« 【鉄道】2011年9月のくりでん乗車会/貨物列車走行 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2011年9月号(NO.742) »

【書籍】毎日乗っている地下鉄の謎/梅原淳著(平凡社新書)

Subway

国内の地下鉄に関する幅広いうんちくが満載された新書本です。

著者:梅原淳
定価:840円+税
新書: 280ページ
出版社: 平凡社 (2010/10/16)
ISBN-10: 4582855504
ISBN-13: 978-4582855500
発売日: 2010/10/16
商品の寸法: 17.4 x 10.8 x 1.8 cm

毎日乗っている地下鉄の謎
<目次>
はじめに
第1章 地下鉄の基礎知識
 1 地下鉄とは何か―地下鉄を規定する法規はない
 2 地下鉄の種類―同じようでも、細かく見れば、実はいろいろ
 3 相互直通運転―多くのメリットがあるが、実施までには課題が山積
 4 地下鉄の事業者―線路を所有しているだめの事業者もある
 5 地下鉄の利点―路面電車と比較してみると
第2章 地下鉄の歴史
 1 地下鉄の始まり―世界初の地下鉄には蒸気機関車が走っていた
 2 電車の誕生と地下鉄―電車が生まれて、地下鉄が世界に広まった
 3 日本初の地下鉄と地下鉄の父―ベンチャー企業家 早川徳次の功績
 4 大阪にも誕生した地下鉄―将来を見据えて進まられた計画
 5 地下鉄の進展と戦時体制―戦争を乗り越え、地下鉄は日本全国に

第3章 日本全国の地下鉄
 1 珍しいゴムタイヤを履いた地下鉄-札幌市の地下鉄
 2 最も歴史が浅く、最も小規模―仙台市の地下鉄
 3 日本最大、そして世界でも有数の地下鉄事情者―東京地下鉄
 4 首都の公共輸送を担う第二の地下鉄―東京都の地下鉄
 5 影が薄く、知名度がイチマチだが―横浜市の地下鉄
 6 日本でさ3番目の地下鉄は規模も3番目―名古屋市の地下鉄
 7 全国の中でも経営が苦しいワケ―京都市の地下鉄
 8 「地下鉄の基本形」をつくった―大阪市の地下鉄
 9 都心の鉄道に生じた“空白”の事情―神戸市地下鉄
 10 他に類のない、地下鉄網成立までの2つの特徴とは―福岡市の地下鉄

第4章 地下鉄の電車の謎
 1 地下鉄の電車は地上の電車とどう違う?①-徹底された防火対策
 2 地下鉄の電車は地上の電車とどう違う?②-地下鉄の電車の全面に戸があるのは
  3 地下鉄の電車は地上の電車とどう違う?③-パワーを引き出す「歯車比」に注目
 4 前面の戸のあれこれ-相互乗り入れの苦労
 5 地下鉄に窓は必要か?-やっぱり必要。できれば大きいほうがよく、はめ殺しはNG
 6 仕様や寸法は各社で同じ?-総合直通運転のため共通する仕様は多いが
 7 地下鉄ならではの電車とは-ゴムタイヤの電車やリニアモーターの電車
 8 地下鉄の電車は自動的に運転されているのか-自動運転でもやっぱり人が必要
 9 地下鉄の電車の寿命は?―概して“長寿”のその理由は
第5章 地下鉄はどうつくられるのか
 1 地下鉄はどのように計画されるのか-都市計画の1つに組み込まれるが
 2 「トンネルの上は必ず道路」は本当か-地下とはいえ、どこでも通れるわけではない
 3 地下鉄なのに地上を走るのはなぜか-理由は相互直通運転をしていること以外にも
 4 トンネルはどう掘られるのか①-浅い場所にトンネルを通す工法
 5 トンネルはどう掘られるのか②-近年開業した地下鉄はこの工法でつくられた
 6 トンネルのなかにも坂があるのか-地下といえどアップダウンがある理由は
 7 トンネルにもいろいろ種類がある-トンネルの形の違いは工法の違い
 8 深いトンネル-他の地下鉄や埋設物との干渉を避けるため
 9 駅はどのようにつくられるのか
 11 電車の電力はどこから取っているのか-パンタグラフかサードレールのどちらかだが

第6章 地下鉄ならではの工夫
 1 地下鉄の喚起はどのように行うのか-電車走ることが換気になる
 2 レールがトンネルの天井に付いている理由は-工事費を抑えながらパンタグラフを
 3 駅が火災になったらどうすればよいのか-すぐに地上へ!そのための設備とは
 4 地下鉄の敵・地下水の処理はどうなっているのか-ポンプで排水するだけでは
 5 まくらぎの下には何があるのか-騒音と振動を抑える縁の下の力持ち
 6 電車の安全はどこのように守られているのか-さまざまな信号保安装置
 7 電車のメンテナンスはどこで行っているのか-多くの場合は地上の施設だが

第7章 地下鉄の謎あれこれ
 1 幻の地下鉄は存在するのか-その正体とは
 2 地下鉄の駅は核シェルターのなるのか-そのままでは無理だが
 3 地下鉄の電車の冷房化-地上の電車より遅れ、まだ付いていないところも
 4 地下鉄は大地震に耐えらるのか-あまり省みられなかった耐震性だが
 5 地下鉄の電車はどこから入れるのか-改札口から?夜も眠れなくなってしまう疑問
 6 意外に多い急なカーブや勾配-その「日本一」はどこの路線か
 7 未来の地下鉄-さらに使いやすい地下鉄へ

参考文献  

|

« 【鉄道】2011年9月のくりでん乗車会/貨物列車走行 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2011年9月号(NO.742) »

書籍」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/52753556

この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】毎日乗っている地下鉄の謎/梅原淳著(平凡社新書):

« 【鉄道】2011年9月のくりでん乗車会/貨物列車走行 | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2011年9月号(NO.742) »