« 【書籍】乗ろうよ!ローカル線~貴重な資産を未来に伝えるために/浅井康次著 | トップページ | 【鉄道】1月三連休にJR西日本ローカル線巡り<その2>福塩線と三江線 »

【鉄道】1月三連休にJR西日本ローカル線巡り<その1>播但線と赤穂線

1/8-10の三連休は、青春18キップで出かけることには決めていたものの具体的にどこにが定まらず、出発の前日に早朝の羽田→大阪のANA便の割引キップに空席があったのでそれを利用して、JR西日本の閑散ローカル線に行くことにしました。

京急品川駅1000系
▲3連休初日ということで、早朝なのにけっこう混んでいました

伊丹空港から大阪駅へ出て、まずは阪急へ。ここで「みちのく鉄道応援団」の新年会の抽選会で使う鉄道グッズ類を仕入れました。

買い物の後は、姫新線に乗ろうと思い新快速で姫路に向かいました。しかし、当日は日中の工事運休日、西日本の閑散線区で実施されている定休日は知っているのですが、ほんとうにうかつで、大失敗です。キハ127にも乗れると楽しみにしていたのですが次回へ。

キハ127(姫路駅)
▲キハ127はうっかりミスで次回です

ということで慌てて時刻表を調べて播但線で和田山を往復することにしました。
5627M 姫路11:57→寺前11:43
1233D 寺前11:46→和田山12:35
1234D 和田山12:51→寺前13:44
5640M 寺前12:55→姫路14:30

103系3500番代(姫路駅)
▲2両編成の103系。完全リニューアルでまだまだ現役です

播但線は寺前までは電化されてるので、乗るのはワインレッドの103系3500番台ワンマンの2両編成、外見、室内ともにリニューアルした車輌でした。車内はとても混んでいて、ロングシートに無理に座っても仕方ないので、運転席直後のかぶりつき立ち席で終点まで乗りました。姫路付近は高架となっていて、もっとローカルなイメージがあった同線ですが、電化されているだけにお客も多く、終点につく頃には、ガラガラと思っていたのですが、結局座席が埋まった状態で寺前に到着。

103系3500番代(播但線)
▲途中の駅で、行き違い。ワインレッドではなく、ラッピック車がやってきました

ここでは数分の連絡で気動車へ乗り換えとなりますが、これまた予想の反して103系2両の乗客のほとんどが、1両のキハ41に吸い込まれてゆきます。不恰好で珍しいキハ41を撮っているうちに座るところなどはなくなっていました。車内では立っている人も多く、自分は料金箱の脇から先頭が見えるのでそこに立つことにしました。寺前から駅は、山間地域を走り駅間もずいぶんと長くイメージ通りのローカル線でした。結局、姫路から和田山まで立ち通しでしたが前面展望を見られたので、それなりに満足です。

キハ41(寺前駅)
▲キハ41ははじめて見ましたが、2エンド側はなんかかっこ悪いです。乗ってしまえばキハ47でした

和田山では乗ってきたキハ41でそのまま折り返し。今度は座席を確保できましたが、山陰本線の上り・下りが和田山に到着すると車内の座席は全て埋まってしまいました。さきほどではないにせよ、乗車率が良い状態で寺前に向かいましたが、途中の乗り降りはほとんどなく通しのお客が多いようでした。再び寺前で103系に乗り換えとなりましたが余裕で座り、ついでにはまかぜ3号の189系を見送り、姫路に向かいました。

キハ40(播但線)
▲途中の交換相手は、タラコ色のキハ40。やっぱりフィットする色です

姫路からは本日の宿泊地福山まで向かうことになりますが、かなり久しぶりに赤穂線に乗ることにしました。

3251M 姫路15:06→播州赤穂15:36
1923M 播州赤穂15:38→岡山16:55

223系と115系(播州赤穂駅)
▲播州赤穂駅では新快速から岡山行への乗り換えはホーム向かい側で簡単

姫路から新快速に播州赤穂へ。いつも混んでいるイメージの新快速も姫路以西では比較的すいているようで、余裕のある車内で、相生をすぎると空席だらけとなりました。播州赤穂では、115系がホーム対面で連絡してしてそちらへ乗り換えとなり、編成も半分以下でしたが、車内は空いていて、わずがですが海が見える進行方向左側に座れました。赤穂線に入るとお客もぐっと減るようで、山陽線の混む電車よりもこちら経由の方が良いかもしれません。赤穂線は10年以上乗っていないので、記憶があいまいとなっているので、風景や駅などははじめて乗るようで新鮮な感じがしました。その昔、西片上で降りて歩いていった片上鉄道などの駅はどのへんだったかと探したのですが、分からずしまいで、ここを過ぎると車窓も単純になり、西大寺から乗客も増えてきてたなと思っているうちに岡山に到着しました。

115系(赤穂線)
▲赤穂線で対向列車待ちをする115系。空いていて山陽線経由よりもおすすめです

一大鉄道ジャンクション岡山ですので、すぐに乗り換えてももったい。しばしホームと駅前の岡電を撮影してから福山へ向かいました。

翌日は福塩線~三江線を訪問します。(2011.01.08)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/1-7a5c.htmlに続く>

JR四国2000系(岡山駅)
▲JR四国の車輌が見られるのも岡山の楽しいところです

岡電(岡山駅前)
▲岡山駅をバックに出発を待つ路面電車

|

« 【書籍】乗ろうよ!ローカル線~貴重な資産を未来に伝えるために/浅井康次著 | トップページ | 【鉄道】1月三連休にJR西日本ローカル線巡り<その2>福塩線と三江線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/50727599

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】1月三連休にJR西日本ローカル線巡り<その1>播但線と赤穂線:

« 【書籍】乗ろうよ!ローカル線~貴重な資産を未来に伝えるために/浅井康次著 | トップページ | 【鉄道】1月三連休にJR西日本ローカル線巡り<その2>福塩線と三江線 »