« 【自転車】DAHON DASH X20でくりでんボランティアに参加(宮城県栗原市)  | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2011年7月号(NO740) »

【鉄道】とうてつ電車まつり2011年夏を撮りに行く(十和田観光電鉄)

7/16~18の三連休に十和田観光電鉄において「とうてう電車まつり2011年夏」が開催されました。このインベトは、車庫などを公開するまつりではなくて、同社が保有する旧型電車や機関車、貨車を組み合せて走らせるもので、貨物列車には乗車できませんが、電車に関しては乗ることが可能で「乗る」「撮る」両方できる魅力的なものです。

メインイベントとなる17日に現地を訪問ました。

十和田観光電鉄(とうてつ電車まつり2011)
▲7/17の最初は、電車+貨車+機関車の組み合わせでスタート

この日は機関車+貨車+電車、機関車+電車+機関車、機関車+貨車+機関車、電車+電車とこの鉄道で考えられるマニアック組み合わせの列車、計10本が一日中走り、大勢の鉄道ファンが沿線に繰り出していました。くりでんで過去に自分がやったときも問題になったのですが、不特定多数のファンの撮影のために貨物列車を走らせるということは、収益になかなか結びつけ難いので、鉄道会社はやりたがらないものですが、それを実施できたとうことは、会社や支援団体の努力があったのだろうと察することができます。

十和田観光電鉄(とうてつ電車まつり2011)
▲一番人気は、貨物列車です。現役時代を思い出させます

いつものように車で撮影している方も多かったのですが、七百駅の撮影会は1000円のフリー乗車券購入者のみにしていたので、そのような対策でそれなりに収益はあがったかと思います。

十和田観光電鉄(とうてつ電車まつり2011)
▲七百駅の撮影会はこの切符が必要となります。考えてみれば安いものです

十和田観光電鉄(とうてつ電車まつり2011)
▲大人気で時間入れ替え制となりました

路線規模もあまり長くなく、撮影場所も限定される十和田観光鉄道ですが、いろいろな組み合わせの列車を撮影できましたし、最後に旧型電車に乗車して独特の音聞けてたいへん楽しむことができました。まさに朝から夕方まで丸ごと十和田観光電鉄で大満足でした。

十和田観光電鉄(とうてつ電車まつり2011)
▲十和田市→三沢に運転された旧型車による「急行」運転

この日は、イベント内容がとても良いだけに、知り合いに会うかなと思っておりましたら、案の定そうなりまして、せっかくなので青い森鉄道の小河原駅前にある姉戸川温泉(200円)に行くことになりました。温泉に漬かりながら、新幹線開業後の十和田観光の先行きを心配しつつ、次回のイベントにも訪れたいなどと話込んでしまいました。

次回のイベントにも期待です。

この日の特別列車
●七百9:55→十和田市10:11(M3401+貨車+ED301)
●十和田市10:15→七百10:31(M3401+貨車+ED301)
●七百11:52→三沢12:08(ED402+貨車+ED301)
●三沢12:13→七百12:29(ED402+貨車+ED301)
●七百13:12→三沢13:28(ED402+M3401+ED301)
●三沢13:33→七百13:49(ED402+M3401+ED301)
●七百14:32→三沢14:43(M3401+M3603)
●三沢15:04→十和田市15:28(M3401+M3603)
●十和田市15:38→三沢16:02(M3401+M3603)
●三沢16:20→七百16:32(M3401+M3603)

十和田観光電鉄(とうてつ電車まつり2011)
▲企画された特別列車が終わり、七百駅で車庫に入る旧型電車

|

« 【自転車】DAHON DASH X20でくりでんボランティアに参加(宮城県栗原市)  | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2011年7月号(NO740) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/52341132

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】とうてつ電車まつり2011年夏を撮りに行く(十和田観光電鉄):

« 【自転車】DAHON DASH X20でくりでんボランティアに参加(宮城県栗原市)  | トップページ | 【書籍】鉄道建築ニュース2011年7月号(NO740) »