旅する】(1)駅名すらない・・羽越本線・女鹿駅(山形県):

« 【自転車】[輪行]日本海&鳥海山眺望ツ-リングbyダホン・ダッシュx20 | トップページ | 【海外の鉄道】[ボスニア]サラエボ発サグレブ行396列車 »