« 【地域活性化】11/26観光産業復興支援シンポジウム「東北の観光を元気にするビジネスプラン」開催される | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2011年12月号 »

【自転車】[輪行]仙台平野ツーリング(石巻⇒仙台)by DAHON x20

<起点駅>石巻線・石巻駅(有人・コンビニ併設)
<終点駅>東北本線・仙台駅(有人・コンビニ他各種店舗併設)
<走行距離>63.6km(石巻駅9:45出発/仙台駅15:30着)

最近は仕事が忙しくて、ツーリングもほんとごぶさたになっていました。11/27日曜日が休みになり、天気予報も悪くないので、自転車で出かけることにしました。

以前、平泉から石巻<【自転車】北上川リバーサイドツーリング平泉⇒石巻http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/dahon-dash-x20-.html>に走ったその先が気になっておりましたので、石巻から仙台まで走ることにしました。

石巻から本来海沿いに走るのがベストなのですが、津波被害を受けたエリアをずっと走ることになり、気もめいってきますので、今回は内陸寄りに仙台に向かうことにしました。

石巻⇒仙台(DAHON DASH X20)
▲仙石線の代行バスの輪行が怪しいので、石巻線で石巻入り

石巻駅まではもちろん石巻線を使い輪行です。石巻駅からは、しばらく狭隘な国道108号を走って、県道16号で鹿島台まで内陸へ向いました。鹿島台まで約20kmありますが、途中丘陵地を1カ所超えたぐらいでアップダウンはありません。風もほとんどなく、はるかに奥羽山脈を見ながら快調に進んでゆきます。

石巻⇒仙台(DAHON DASH X20)
▲石巻駅にて、高速・代行バスの発着で人が多い

このあたりはひたすら田んぼの中を走りますが、冬の使者である白鳥がエサを食べる姿もちらほ見えて、あぜ道に入り冷やかしてみたりしたのり、鹿島台で休憩しました。

鹿島台から干拓地を走る国道346号、そして品井沼から車に邪魔されずに走れる旧東北本線跡で利府まで。ここからは県道8号(利府街道)がダイレクトに仙台に向えるのですが、交通量が多くツーリング向きではないため、県道259で利府からは、多賀城経由で国道45号方面へ向いますが、一緒に走っていたDASH P18の方が体調不良でリアイア。仙石線の中野栄駅まで伴走して見送り、そのあとは単独にて仙台駅まで走り切りました。

久しぶりのツーリングでしたが天候に恵まれ、気温もそれほど低くないので、楽しい一日になりました。

石巻⇒仙台(DAHON DASH X20)
▲津波で水没した石巻駅前の市役所と商店街を走る。ほとんどの店はシャッターを閉めたままです。

石巻⇒仙台(DAHON DASH X20)
▲県道16号で美里町に入ってくると田圃に白鳥がたくさんました

石巻⇒仙台(DAHON DASH X20)
▲かなり近くで見えることができました

石巻⇒仙台(DAHON DASH X20)
▲鳴瀬川を渡り大崎市鹿島台へ。天気が良くはるかに蔵王連峰も見えました

石巻⇒仙台(DAHON DASH X20)
▲その昔沼だったという干拓地を走る

石巻⇒仙台(DAHON DASH X20)
▲旧東北本線跡に残る旧松島駅舎

|

« 【地域活性化】11/26観光産業復興支援シンポジウム「東北の観光を元気にするビジネスプラン」開催される | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2011年12月号 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

オツでした。

品井沼~利府のルートが気になります。

投稿: 熊 | 2011年12月 6日 (火) 21時24分

熊さま

こんばんは。

品井沼から利府まではごくわずかの区間を除いて旧東北本線の跡が自転車道
になっているので、車には邪魔されずの走行できますよ。もちろん歩けます。

歩いてみるのも良いかも・・・。
コンビニなどはありませんが、明治時代のトンネルや橋台も残っていて面白いですよ。


投稿: へっち(管理者) | 2011年12月 6日 (火) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/53388349

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】[輪行]仙台平野ツーリング(石巻⇒仙台)by DAHON x20:

« 【地域活性化】11/26観光産業復興支援シンポジウム「東北の観光を元気にするビジネスプラン」開催される | トップページ | 【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2011年12月号 »