« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

【書籍】新幹線とリニア 半世紀の挑戦/村串栄一

新幹線とリニア

 少々思い込みが強いところもありますが、新幹線とリニアのエピソードを知るには読んでみてもよかもしれません。終章は個人の意見がほとんどですので、情報収集が目的だと飛ばしてもよいかも・・・

新幹線とリニア半世紀の挑戦
 世界に冠たる「安全思想」はどう構築されたか

定価:1500円
単行本: 297ページ
出版社: 光文社 (2012/1/18)
言語 日本語
ISBN-10: 4334976700
ISBN-13: 978-4334976705
発売日: 2012/1/18
商品の寸法: 19.3 x 13.2 x 2.5 cm

<目次>
はじめに
序章 衝撃の東日本大震災
 「東北新幹線は、もう、だめか!」―乗客も列車も無事だった
 ・あのとき、19本が走っていた
 ・5秒の余裕を生んだ地震計
 ・通常ダイヤでの開通は半年後
第1章 日本高速鉄道の実相を探る
 槌音響く深夜の東海道新幹線線路―保守・点検に毎夜3000人が出勤
 ・難物、ロングレール更換
 ・管内全線を徒歩で目視
 ・架線張替の妙技
 運行本数、一日300本以上―緻密ダイヤ支える安全装置
 ・盛り土路盤の試練
 ・ATC機構の威力
 ・新幹線東京総合指令所
 ・保守作業車の威力
 ・死傷事故ゼロの誇り
 東海道新幹線開業前夜―東京五輪開催に間に合わせろ!
 ・先駆者たちへの風圧
 ・下着きは弾丸列車に
 ・骨肉の軌間論争
 ・別新線、広軌で行く
 ・国鉄三大事故の教訓
 晴れて開業したものの―軌道安定化への闘い
 ・手直しまた手直し
 ・知恵袋の鉄道総研
 運転士の時間割は15秒単位―緊張の新幹線初運転
 ―エピソード 列車遅延感覚
第2章 想定外に備えた安全思想
 新潟県中越地震と上越新幹線―列車を守った高架補強対策
 ・ブレーキレバーを握りしめ
 ・高架橋柱が崩れていたら
 ・全線神話の再認識
 ―エピソード 新宿基点
 JR西日本の僥倖と悲劇―阪神・淡路大震災と福知山線事故
 ・不備凝縮の脱線事故
 ・事故が語りかけること
 新幹線の世界伝播―安全・安定走行への信頼
 ・国内も300キロ超の時代に
 ・260キロの制限区間も
 ・軌間可変電車の開発
 ・多難な北陸新幹線
 ―エピソード 110キロ制限
第3章 中国・温州事故の悲劇
 追突事故の顛末―転落した「世界一」の高速鉄道
 ・昼食に弁当も
 ・威信が暗転した日
 ・驚くべき行動
 ・立ち上がった中国市民
 拙速な高速鉄道開発―トリガーが日本新幹線
 ・日本新幹線は風の速い
 ・鉄道省という伏魔殿
 ・相次ぐ高速鉄道開業
 ・念願の北京―上海間が開業
 ―エピソード 成田空港
 重厚長大産業の世界戦略―夢は技術の海外輸出
 ・寄せ木細工の鉄道システム
 ・鉄道も原発も輸出攻勢
 ・はやて型の国際特許申請
 トラブル続出の鉄道運行―事故に潜む中国の固有事情
 ・上海列車事故
 ・事故と事故原因
 ―エピソード ブッキング
第4章世界は高速鉄道競争に突入
 各国の取り組みと思惑
 ・高速鉄道とは
 ・鉄道大国・TGV
 ―エピソード 便利なTGV
 ・パリに入場したドイツ・ICE
 ・軌間を狭めたスペイン・AVE
 ―エポソード 1668ミリ
 海峡をまたぐユーロスター
 ・振り子式開発のユーロスター・イタリア
 ―エピソード 管理職が運転?
 ・タリスの開発
 ・韓国・KTXはTGV型
 ―エピソード 本当の新幹線
 ・日本新幹線初輸出の台湾・高鉄
 ―エピソード 博愛座
 ・高速競争で相次ぐトラブル
 激化する世界売り込み競争―官民一体の海外展開
 ・環境問題が需要をあと押し
 ・オールジャパンで参戦
 ・ベトナム=議会が否決
 ・イギリス=日立の納入
 ・ブラジル=入札ゼロで不透明
 ・米国=魅力の高速ネット構想
 ・ロシア=ICE型が参入
 リニアも戦略産業に―ドイツ撤退、本格開発は日本だけ
 ・ドイツ・リニアを導入した中国
 ・ドイツ・リニアの重大事故
第5章超電導リニア開発物語
 飛ぶが如くの神話をつくるか―浮上、推進の原理
 ・日本独自のリニア誕生
 ・運行・制御はすべて地上管理
 紆余曲折のリニア開発史―いち早く採用した超電導
 ・1972年、初浮上
 ・時速500キロを突破
 ・今も走っているリニモ
 ・アイディア満載、世界のリニア
 開発者たちの苦節50年―今、扉が開かれる
 ・「おしん」状態に耐えて
 ・クエンチ現象に悩んだ宮崎時代
 2027年開業を決断―苦節半世紀を経て浮上へ
 ・民営化後の超電導リニア
 ・自己負担での建設
 ・課題を乗り換え
 さらなる安全性の確立を目指して―想定外を想定せよ
 ・時速500キロの安全対策
 ・電磁波への対処
 ・技術は熟成した
終章 再び技術立国へ
 衰弱するか、日本技術―原発に見るリスク管理 
 ・失敗経験なく失敗
 ―エピソード 天竜川事故
 〝世界一〟への不断の努力―技術者培養こそ生き残りの道
 ・もう一つの考え方
 ・「解」を求めて
 ―エピソード 特ダネ
 発送電分離の功罪
 エピソード 大統領の怒り
 至上命題はリスク回避―その手法開発が企業の去就を握る
 ・安全、命が鉄則
 ・明日は分からない
 ・失敗を肥やしに
あとがき

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【海外の鉄道】[ボスニア]サラエボの路面電車<その2>

<【海外の鉄道】[ボスニア]サラエボの路面電車<その1>
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-6763.htmlの続き>

旧共産圏や旧ユーゴ圏の路面電車というと圧倒的にタトラカーだけというイメージがありますが、サラエボでは、リニューアルや中古車の導入があって車両にバライティさが出てきたようです。

自分的には、タトラカーが大好きで、サラエボで標準ともいえる連接型タトラのK2型は特に好きなタイプですが、東欧でも少しづちタトラカーが速に数が減ってきているので、サラエボでもそうなってゆくのかもしれません。

サラエボの車両一覧があって便利です
http://fleets.alltrams.com/Sarajevo.php

<【海外の鉄道】[ボスニア]鉄道の概要
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-cbd5.htmlに続く>

サラエボで見かけた車両をご紹介

サラエボ市電
▲スナイパー通りの中央を走るK2

Tatra K2メモ
製造年1966-1983
長さ:21,600mm
幅:2,500mm
高さ:3,050mm
出力:160kW
定員:座席49、立108人
製造所:CKD Tatra

サラエボ市電
▲イリジャを出発する元アムステルダムの10G型。いろはそのままです

旧アムステルダム 10G型メモ
製造年:1980-1981
4台車3車体
長さ:25500mm
幅:2,320mm
高さ:3,650mm
製造所:Linke-Hofmann-Busch
出力 212kW
定員:座席64
サラエボ運行開始年:2009年

サラエボ市電
▲サラエボ駅を出発する元ウィーンのE1型。見ている限り駅と市街地系統に使っているようです

旧ウィーン E1型メモ
製造年1962-1964
3台車2車体
長さ:20,335mm
幅:2,200mm
出力:200kW
製造所:Lohner

サラエボ市電
▲オーストリア皇太子暗殺事件場所付近を走るKT8D5。この車両は、数が少なく見るなかなか出会いません。スロバキアの中古車

KT8D5型メモ
製造年:1986
4台車3車体
長さ30,300mm
幅:2,480mm
出力:360kW
製造所:CKT

サラエボ市電
▲スナイパー通りの中央を走るSatra‐Ⅱ。SatraはタトラK2のリニューアル型ですがⅡとⅢがあります

Satra-Ⅱ・Ⅲ メモ
K2形のリニューアルタイプ
サラエボK2のリニューアル車とスロバキア・ブルノから中古あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【海外の鉄道】[ボスニア]サラエボの路面電車<その1>

<【バス】[モンテネグロ・ボスニア]ポドゴリツアからサラエボへの路線バスの旅
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-b4c2.htmlの続き>

ボスニア・ヘルツエゴビナの首都サラエボには路面電車が市民の重要な足としてあります。路線は、バシチャルシアといわれる旧市街から通称:スナイパー通の上を市の西部まで走る本線と、そこからサラエボ駅に枝分かれする支線があるだけです。系統はそこそこありますが、途中折り返し系統などがあるために増えているだけなので、基本的にはわかりやすい運行だと思います。

西部の末端区間にゆくと運行間隔が10分-15分ぐらいになってしまいますが、中心部は区間運行系統が増えるためにかなり次々に電車やってきて待つことなく利用できます。

サラエボ路面電車系統図
画面をクリックすると拡大表示します

この路面電車のおもしろいところは、旧市街地と繁華街周辺は、上下線が離れて大きな単線ループ状の路線となっていることで、電車はそのまま折り返して行きます。また、スナイパー通りは専用のセンターリザベーションとなっていますので、市街地の大ループ(併用軌道)で走ってきた電車は、車線をななめ横断しながら通りの中央へと移ってゆきます。

市街地では、比較的のんびり走る市電も市街地を出てると停留所間も長くスピードも出しますので車両は古くてもLRTのような存在です。メインはタトラのK2(連接車)ですが紛争の時に被災した車両が多かったのか、従来からタトラのリニューアル車に加えて、ウィーンやアムステルダムの中古車も走っています。折り返しはループとなっていますので、片運転台が基本となっていてドアも歩道側となっています。

サラエボの観光だけだと路面電車に乗らずに済んでしましますが、3系統などはちょうど市内を東西に走っていて所要40分弱、お手軽に街の様子を見ることができます。

サラエボ路面電車概要
規模:10.7km
軌道:1435mm
運営会社:JKP GRAS Sarajevohttp://www.gras.ba/bs/

<【海外の鉄道】[ボスニア]サラエボの路面電車<その2>
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-2294.htmlに続く>

サラエボの路面電車
▲イリジャを出発するK2型

サラエボの路面電車
▲スナイパー通りのサイドからセンターへ入ってくる電車

サラエボの路面電車
▲旧市街地のモスクをバックに走る(大ループ区間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】運輸と経済2012年5月号

Unnyu1205

運輸調査局の運輸と経済の2012年5月号が届きました。

<目次>
運輸と経済
潮流
わが国の交通に関わる税制の持つ課題、今後の方向性
特集:税制と交通
●論稿
交通における「税」の役割/中条 潮
交通産業における税制面での国際競争条件の均衡化
 ―激化する国際競争市場での国家として果たすべき役割―
/長谷川 正道
海運界における税制の現状と課題/山下 学
道路政策の財源と自動車関係諸税の現状と課題/太田 和博
高空事情における税制の現状と課題
―LCC成長へ租税公課見直し必須、まず航空機燃料税の廃止が急務―
/丹治 隆
鉄道事業における税制の概要/高田 陽介
消費増税が交通事業・交通行動に与える影響/白石 浩介
持続可能な都市交通と地方環境税
―フランス交通税を事例に―/川勝 健志
海外トピックス
欧州の消費税制における公共交通の扱い/板谷 和也
交通情報・統計
輸送動向指標
交通文献

●次号予告(2012年6月)
特集「交通統計調査のいま」(仮)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】鉄道建築ニュース2012年5月号(No750)鉄道建築ニュース

鉄道建築ニュース2012年5月号

鉄道建築協会の会報が届きました。今回は60周年特集です。

<目次>
◆ご挨拶
■鉄道建築協会創立60周年を祝う
■法人改革と60周年

◆特集
■駅の“居方”「待つ」という行為に着目して
◆ステイション
■パセオ八王子新築工事
■中央線「ディラ阿佐ヶ谷」リニューアル工事
■自由が丘駅正面口庇改修工事について
◆ノンセクション
■本八幡A地区第一種市街地再開発事業に伴う
 京成八幡ビル(旧形成百貨店ビル)解体及び駅舎改築工事
◆INT'L ARAN
■ドイツ出張報告~ベルリン中央駅他視察とミーティング
◆鉄道建築協会創立60周年特集
■鉄道建築協会60周年の歩み
■事業年表(平成14-23年度)
■年度別協会賞一覧(平成14-23年度)
■協会作品賞10年のあゆみ
■年度別協会賞数一覧(平成14-23年度)
◆駅舎ニュース・ミニニュース
■私の仕事場
■今月のお題
◆協会催事・お知らせ
■第1階通常総会のご案内
■協会だより
■「一般社団法人」への移行について

表紙/成田線佐原駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】鉄道技術展2013(Mass-Trans Innovation Japan 2013)開催

鉄道技術展2013
来年秋に幕張で開催される「第3回 鉄道技術展2013」の出店要項が手に入りました。それによると

名称 鉄道技術展2013
   MTI Japan 2013(Mass-Trans Innovation Japan 2013)

開催日時 2013年11月6(水)-8日(金)
場  所 幕張メッセ7・8ホール
開催時間  10:00-17:00
入場料  2000円

出展対象
■車両・構造
 ●車両技術
 ●コンポーネント
 ●省エネルギー車両
 ●交通システム
■運行システム
 ●車両制御技術
 ●気象情報
 ●輸送計画
 ●安全と運転事故防止策
 ●電力供給計画
 ●鉄道通信・無線
 ●路線計画
 ●騒音・振動対策
 ●運行情報
■インテリア・内装
 ●車両用ドア他
 ●車両用内装ユニットほか
 ●床
 ●ファブリック
 ●車内照明他
 ●各種表示装置
 ●車内空調設備ほか
 ●天井風道ユニット
 ●洗面カウンターほか
 ●喫煙ルームユニット
 ●特別仕様車両の設計、製作
 ●ユニバーサルデザインほか
 ●旅客部構造の試験・検査・保守
■乗客利用部
 ●構造物技術
 ●駅の快適性
 ●防災対策
 ●線路上空利用
 ●旅客営業のための設備
 ●駅ナカビジネス
 ●駅周辺の開発計画
 ●予約システム
■軌道
 ●軌道技術
 ●架線
 ●信号保安装置
 ●電力供給技術
 ●車両基地
 ●車両工場
■土木関連
 ●トンネル
 ●橋梁
 ●高架橋
 ●防災技術
■そのほか
 ●海外の鉄道事情
 ●コンサルティング

なんだそうです。

前回の2011年では、236社(団体)が出店して、計16445人が来場したそうな。
年々拡大しているようですが、次回はどうなるのでしょうか。
来年の楽しみがひとつ増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】Today’s railways Europe 2012/05 No.197

Today’s railways Europe 2012/05 No.197

欧州鉄道情報満載の月刊誌でイギリスのプラットホーム5社から発行されている「Today’s railways Europe」の2012年5月号が届きました。

トゥデイズ レイルウェイ ヨーロッパ
2012年5月号 No197
<目次>
Regulars
Headlight
Headline news
Including: First BLS KISS EUM, Hamburg may order Hitachi S-bahn EMUs, Brussels tunnel breakthrough, First ever profit for Eurostar, Regiojet trains start in Slovakia, DB orders double-deck EMUs from Bombardier.
Light rail News
Incuding: Transmashholding /Alstom unveil new tram in Moskva, Tallinn city transport to be free to residents, Nordhausen goes fully low floor, Napoli Peter Witt tram restored.
Main train
News round up
Heritage News
Railtours Diary
Features
EURO Carex bring TGV Postal to London St Pabcras
David Haydock report on the rare visit of an SNCF TGV trainset to London and expalains the background to the Euro Carex project.
The amazing Reisseck line
Toma Bacic visit the spectacular Reisseck funicular and narrow gauge mountain railway in Austria.
Endangered species: CP class 1550
David Clough looks back over the livers of the Class 1550 diesels, once a familiar sight all over Portugal.
Narrow gauge in the High Tatras
Dave Lucas discovers the delights of the Tatra Electric Railway in the High Tatra mountains of Slovakis

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【海外の鉄道】2012年GWの海外鉄道の旅

2012年のGWは、4/28-5/7までスペインのバルセロナ→バレンシア→マドリッド、ポルトガルのリスボンにいってきました。詳しくは後程。

スペイン・バレンシアのLRT
▲バレンシアのLRT

スペインAVE
▲スペイン新幹線AVEにも乗りました

スペイン・マドリッドLRT1号線
▲マドリッドのLRT1号線は地下駅で地下鉄と連絡

リスボン郊外のLRT
▲リスボン郊外に走るLRT

ポルトガル・リスボン市電18系統
▲河口をバックに坂を登るリスボン市電18系統

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2012年05月号

Utt

イギリスのライトレール協会の機関誌 Tramways & Urban transitの2012年05月号No893が手に入りました。

表紙は、シーメンス社の新型メトロのモックアップ

<目次>
News
Toronto light rail supporters win key vote; Siemens announces global expansion ambitions; Alstom demonstrates its Citadis tram in Moscow; Bombardier preferred bidder for USD3.4bn, 775-car BART order.
Smart ticketing technologies
John Austin examines the strategies operators can and are employing to drive ridership – and look to the future.
Creating safer journeys
Dr Lisa Dorn explains how detailed research is shaping tram driver employment and training regimes.
System Factfile: Valencia
Introducing modern tram to Spain was just one of a project to drastically restructure public transport in its third-largest city.
Mixed fortunes in Ukraine
Concluding TAUT’s comprehensive review of Ukraine’s tramway landscape, Mike Russell turns his attention to the nation’s central and southern regions.
Worldwide review
Bangalore metro expansion approved; Work starts on Kuala Lumpur light metro extension; City ring and Soleilmont line open in Charleroi; Paris orders more metro cars.
Letter
More views on the high-speed versus urban rail investment debate and questions over the distribution of EU funding for tramways.
Classic Trams: Ballarat’s trams live on
Mike Russell reports from Southern Australia on how dedicated enthusiasts run a unique heritage operation.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »