« 【海外の鉄道】[ボスニア]国際列車日帰りの旅-サラエボ・プロチェ | トップページ | 【鉄道】由利高原鉄道へ駅スタンプを持って行く »

【自転車】[輪行]北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20

<実施日:H24.8.16(木)
<起点>東北本線・盛岡駅(有人駅/売店多数)
<終点>東北本線・平泉駅(有人駅/売店あり)
<距離>101.6km(盛岡駅11:00発/平泉駅18:00着)

昨年秋に平泉から北上川に沿って石巻までツーリングをしていますので、それをつなげる意味で、盛岡から平泉まで北上川の東側のルートを使ってツーリングをしました。

<参考>【自転車】北上川リバーサイドツーリング平泉⇒石巻(輪行/DAHON-DASH-X20)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/dahon-dash-x20-.html

盛岡と平泉の間は、国道4号線を通るのが距離的にも短く、勾配も少ないのですが天下の1ケタ国道ということで交通量が非常に多いことは予想され、ここを丸一日走ることはまったく魅力的ではありません。その変わり国道1本道ではありませんが、国道と県道を乗り継いでゆくと、北上川にほぼ沿うように東側にルートがあり、また一部は自転車道を利用して平泉までを走ることが可能となりますので、このルート選択しました。今回のルート詳細はルートラボをクリックしてもらえると分かりますが、国道396号~456号~283号~花巻温泉北上自転車道~県道14号となりますが、自転車ナビなどをこのルートを提示することはなく、ところどころで設定し直しが必要ですが、分かりにくいルートではありませんので、ナビなしでも十分かもしれません。

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲雨がぱらついてきましたが11:00盛岡駅をスタート

当日の盛岡駅、あいにく小雨ですが、にわか雨なのでかまわずスタートしました。さっそく北上川を渡り、沿いに市街地を走り旧釜石街道といわれる国道395号線へ。三ケタ国道ですが、盛岡都市圏だけに片側2車線となっていて交通量も多いく、しかも片側2車線も長く続きません。しばらくすると片側1線へ。盛岡から釜石への最短ルートということで、交通量は減ることがなく、常に車に抜かされている感じですが、お盆休みで大型車が少ないことが救いでした。

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲国道395号の片2車線区間

紫波町に入って、国道395号と456号の分岐まで地点から国道456号へ進みました。車の大部分は釜石方面への395号に流れてゆくので、分岐を境に目に見えて交通量が減ってきました。しかし、今度はアスファストが轍状に波打っていて、車が来て歩道に寄ると少々走りにくくなっているところが多く、しかも道路下のNTTの回線が埋設されているようで一定間隔でマンホールがあり、時には段差がありましたので気をつかいました。本日考えたルートとNTTも同じことを考えたのかどうかわかりませんが、平泉までマンホールが続いていました。

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲一定間隔でやってくるマンホール。逆車線にはないようで南行き車線のみあります

今回の北上川の沿う東側ルートは、思いのほか川が見えず、花巻までまったく見えません。花巻から北上までの自転車を通って、こちらでようやく間近で川が見えましたが、川の近く走っても雑木林の間からちらほら見える感じで、この傾向は平泉までかわらず、本当に川を見ながら走れるのは平泉以南となります。また、このルート上は観光地が多いようで、花巻市博物館、宮沢賢二童話村・記念館、利根山光人記念美術館、サトウハチロー記念館、みちのく民族村、そのほか神社仏閣、偉人賢人の記念碑などもたくさんありましたが、今回はすべてパスしております。

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲途中で見つけたひまわり畑で

新幹線の新花巻駅の先にあるコンビニで昼食を取ったあと、ちょっとだけ期待している北上川の堤防や河川敷を利用した「花巻温泉北上自転車道」へとルートを取りました。舗装はされていますが、舗装の割れ目からの雑草、落ち葉が散乱して、沿道の木が生い茂っているなどあまり手入れがされていないようでした。それでも道路を走るよりはずっと快適で、本来であれば終点は北上の展勝公園まで行きたかったのですが、その手前の日高見橋で通行止めとなっていて、やむなく県道14号へとルート変更しました。

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲雲の多い天気でしたが気温はそんな上がらずよかったです

奥州市江刺区(旧江刺市)へ入ましたが、天気はすっかり良くなって暑さもキツくなってきました。東北新幹線・水沢江刺駅で小休止して、水分補給をして、平泉に向けてラストスパート。鼻息荒くスタートしたものの、江刺区から先の県道14号は北上山地の縁を走るようになるため、小刻みにアップダウンの繰り返し。上がったと思うと下り、下るとすぐ上りとなるなど、モチベーションが少々ダウン、最後なのでゆっくりペースで見晴のよいところなど写真を撮りながら走りました。

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲花巻温泉・北上自転車は、堤防と河川敷を使っています

16:40に昨年走った県道206と14の交差点に来て、平泉へと左折。途中、北上川に掛かる橋の下には田んぼアートがあってこれを眺めて、17:00に平泉の「悠久の湯」(駅から自転車で5分)に到着。ゆっくり汗をながして休憩してから平泉駅に18時到着となりました。

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲自転車ではところどころで川が間近に見えました

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲東北新幹線を見ながら旧江刺市へ

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲東北新幹線水沢江刺駅で休憩

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲県道14号を北上山地の縁を走るので一段高くなっていて、遠くに水沢や前沢の街が見えました

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲18時無事に平泉駅に到着。すっかりリニューアルされていました

北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20
▲18:26発の一ノ関行きで帰路につきました

|

« 【海外の鉄道】[ボスニア]国際列車日帰りの旅-サラエボ・プロチェ | トップページ | 【鉄道】由利高原鉄道へ駅スタンプを持って行く »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/55456395

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]北上川東ルート(盛岡→平泉)byDahon・DASHx20:

« 【海外の鉄道】[ボスニア]国際列車日帰りの旅-サラエボ・プロチェ | トップページ | 【鉄道】由利高原鉄道へ駅スタンプを持って行く »