« 【書籍】鈍行列車のアジア旅/下川裕治著・中田浩資写真 | トップページ | 【鉄道】平成23年のくりでんの動態保存運転日決定 »

【鉄道】東日本大震災・くりでん保存施設の被害状況

H23.5.22 くりでん保存愛好会の平成23年度の通常総会がありまして、出席するついでに被害状況を見てきました。

大きな被害としては、
・構内西側にある木造車庫が半壊。
・構内東側の動態保存車輌用車庫のシャッター破損

小さな破損などはあちこちにあるようですが、駅舎・車輌・線路にはほとんど被害はなくシャッターを修理すると平成23年度の動態保存運転は可能のようです。

木造モルタル造りの旧くりでん本社の建物は、外見からは被害がないようですが、内部はけっこう破損したとの情報です。

木造車庫については、このまま取り壊されてしまうのではないかと心配されましたが、栗原市が現在のイメージや価値を壊さないように、修復・復元する方向性のようです。

東日本大震災・くりでん保存施設の被害状況
▲KD95が入った木造車庫の正面。左右奥の壁面が倒壊している

東日本大震災・くりでん保存施設の被害状況
▲3.11地震で傾いた時点で、つっかえをしたので4.7大余震で倒壊を免れたようです

東日本大震災・くりでん保存施設の被害状況
▲動態車輌の車庫のシャッターも破損

東日本大震災・くりでん保存施設の被害状況
▲旧若柳駅舎はほとんど被害なし

東日本大震災・くりでん保存施設の被害状況
▲構内については、以前と変化なし

|

« 【書籍】鈍行列車のアジア旅/下川裕治著・中田浩資写真 | トップページ | 【鉄道】平成23年のくりでんの動態保存運転日決定 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/51788758

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】東日本大震災・くりでん保存施設の被害状況:

« 【書籍】鈍行列車のアジア旅/下川裕治著・中田浩資写真 | トップページ | 【鉄道】平成23年のくりでんの動態保存運転日決定 »