« 【海外の鉄道】上海軌道交通指南(上海軌道交通ガイド)/上海人民出版社 | トップページ | 【海外の鉄道】〔イタリア〕ローマのトラム(路面電車) »

【鉄道】駅そばシリーズ(9)常磐線・水戸駅/水戸そば1、2号店(キオスク)

在来線の特急列車が頻発している駅らしくホームに駅そばが3店舗あります。3-4番線と5-6番線に「水戸そば」、そして7-8番線には、華月亭があります。

水戸そば2号店
▲5-6番線ホームの仙台寄りにある水戸そば2号店

 今回は、水戸そばを紹介します。試食したのは、5-6番線の「2号店」で、3-4番線の「1号店」ともにメニューは同じです。ホームにあるお店ですが、吹きさらしではなく、ドアを開けて店の中で立って食べるようになっていて、寒いときにも安心です。営業時間は早朝から夜遅くまでやっていますが、朝6時開店というのは、これから東京へ向かう人が利用するのでしょう、かなりばんっている営業時間だと思います。

水戸駅水戸そば
▲水戸そば2号で食した「野菜天ぷらそば」、食べ終わってから「納豆そば」気付き、これにすればよかったと思いました

 店内で天ぷらそばをいただいていると厨房で「華月亭」の新メニューの話題をしていましたので、やはり同業者ということで、両者とも意識をしているようです。

 メニューは、そば・うどんの一般的なラインナップですが、水戸のご当地メニューとでもいえそうな【納豆そば・うどん】420円がさりげなくありました。単品にも納豆の設定がありますので、ほかのものと組みせることも可能となっています。また、そば・うどん、そして単品に『季節限定』というものがありますが、残念ながら別途表示がなく、それが何なのかは不明・・・。

このほか、『うどん・そばセット』というのもあって、ひとつのどんぶりで両者が食べられるものなのかたいへん興味がありましたが中身は分からず仕舞い。次回へ持ち越しものがたくさん出てしまいました。

このほか、値段のチェックを忘れましたが、けんちんそば・うどんもありました。店内には、カレーは手造りであること、竹輪は青海苔入りであることがPRされていましたが、納豆そば・うどんは、駅そば業界ではここだけと思いわれる「納豆そば・うどん」のアピールスルーされているようです。せっかくのラインナップなので、実にもったいないです。

 次回訪れたときは『納豆そば』にチャレンジしたところです。

水戸そば・水戸駅
▲水戸そば1号店は、3-4番線ホームの仙台寄りにあります。メニューのラインナップは同じようです

水戸そば1号・2号店
営業時間
平日 6:00~22:30
土休日6:00~21:00
<メニュー>
そば・うどん
 かけ・・・300円
 月見・・・350円
 野菜天ぷら・・・410円
 竹輪天ぷら・・・400円
 わかめ・・・390円
 たぬき・・・400円
 納豆・・・420円
 きつね・・・420円
 カレー・・・430円
 山菜・・・430円
 季節限定・・・440円
セットメニュー
 ミニカレーセット・・・550円
 そば・うどんセット・・・400円
単品
 カレーライス・・・430円
 野菜天ぷら・・・110円
 竹輪天ぷら・たぬき・・・100円
 玉子・・・50円
 わかめ・・・90円
 納豆・きつね・・・120円
 山菜・・・130円
 季節限定・・・140円

フレッシュのひたちの売店(水戸駅)
▲水戸駅のホームはいろいろなものがあって楽しいです。この売店は新車導入後にはどうなるか・・・

|

« 【海外の鉄道】上海軌道交通指南(上海軌道交通ガイド)/上海人民出版社 | トップページ | 【海外の鉄道】〔イタリア〕ローマのトラム(路面電車) »

駅そばシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】駅そばシリーズ(9)常磐線・水戸駅/水戸そば1、2号店(キオスク):

« 【海外の鉄道】上海軌道交通指南(上海軌道交通ガイド)/上海人民出版社 | トップページ | 【海外の鉄道】〔イタリア〕ローマのトラム(路面電車) »