« 【書籍】運輸と経済 2010年12月号 | トップページ | 【書籍】CONTINENTAL RAILWAY JOURNAL No163 秋/2010 »

【鉄道模型】Nゲージ運転会に参加

Nゲージ運転会
▲タテに10mあると一周するのにけっこう時間がかかります

バス友の会東北の有志のみなさんと一緒に、区のコミュニティセンターを借りて終日Nゲージ
運転会を行いました。

今回は、テーブルをたくさん借りることができましたので、長さ10m×幅2mの中に自分の保有する最大限の線路を広げることができました。

今回の線路は、複線のエンドレスに駅施設として上下4線計8線(13両編成対応)、13両編成対応車両留置線10線、20車対応、コンテナ側線でした。またダブルスリップを買ったので、留置線からは上下線にダイレクトに出せるようになりました。自分でいうのもなんですが、よくもこんなにレールを持っているものかと関心しました。

車両はみなさんの持ち込んだものをあわせると数百両に及ぶようです。日頃は部屋の関係もあってみんなのびのびと走らせることができないようですので、充実した一日でした。

Nゲージ運転会
▲車両留置線とコンテナ側線。コンテナは見ごたえがありました

|

« 【書籍】運輸と経済 2010年12月号 | トップページ | 【書籍】CONTINENTAL RAILWAY JOURNAL No163 秋/2010 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道模型】Nゲージ運転会に参加:

« 【書籍】運輸と経済 2010年12月号 | トップページ | 【書籍】CONTINENTAL RAILWAY JOURNAL No163 秋/2010 »