« 【自転車】DAHON DASH X20で新潟ポタリング(中心部一周) | トップページ | 【書籍】地方都市圏の交通とまちづくり/辻本勝久著 »

【自転車】DAHON DASH X20とP18で国道345号笹川流れを走る(輪行)

<起点駅>羽越本線・村上駅(有人・売店あり)
<終点駅>羽越本線・羽前水沢駅(無人・駅前に酒屋あり)
<走行距離>73.8km(村上駅9:20出発/水沢駅到着15:20)

新潟駅でDAHON DASH P18の友人と待ち合わせをして、日本海の景勝地「笹川流れ」を走ることにしました。

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲レトロ調の村上駅前のDAHON DASH X20(右)とP18(左)

本日は、新潟駅7:34発の電車で村上駅まで輪行して、その後は国道345号の景勝地・笹川流れを北上し、調子次第であつみ温泉駅または由良温泉経由で羽前水沢駅から輪行で戻る予定となっています。

8:59分に輪行袋を抱えて村上駅に着いた途端に緊急地震速報の音が鳴り響き、防災無線では「津波警報・・・」と叫んでいて、上空にはヘリコプターもいましたが訓練でした。最初はかなりびっくりしました。

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲坂を登り切ると穏やかな日本海が広がります

村上駅をスタートして、国道345号に入り三面川を渡るといったん坂を上りますが、そのあとは多少のアップダウンがあるだけで、海沿いを走り抜けます。車は少なめで、側道もありますので快適走行で、単調さを解消するべく、どきどき集落を抜ける脇道などを通りながら道の駅「笹川流れ」(JR桑川駅)まで走り休憩をしました。村上駅からここまでは50分でした。

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲道の駅「笹川ながれ」で休憩するX20とP18

道の駅の先が景勝地「笹川流れ」で、海に切り立った岩肌と海を見ながら、時にはトンネルでパスしながらの道となりました。海は透き通っていて、とてもきれいで、小さな浜にシーカヤックがいたので、よく見たら新潟の知っている方々でした。

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲水質ばつぐんの笹川ながれ。シーカヤックも良いです

若干の向かい風気味でしたが、海を見ながら快調に走りJR勝木駅付近で国道345号は終了、この先は大動脈である国道7号線と合流します。予想はしていましたが、これまでとは違い圧倒的に交通量が多く、大型車禁の345号とは対象的に大型車もけっこう走っていて、その上トンネルも多くなります。しばらくは、その環境のギャップに気を使いました。

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲鼠ケ関にある県境の碑。国道7号をツーリングするならぜひチェックしたいポイントです

旧道が残って抜けられるところでは、そちらを回るようにもして、鼠ケ関でも休憩を兼ねて旧道へ。ここでは、住宅地の中に新潟・山形県境の碑を発見しまして、止まってみると道路に県堺の線があり、記念スタンプも置いてある充実ぶりでした。もちろん記念写真を撮りましたが、車なら見落としてしまうでしょうから自転車ツーリングならではの発見でした。

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲後輪に刺さったクギ。抜くと一気に空気がなくなりました

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲早速、チューブ交換。20分のロスタイムは休憩も兼ねました

再び7号線を北上して、当初の終点としていた「あつみ温泉駅」付近に到着。DASH P18の友人も「順調~」とのことで由良温泉まで行くことにしました。

が、しかし駅から2キロぐらいところで、後輪にクギが刺さりパンク・・・。車の危険がない場所でチューブの交換作業となりました。チューブ交換はすぐに終わるのですが、小型ポンプで所定の圧まで上げるのが一苦労で、ここでトータル20分ほどロスしてしました。

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲お友達が少々疲れ気味となり見晴らしの良い場所で小休憩

このあたりからはアップダウンが多くなりトンネルも何箇所がありました。そしてあとふんばりということで、由良海岸への入口の上り坂を登り切り、下に見える由良温泉へ。DASH P18の友人がこの坂道が一番きつかったそうです。

由良海岸で食事と温泉そして大休憩としました。ただ、由良海岸で食事ができるのは1箇所がありませんでした。由良温泉の方は、海水浴場に面した公衆浴場「お釈迦様の湯」で入湯料は300円。

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲由良海岸に到着。ここでメシを食べて温泉で汗を流します

由良温泉では1時間半ほど休憩。この後、国道7号線の由良峠を越え無事にJR羽前水沢駅に到着しました。

東日本大震災以降、太平洋側の道をツーリングするような状態ではなくなってしまい、久しぶりに海沿いに走りまして、「やっぱり海沿いの道は良いな~」とあらためて思った次第です。

<【自転車】[輪行]庄内平野ツーリング(狩川→酒田)byダホン・ダッシュx20
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/byx20-cd5c.htmlに続く>

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲海水浴場の目の前にある由良温泉の「お釈迦さまの湯」

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲羽前水沢駅へ由良峠でラストスパート。坂の上の雲が見えました

国道7号・345号ツーリング(DAHON DASH X20 P18)
▲羽前水沢駅からは酒田行きの気動車に乗車。ガラガラでした

|

« 【自転車】DAHON DASH X20で新潟ポタリング(中心部一周) | トップページ | 【書籍】地方都市圏の交通とまちづくり/辻本勝久著 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/52636587

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車】DAHON DASH X20とP18で国道345号笹川流れを走る(輪行):

« 【自転車】DAHON DASH X20で新潟ポタリング(中心部一周) | トップページ | 【書籍】地方都市圏の交通とまちづくり/辻本勝久著 »