« 【書籍】鉄道建築ニュース2012年01月号(NO.746) | トップページ | 【海外の鉄道】[台湾]762mmゲージ蒸気機関車が走る渓湖糖廠 »

【海外の鉄道】[台湾]銀河の鐡道で台湾新幹線を撮る

<【海外の鉄道】[台湾]保存車両が充実の烏樹林休閒園區(旧烏樹林糖廠)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-2d10.htmlの続き>

H24.1.1 台中から各駅停車を彰化で乗り継ぎ員林に向います。本日の目的地は台湾新幹線の有名撮影地となっているレストラン「銀河の鉄道」 とナローゲージSLが走る渓湖糖廠。

台鉄・員林駅
▲銀河の鐡道と渓湖糖廠の起点となる員林駅。バスターミナルは離れています

銀河の鉄道は、もともと新幹線と夜景を売りにしていることから平日は夕方からの営業。ただし土日は午前11時開店となり新幹線の撮影可能時となります。レストランは南北に走る新幹線の東側に位置していますので、順光での撮影を考えると午前中が勝負となり、開店時間に行くのがベストということになります。

銀河の鐡道(台湾)
▲銀河の鐡道の上がり口。後ろに新幹線の架線柱が見えます。

公共交通でのアクセスはなくタクシーを利用することになり、員林駅から約20分で料金は300元でした。開店前の10時45分ごろ着きましたが、店員に声をかけると心よく屋外席に通してもらいました。ここでは最低80元の注文が必要なので、割高ですがビールを注文しました。

台湾新幹線(銀河の鐡道)
▲左営行台湾新幹線は巡光で撮影可能

午前中にここで順光とになるのは左営行で、台北行きはお昼ぐらいまでは反逆光ぐらいで撮影できますが、午後になると逆光がきつくなるような気がします。嘉義方向から来る新幹線はかなり遠くから向かってくるのが見えるのでシャッターのタイミングがわかるのですが、台中方面からいきなり見えますので、忍耐づよく構えるしかありません。

この日は、2時間ほど撮影してビールを計3本飲んで帰ることにしました。レジでタクシーを頼むと白タクが来まして員林駅まで料金は200元と安かったのでラッキーでした。

[2012.1訪問]

<【海外の鉄道】[台湾]762mmゲージ蒸気機関車が走る渓湖糖廠
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/762mm-4b0e.htmlに続く>

台湾新幹線(銀河の鐡道)
▲台北へ向かう台湾新幹線。半逆光となります

台湾新幹線(銀河の鐡道)
▲左営行を望遠で狙います。かなりの高速で走り抜けるのでタイミングはタイトです

台湾新幹線(銀河の鐡道)
▲線路脇から広角で撮ってみました

|

« 【書籍】鉄道建築ニュース2012年01月号(NO.746) | トップページ | 【海外の鉄道】[台湾]762mmゲージ蒸気機関車が走る渓湖糖廠 »

海外の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/53965544

この記事へのトラックバック一覧です: 【海外の鉄道】[台湾]銀河の鐡道で台湾新幹線を撮る:

« 【書籍】鉄道建築ニュース2012年01月号(NO.746) | トップページ | 【海外の鉄道】[台湾]762mmゲージ蒸気機関車が走る渓湖糖廠 »