« 【鉄道】春の四国<その3>高徳線と鳴門線で鳴門へ | トップページ | 【鉄道】春の四国<その5>牟岐線と阿佐海岸鉄道 »

【世界の乗り物】春の四国<その4>高速鳴門バスストップ『すろっぴー』

<【鉄道】春の四国<その3>高徳線と鳴門線で鳴門へ
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-f265.htmlの続き>

鳴門線の折り返し時間で、小鳴門海峡を見にいってみると橋の袂から黄色いケーブルカーのようなものが動いているのが見えました。確認のため近づいてみると高速鳴門バスストップ待合所兼鳴門市観光情報センターと高台となっている高速道路脇にある乗り場アクセス用の無人運転モノレールで、愛称は「すろっぴー」となっていました。

高速鳴門バスストップ『すろっぴー』
▲高速鳴門バスストップ。建物の左にスロッピーが動いているのが見えます

料金は無料。運転はエレベーターのようにボタンを押すと乗り場にやってくるもので、室内には対面式のベンチも設けてありました。基本的には景色が見えるエレベーターといった感じで、上の乗り場まで乗ってみると小鳴門海峡が見ました。まったく下調べをせずに鳴門市に来たので、突然の発見はとても新鮮でした。

ホームページによると、高低差20m、全長161m、所要時間90秒、運行時間はAM5~翌AM1とのこと、鳴門駅から徒歩15分なので、高速バスなら必ず利用すると思いますが、JRで鳴門に来ても、ちょっと足を延ばして、乗ってみるのも面白いかもしれません。

<【鉄道】春の四国<その5>牟岐線と阿佐海岸鉄道
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/5-58eb.htmlに続く>

鳴門市観光コンベンション「すろっぴー」のページ
http://www.narutokc.info/slopy.html

高速鳴門バスストップ『すろっぴー』
▲運転中のすろっぴー。前照灯は常時点灯

高速鳴門バスストップ『すろっぴー』
▲乗り場。英語での表示もありました

高速鳴門バスストップ『すろっぴー』
▲すろっぴーの車内。窓のあるエレベーターで操作に迷うことはありません

高速鳴門バスストップ『すろっぴー』
▲上部の乗り場に停車中のすろっぴー

高速鳴門バスストップ『すろっぴー』
▲小鳴門海峡をバックにすろっぴーが登ってきました

|

« 【鉄道】春の四国<その3>高徳線と鳴門線で鳴門へ | トップページ | 【鉄道】春の四国<その5>牟岐線と阿佐海岸鉄道 »

世界の乗り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/54306293

この記事へのトラックバック一覧です: 【世界の乗り物】春の四国<その4>高速鳴門バスストップ『すろっぴー』:

« 【鉄道】春の四国<その3>高徳線と鳴門線で鳴門へ | トップページ | 【鉄道】春の四国<その5>牟岐線と阿佐海岸鉄道 »