« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

【書籍】鉄道建築ニュース2010年12月号

Aran1011

鉄道建築協会の会報「鉄道建築ニュース」の11月号が来ました。

鉄道建築ニュース2010年11月号NO732

<目次>
◆特集
■JR北海道における建築の軌跡
◆すていしょん・開発
■武蔵野線東浦和駅改良(駅事務室ワンフロア化)
■東海道本線 掛川駅・垂井駅・清洲駅バイアフリー化
■成田スカイアクセス選・京成本線
 成田空港駅・空港第二ビル駅誤乗車防止ゲート新設
■南武線武蔵小杉駅イメージアップ
■東京駅京葉地下旅客トイレ改良
◆ノンセクショん・技術
■恒久的かつ低コストの階段段差識別の開発について
■事業所内保育所新設工事
 (JR東京総合病院・JR新宿駅)
◆INT’L ARAN
ワトフォード会議2010速報
◆駅舎ニュース・ミニニュース
■私の仕事場
■私のオフタイム
◆協会催事・お知らせ
■協会だより
■平成22年度第55回作品賞入賞作品
■平成22年度建築技術会発表者一覧

表紙/山陰本線亀岡駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】日本の駅100選~見直したい日本の「美」

日本の駅100選

原口 隆行 (著, 監修)
価格:1429円(税別)
単行本: 192ページ
出版社: 主婦の友社
言語 日本語
ISBN-10: 4072720526
ISBN-13: 978-4072720523
発売日: 2010/4/28

見直したい日本の「美」というコンセプトのもと、①JR線②明治・大正・昭和初期の建築様式をとどめる③ある程度知名度があり、比較的訪ねやすい という3つの基準で100駅を選び出しています。JR線の有名ところの駅はほとんど網羅していますが、条件③ということで「通」好みが若干はずされています。最後にもっとみたい20駅もあってこちらは通好みも入っています。発売日は今年なのですが、写真や情報が若干古いかなという感じもしますが、駅をチェックするためには十分役に立つ本で、これから駅旅をはじめる方には良いかもしれません。

目次
はじめに
北海道・東北
1 遠軽駅(北海道)
2 川湯温泉駅(北海道)
3 美瑛駅(北海道)
4 名寄駅(北海道)
5 小樽駅(北海道)
6 銭函駅(北海道)
7 五稜郭駅(北海道)
8 伊達紋別(北海道)
コラム 旧室蘭駅
9 登別駅(北海道)
10 大沼公園駅(北海道)
11 青森駅(青森県)
12 能代駅(秋田県)
13 男鹿駅(秋田県)
14 十和田南駅(秋田県)
15 遠野駅(岩手県)
16 宮古駅(岩手県)
17 気仙沼駅(宮城県)
18 山寺駅(宮城県)
19 北仙台駅(宮城県)
20 桑折駅(福島県)
21 伊達駅(福島県)
22 白河駅(福島県)
23 原ノ町駅(福島県)
関東
24 日光駅(栃木県)
25 常陸大子駅(栃木県)
26 下館駅(栃木県)
コラム 交通博物館
27 烏山駅(栃木県)
28 足利駅(栃木県)
29 高萩駅(栃木県)
30 渋川駅(群馬県)
31 沼田駅(群馬県)
32 横川駅(群馬県)
33 高尾駅(東京都)
34 青梅駅(東京都)
35 御嶽駅(東京都)
36 奥多摩駅(東京都)
37 日野駅(東京都)
38 鶯谷駅(東京都)
39 原宿駅(東京都)
40 東京駅(東京都)
41 上野駅(東京都)
42 両国駅(東京都)
コラム 初代新橋駅
43 安善駅(神奈川県)
44 国道駅(神奈川県)
45 浜金谷駅(千葉県)
46 上総亀山駅(千葉県)
47 大磯駅(神奈川県)
48 横須賀駅(神奈川県)
49 北鎌倉駅(神奈川県)

甲信越・東海・北陸
50 大月駅(山梨県)
51 黒姫駅(長野県)
52 姨捨駅(長野県)
53 穂高駅(長野県)
54 信濃大町駅(長野県)
コラム 旧軽井沢駅
コラム 旧長野駅
55 下部温泉駅(山梨県)
56 南甲府駅(山梨県)
57 弥彦駅(新潟県)
58 熱海駅(静岡県)
59 三島駅(静岡県)
60 伊東駅(静岡県)
61 掛川駅(静岡県)
62 湯谷温泉駅(愛知県)
63 天竜峡駅(長野県)
64 亀崎駅(愛知県)
65 高山駅(岐阜県)
66 飛騨古川駅(岐阜県)
67 城端駅(富山県)
コラム 旧長浜駅
近畿・中国・四国
68 亀山駅(三重県)
69 伊賀上野駅(三重県)
70 紀伊田辺駅(和歌山県)
71 那智駅(和歌山県)
72 紀伊中ノ島駅(和歌山県)
旧奈良県
73 稲荷駅(京都府)
74 山崎駅(京都府)
コラム 旧二条駅
75 摂津本山駅(兵庫県)
76 神戸駅(兵庫県)
77 城崎温泉駅(兵庫県)
78 津山駅(岡山県)
79 出雲横田駅(島根県)
80 備中高梁駅(岡山県)
81 尾道駅(広島県)
82 西岩国駅(山口県)
83 萩駅(山口県)
84 善通寺駅(香川県)
85 琴平駅(香川県)
86 穴吹駅(徳島県)
87 八幡浜駅(愛媛県)
88 牟岐駅(徳島県)
コラム 旧大社駅
九州
89 門司港駅(福岡県)
90 鳥栖駅(佐賀県)
91 大畑駅(熊本県)
92 小城駅(佐賀県)
93 諫早駅(長崎県)
94 上有田駅(佐賀県)
95 早岐駅(長崎県)
96 大隈横川駅(鹿児島県)
97 嘉例川駅(鹿児島県)
98 阿蘇駅(熊本県)
99 宮地駅(熊本県)
100 筑後吉井駅(福岡駅)
コラム 折尾駅
付録 もっと見たい20駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】運輸と経済2010年11月号

Unnyu

運輸調査局の運輸と経済の2010年11月号がきました。今回はなかなか難読でした。

<目次>
潮流
「運賃・料金」再考・・・山内 弘隆
特集:運賃制度の現状と今後の展望
交通事業における運賃の方向性:
 規制緩和後の運賃のあり方に関する論点整理・・・竹内 健蔵
公益事業の事業特性と上限価格規制の検討
 鉄道事業を中心に・・・湧口 清隆
航空産業の市場構造変化と価格差別能力・・・伊東 規子
公共交通における運賃割引制度と所得再配分・・・田邉 勝巳
道路料金の意義の将来展望
 どんぶり環状からの脱却・・・味水 佑毅
交通事業における二部料金の導入・・・青木 亮
論稿
航空と排出権取引・・・阿部 泰典
低炭素社会の実現に向けた東京電力の取り組み・・・小林 公知
交通情報・統計
輸送動向指標
海外トピックス
交通文献
編集後記

次回予告
「アジアにおける自由貿易構想と国際物流の展開」(仮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】駅旅入門~行ってみたい駅50~

駅旅入門

著者:杉﨑行恭
価格:1580円(税別)
単行本: 224ページ
出版社: ジェイティビィパブリッシング (2010/2/26)
ISBN-10: 4533078087
ISBN-13: 978-4533078088
発売日: 2010/2/26
商品の寸法: 21.3 x 15 x 1.6 cm

JTB時刻表のグラビア「駅旅本線」を再収録したもので、全国にある味のある駅50がカラー写真と解説で構成されています。併せて、1988年に存在していた名駅、新「日本の駅舎」100選の一覧もあって、駅を訪問する旅に基礎資料になりそうです。

目次
1 稚内【宗谷本線】
2 遠軽【石北本線】
3 知床斜里【釧網本線】
4 川湯温泉【釧網本線】
5 美瑛【富良野線】
6 銭函【函館本線】
7 比羅夫【函館本線】
8 陸別【ふるさと銀河線りくべつ鉄道】
9 津軽五所川原【津軽鉄道】
10 芦野公園【津軽鉄道】
11 遠野【釜石線】
12 渋民【IGRいわて銀河鉄道】
13 鳴子温泉【陸羽東線】
14 芦ノ牧温泉【会津鉄道】
15 日光【日光線】
16 長瀞【秩父鉄道秩父本線】
17 三峰口【秩父鉄道】
18 上野【東北本線】
19 極楽寺【江ノ島電鉄】
20 片瀬江ノ島【小田急電鉄江ノ島線】
21 大磯【東海道本線】
22 天竜二俣【天竜浜名湖鉄道】
23 山梨市【中央本線】
24 河口湖【富士急行河口湖線】
25 別所温泉【上田電鉄別所線】
26 湯田中【長野電鉄長野線】
27 松代【長野鉄道屋代線】
28 弥彦【弥彦線】
29 柏崎【信越本線・越後線】
30 寺田【富山地方鉄道】
31 加賀一の宮【北陸鉄道石川線】
32 永平寺口【えいぜん鉄道永平寺線】
33 宇治山田【近畿日本手有働山田線・鳥羽線】
34 養老【養老鉄道養老線】
35 鞍馬【叡山鉄道鞍馬線】
36 嵯峨嵐山【山陰本線】
37 浜寺公園【南海電気鉄道南海本線】
38 吉ケ原【旧同和鉱業片上鉄道】
39 若桜【若桜鉄道】
40 出雲大社【一畑電車】
41 萩【山陰本線】
42 琴平【土讃線】
43 大歩危【土讃線】
44 八幡浜【予讃線】
45 伊予西条【予讃線】
46 門司港【鹿児島本線】
47 直方【筑豊本線】
48 南島原【島原鉄道】
49 嘉例川【肥薩線】
50 隼人【日豊本線】

名駅舎 Memories1988
室蘭
石巻
米沢
長野
加古川
二条
大社

保存されている名駅舎

木造駅舎の旅
1 小湊鉄道
2 大井川鉄道・井川線
3 長野電鉄

新「日本の駅舎」100選

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】鉄道の顔~超細密画で楽しむ国鉄・JRの名車両

鉄道の顔

鉄道車両の正面から見たいわゆる「顔」を集めたイラスト集で、誰でも手に入る市販のソフトを使って描かれ、その細密ぶりには驚きます。各車両には、解説もつけられてあるので、見て、読んで楽しめる本で、写真とはまた違った良さを感じました。最後には、どのようにして描かれたかも掲載してして、自分でもチャレンジしたくなりました。

鉄道の顔 TRAIN'S FACE
超細密イラストで楽しむ 国鉄・JRの名車両
石井 光智(絵)
松本 典久(文)

単行本: 127ページ
出版社: 学研パブリッシング
ISBN-10: 4054046207
ISBN-13: 978-4054046207
発売日: 2010/08

<目次>
はじめに
超細密イラストの魅力

Part1新幹線の顔
東海道・山陽新幹線
0系新幹線電車/100系新幹線電車/300系新幹線電車/500系新幹線電車/700系新幹線電車/N700系新幹線電車/N700系7000番代新幹線電車/N700計新幹線電車

東北・上越・長野・山形・秋田新幹線
200系新幹線電車/400系新幹線電車/E1系新幹線電車/E2系新幹線電車/E3計新幹線電車/E4系新幹線電車/E5新幹線電車 

Train's Face column 新幹線車両側面ずらり大集合
活躍する電気軌道総合試験車
建設が進む新幹線ネットワーク

Part2 国鉄型特急・国鉄急行の顔
国鉄形特急
151系特急形電車/161系特急形電車/181系特急形電車/157系特急形電車/481系特急型電車/485系特急形電車/489系特急形電車/80系特急形気動車/キハ80系特急形形気動車/キハ181系特急形気動車

国鉄形急行
キハ58系急行形気動車/国鉄153系急行形電車/165系急行形電車

Train's Face column 活躍の場が減る「国鉄型特急車両」
「国鉄型急行車両」の現状

Part3 寝台特急の顔
20系特急形寝台客車/14系特急形寝台客車/24系25形特急形寝台客車/E26計特急形寝台客車「カシオペア」/EF81形交直流電気機関車/583系特急形寝台電車/285系特急形寝台電車「サンライズ瀬戸・出雲」

Train's Face column ブルートレインの礎を形作った20系客車
寝台特急「ヘッドメーク」大集合/列車を飾るヘッドマーク物語

Part4 JR特急の顔
キハ223特急形気動車「スーパーおおぞら」/789系特急形電車「スーパー白鳥」/651系特急形電車「スーパーひたち」/251系特急形電車「スーパー踊り子」/253系特急形電車「成田エクスプレス」/E351系特急形電車「スーパーあずさ」/383系特急形電車「(ワイドビュー)しなの」283系特急形電車「オーシャンアロー」/683系特急形電車「サンダーバード」/キハ72系特急形気動車「ゆふいんの森」/787系特急形電車「有明」/885系特急形電車「かもめ」

Train's Face column 「振り子式車両」の利点
自然振り子式車両2000系/個性が際立つJR九州の車両

Part5 通勤形電車の顔
旧型電車
モハ40系通勤電車/モハ72系通勤電車/モハ80系長距離用電車
国鉄・JR通勤形電車
101系通勤形電車/103系通勤形電車/201系通勤形電車/205系通勤形電車/209系通勤形電車/E231系一般形電車(通勤タイプ)/E231系一般形電車(近郊タイプ)/E233通勤形電車/E331通勤形電車/113系近郊形電車/221系近郊形電車/223系近郊形電車/313系近郊形電車

Train's Face column  旧型国電と101系以降の電車の違い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】早起きは三文の得(11)さらば仙台空港アクセス鉄道6両編成

H22.12/4ダイヤ改正の仙台地区の在来線の動きも発表になりそれによると、仙台空港線では仙台6:45/7:10空港7:20/7:53仙台の一往復が増発となります。もともと6両で編成で走っていた仙台7:06/7:30空港7:40/8:07仙台の2両分を増発分に回すらしく、仙台空港アクセス鉄道は開業4年目にして6両消滅となりました。

ということで、長町駅に空港線6連の写真を撮りにいってみました。SAT721だけで6連になるのはほんと稀でJR東との混結が大部分です。それにしてもチラシでは朝は全て4両と記載してあるので、2両を捻出では足りないので、もしかしてE721-0と混結になるのかなと思ってしまいます。

空港線の6連消滅はあまり話題にもならないので、長町駅のお立ち台には私と二人の撮り鉄しかいませんでした。

仙台空港アクセス鉄道6連
長町駅に進入する仙台行の6連

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】TRAMWAYS&URBANTRANSIT/2010年11月号

Utt1011

TRAMWAYS&SURBAN TRANSIT
2010年11月号 No875

イギリスLRTAの機関紙トラムウェイ&アーバントランジットの11月号が来ました。
表紙はインドデリーの地下鉄でした。ニュースのところには近畿車両の北米向けLRVの記事もありました。
個人的にはデリー記事が気になるところです。

NEWS
Melbourne order 50 new Bombardier; Toronto mayoral candidate for light rail cuts; Kinkisharyo shows new hybrid street car for US market; United Street car gears up for production; Tel Aviv tramway project to be nationalized?

INNOTRANS 2010:Innovation on show
Full coverage from the world’s largest transport expo.

Lyon’s airport link: Rhonexpress
Eric Stuart visits the new French express tramway

Delhi Metro* Cleaner, Faster, Safer
How crippling congestion and emissions are being resolved through state of the art urban rail development.

Systems Fact file: Munich
Beyond PPP: UK urban transit funding
Has the ppp model run its course- and what, if anything, could replace it? Dr Mark Gannon investigates.

World wide Review
Lyon looks at further expansion; Athina seeks bids for 18 new trams; Munbai to began monorail tests; Warsaw slects CAF as preferred bidder for metro order; Tyne & Wear Metro celebrates its 30ht birthday.

15 minutes with… Rainer Hombach
Kinkisharyo International’s VP and General Manager.
Letter
Usseldorf is wrong to go to ground; where are all the UK systems?

Classic trams: Schoneiche
The fastest tramway in Germany on its centenary

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】JR東日本H22.12/4ダイヤ改正

124

仙台駅を通りかかりましたら、H22.12/4のダイヤ改正のチラシが置いてありました。
メインは東北新幹線の新青森延長開業ですが、そちらは既に時刻表に掲載されているので、むしろ、チラシの裏にある仙台地区での在来線の改正が気になるところです。
今回の改正で空港線の6連は消滅です。

【新幹線関係は省略】

【在来線関係】
<仙台空港アクセス鉄道>
仙台6:45/仙台空港7:10
仙台空港7:20/仙台7:53

仙台空港発着の列車は6連がなくなり、4連またが2連に。
朝の空港線は少々運用が変わるようです。 

<仙石線>
20時代の快速をあおば通り-多賀城間を各駅停車へ変更

<左沢線>
左沢発9:17を8:57発に繰り上げて北山形で仙山線の快速へ接続
これに伴い山形発8:22を7:50に繰り上げ

<山形線>
つばさ120号と仙山線の接続改善
米坂線とつばさ128号の接続改善

<東北本線>
やまびこ215号と東北線下り普通列車の停車時間を伸ばして接続改善

<東北本線>
小牛田駅での乗り換え改善することによって南三陸号(2、3号)と
普通列車を利用した小牛田-一ノ関間の速達化

<東北本線利府支線>
21時代の仙台⇒利府を繰り下げることにより、東北本線上り普通列車
と接続改善

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自転車】JR貝田駅⇒阿武隈急行沿線・亘理⇒JR岩沼駅

天気予報は「快晴」これはもったいないということで、阿武隈急行線沿いのツーリングに出かけました。

仙台から貝田駅までは輪行、そこからは一気に坂を下って阿武隈川沿いの国道349号線へ、川沿いに丸森、角田で休憩ののち、亘理へ。そこからは国道6号線を通って岩沼駅で終了としました。

本来であれば、阿武隈川沿いは国道の左岸ではなく、右岸景勝ルートを通りたかったのですが、なんとクランクを止めるナットが緩み、急遽、平坦な国道へ戻り応急処置のまま角田までいったのでした。大丈夫だろうと工具をもたずに出かけたのが運の尽きで、まさに反省ですが、大事にいたらず良かった・・・。

阿武隈急行線沿線ツーリング
▲列車はE721と701系の混結編成でした

阿武隈急行線沿線ツーリング
▲JR東北本線貝田駅。標高の高いところなので、しばらく下り坂です

阿武隈急行線沿線ツーリング
▲晴れているのですが、福島盆地は霧の中

阿武隈急行線沿線ツーリング
▲兜駅付近から阿武隈急行沿線のウォーキングの方々と一緒になりました

阿武隈急行線沿線ツーリング
▲ルート上にはたくさんの柿がなっていました

阿武隈急行線沿線ツーリング
▲阿武隈川のビューポイントで小休止。このあたりからクランクが・・・

阿武隈急行線沿線ツーリング
▲応急処置をして、こう配のある右岸から左岸の国道へルート変更

阿武隈急行線沿線ツーリング
▲丸森付近で阿武隈急行線の列車を撮りました

阿武隈急行線沿線ツーリング
▲途中、シンケンファクトリーをちょっと覗いてみました

阿武隈急行線沿線ツーリング
▲角田からはひと峠越えて一気に亘理町へ、峠からは太平洋が見えました。

阿武隈急行線沿線ツーリング
▲国道6号線を走り、岩沼駅到着。本日はここまで。この先は輪行で帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄道】11/6川島氏講演会/コンテナの誕生と鉄道貨物輸送の発展

T_p1000231

11/6に東北福祉大・鉄道交流ステーションにおいて「コンテナの誕生と鉄道貨物輸送の発展―コンテナ誕生秘話」と題して、元宮城野貨物駅長・元仙台臨海鉄道取締役・顧問の川島 東氏の講演会がありを聞きにいってきました。

川島氏は太平洋戦争中に国鉄に入社して、いわゆる仙鉄管内で貨物業務一筋に携わってきた方で、80歳を越えてもしっかりした口調で約2時間半講演を行いました。戦中、戦後、高度成長期、民営分割化と時代を分けて、それぞれ時代の鉄道貨物の状況をエピソード交えながら話を進めました。

民営分割が決まる前まで、国鉄では、荷に対応するように荷役や貨車などいろいろな試行や改善などが盛んに行われていたようです。現在ではあたり前になったコンテナ輸送ですが、開始したときは認知してもらうのがたいへんだったそうで、コンテナ化に反対する荷主も多かったとか。ですが、車扱いに比較すると劇的に効率化できるのことは画期的なことで、次第に定着していったそうです。

鉄道旅客の話というのは、けっこう見聞きするのですが、過去の鉄道貨物の話に触れる機会はあまりないので、とても面白く参考になる会で、鉄道交流ステーションには、せっかくに機会ですので、ブックレット化することを期待したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】日本のロープウェイ・ゴンドラ全ガイド

日本のロープウェイ・ゴンドラ全ガイド

一応、鉄道の仲間であるロープウェイ・ゴンドラを一挙に紹介した本で、国内にこの手の本は他にないかもしれません。法令上の普通索道といわれるものはスキー場ものもを含めてすべて乗車しているところがすごいです。このようなガイドブックが出たことにより「乗り鉄」の幅が広がりそうでが、スキー場のゴンドラなどを難易度が高いことが「はじめに」記載されていて、完乗というのはたいへんなことのようです。巻頭には景色が良く代表的なロープウェイがカラー紹介されていて目を楽しませてくれます。

日本のロープウェイ・ゴンドラ全ガイド
著者:中島 信
定価:1470円
単行本: 110ページ
出版社: 千早書房 (2010/07)
ISBN-10: 4884924444
ISBN-13: 978-4884924447
発売日: 2010/07
商品の寸法: 18.6 x 13 x 1 cm

<目次>
はじめに
本書の見方
<北海道>
函館山ロープウェイ
函館七飯スノーパーク
有珠山ロープウェイ
ザ・ウェインザーホテル洞爺
ルスツリゾート
ニセコアンヌプリ国際スキー場
ニセコビレッジスキーリゾート
ニセコマウンテンリゾートグランヒラフ
小樽天狗山ロープウェイ
キロロリゾート
藻岩山ロープウェイ
札幌国際スキー場
サッポロテイネ
のぼりべつクマ牧場
マイントレースイスキー場
アルファリゾート・トマム
サホロリゾートスキー場
富良野スキー場
旭岳ロープウェイ
大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ
カムイスキーリンクス
<東北>
青森県
八甲田ロープウェー
ナクア白神リゾート
大鰐温泉スキー場
岩手県
安比高原スキー場
岩手高原スキー場
雫石スキー場
夏油温泉スキー場
秋田県
阿仁スキー場
宮城県
オニコウベスキー場
みやぎ蔵王えぼしスキー場
山形県
蔵王ロープウェイ
蔵王中央ロープウェイ
蔵王スカイケーブル
天元台高原
福島県
あだたら高原スキー場
グランデコスノーリゾート
猪苗代リゾートスキー場
アルツ磐梯スキー場
<関東>
栃木県
マウントジーンズ・スキーリゾート那須
那須ロープウェイ
ハンターマウンテン塩原
鬼怒川温泉ロープウェイ
明智平ロープウェイ
群馬県
丸沼高原スキー場
ホライトワールド尾瀬岩鞍
谷川岳ロープウェイ
草津国際スキー場
パルコール嬬恋スキーリゾート
榛名山ロープウェイ
伊香保ロープウェイ
茨城県
筑波山ロープウェイ
埼玉県
宝登山ロープウェイ
千葉県
鋸山ロープウェー
神奈川絵kん
よみうりランド
箱根ロープウェイ
箱根駒ケ岳ロープウェー
晴遊閣大和屋ホテル
<甲信越>
山梨県
天上山公園カチカチ山ロープウェイ
身延山ロープウェイ
昇仙峡ロープウェイ
長野県
富士見パノラマリゾートゴンドラリフト
プラタス蓼科ロープウェイ
白樺高原国際スキー場
ヘブンスそのはら
中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
おんたけ2240
白馬五竜スキー場
hakuba47ウィンタースポーツパーク
白馬八方尾根スキー場
白馬岩岳スキー場
栂池高原スキー場
栂池ループウェイ
タングラム斑尾
竜王スキーパーク
志賀高原ロープウェイ
東館山スキー場
焼額山スキー場
奥志賀高原スキー場
野沢温泉スキー場
<新潟県>
苗場スキー場
苗場-田代ゴンドラ
かぐらスキー場
湯沢高原スキー場
GALA湯沢スキー場
六日町八海山スキー場
セントレジャー舞子スキー場
雪だるま高原スキューピットパレイ
妙高杉ノ原スキー場
赤倉観光リゾートスキー場
弥彦山ロープウェイ
<東海・北陸>
静岡県
アタミロープウェイ
下田ロープウェヒ
かつらぎ山パノラマパーク
日本平ロープウェイ
かんざんじロープウェイ
岐阜県
金華山ロープウェー
高鷲スノーパーク
ウィングヒルズ白鳥リゾート
チャオ御岳スノーリゾート
新穂高ロープウェイ
三重県
御在所ロープウェイ
富山県
立山ロープウェイ
立山山麓スキー場
IOX-AROSAスキー場
石川県
獅子吼高原ゴンドラ
白山瀬女高原スキー場
白山-里野温泉スキー場
<近畿>
滋賀県
八幡山ロープウェイ
箱館山スキー場
びわ湖バレイ
京都府
比叡ロープウェイ
奈良県
吉野ロープウェイ
葛城山ロープウェイ
大阪府
金剛山ロープウェイ
兵庫県
新神戸ロープウェイ
麻耶ロープウェイ
六甲有馬ロープウェイ
須磨浦ロープウェイ
書写山ロープウェイ
姫路セントラルパーク
城崎ロープウェイ
おじろスキー場
<中国>
広島県
千光寺ロープウェイ
宮島ロープウェー
島根県
アサヒデングストン
穂積ハイランド
山口県
岩国城ロープウェイ
太平山ロープウェイ
火の山ロープウェイ
<四国>
香川県
寒霞渓ロープウェイ
雲辺寺ロープウェイ
徳島県
箸蔵山ロープウェイ
眉山ロープウェイ
太龍寺ロープウェイ
愛媛県
石鎚登山ロープウェイ
松山城ロープウェイ
<九州>
大分県
近鉄・別府ロープウェイ
熊本県
仙酔峡ロープウェイ
阿蘇山ロープウェー
長崎県
雲仙ロープウェイ
長崎ロープウェイ

あとがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】いつかは行きたい-一生に一度だけの旅-ベスト500

Photo

月刊誌である「ナショナルジオグラフィック」から旅にまつわる記事を再録したもので、船と旅や鉄道の旅もジャンルとして商会されています。東海道新幹線の東京/京都間は外国人にはワクワク路線かもしれませんが、少々疑問です。あくまでもアメリカの主観でチョイスされたものが大部分ですが、海外における船や鉄道の旅の参考におおいになるかと思います。大型本でカラー写真がたくさん掲載されているので、海外旅行に行かないくても一冊あると世界旅行出られる一冊です。

いつかは行きたい-一生に一度だけの旅-ベスト500
著者:ナショナル ジオグラフィック編
定価:7800円
ページ: 400ページ
出版社: 日経ナショナルジオグラフィック社 (2007/12/6)
言語 日本語
ISBN-10: 486313018X
ISBN-13: 978-4863130180
発売日: 2007/12/6
商品の寸法: 30.8 x 23.6 x 3.8 cm

目次
序文:歩き出し、踏み分けて、世界を見よう
1、水上の旅を楽しみ
 豪華なクルーズ船からカヌ0まで、一生忘れない旅
 ・シアトルからアラスカへ
 ・セント・ローレンス川
 ・トレント。セヴァーン水路
 ・往年のフロンティアを旅-米国テネシー、ケンタッキー、オハイオ州
 ・米南部のチャールトンと低地地方のクルーズ
 ・都市を楽しみ 船の旅トップ10
  1.バンクーバー・フェリー(カナダ)
  2.スタテン島フェリー(米国ニューヨーク市)
  3.サンフランシスコとソーサリートを結ぶフェリー(米国カルフォリニア州)
  4.ニューオリンズとアルジェを結ぶフェリー(米国ルイジアナ州)
  5.香港のスターフェリー(中国)
  6.ブリスベーン・フェリー(オーストラリア)
  7.イスタンブールのボスポラス海峡フェリー(トルコ)
  8.ヴェネチアのパポレット(イタリア)
  9.ナポリとカプリ島を結ぶフェリー(イタリア)
  10.リバプールのマージ・フェリー(英国)
2、ドライブの旅
 地平線の彼方をめざし、伝説のハイウェーや知らぜらる裏道をひた走る
3、鉄道で世界絶景めぐり
 心地よい列車の揺れに身をまかせ、車窓の眺めを楽しむ
 ・ロッキーマンテニア号(米国)
 ・カルフォニア・ゼファー号(米国)
 ・カンブレス・トルテック鉄道(米国) 
 ・米国西部の国立公園を鉄道でめぐる(米国)
 ・エル。チェペ鉄道(メキシコ)
 ・チバ・エクスプレス(エクアドル)
 ・アンデアン・エクスプローラー(ペルー)
 蒸気機関車の旅 トップ10
  1.オースティン&テキサス・セントラル鉄道
  2.マウント・レーニア鉄道
  3.セントラル鉄道(ペルー)
  4.パフィン・ビリー鉄道(オーストラリア)
  5.ニルギリ鉄道(インド)
  6.ブタペストの子供鉄道(ハンガリー)
  7.ハルツ狭軌鉄道(ドイツ)
  8.ジャコバイト号(英国)
  9.フェスティニオグ鉄道(英国)
  10.マン島ビクトリアン鉄道(英国)
 ・新幹線で京都から東京へ
 ・統一鉄道(ベトナム)
 ・青海チベット(青蔵)鉄道
 ・バンコク・カンチャナブリ・ナムトク線(タイ)
 ・イースタン&オリエンタル・エクスプレス(シンガ/マレー/タイ)
 ・宮殿列車で王侯気分を(インド)
 ・ダージリンのミン列車(インド)
 ・インディアン・パシフィフィック号(オーストラリア)
 ・トランツアルパイン鉄道(ニュージューランド)
 ・ボリショイ・エクスプレス(ロシア)
 ・シベリア横断鉄道(ロシア)
 ・ベルゲン鉄道(ノルウェー)
 ・インランド鉄道(スウェーデン)
 路面電車の旅 トップ
  1.トロントのクイーン・ストリ-トカー501系統(カナダ)
  2.シアトル・ジョージ・ベンソン・ウォーターフロント・ストーリートカー(米国)
  3.ニューオリンズ・セントチャールズ・ストリートカー(米国)
  4.サンフランシスコのケーブルカー(米国)
  5、香港のトラム(中国)
  6.メルボルンのトラム 96系統(オーストラリア)
  7.ブタペストのトラム 2系統(ハンガリー)
  8.ベルリンのトラム 68系統(ドイツ)
  9.アムステルダムのトラム 2系投(オランダ)
  10.リスボンのトラム 28系投(ポルトガル)
4、地球の散歩術
 世界でもっとも純粋でシンプルな
5、文化に親しむ“歩く旅”の楽しみ方
6、世界の美食を求めて
 異国の味を本場で味わい、口腹の喜びにひたる
7、スポーツの旅
 激流下りから情熱の踊りタンゴまで、エキサイティングな冒険に挑む 
8、空からの眺めを楽しむ
 軽飛行機、ヘリコプター、熱気球・・・。神の視点から世界を見る
9、歴史を味わう
 ブッタのインドからトルストイのロシアまで、偉人たちの足跡をたどる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】日本の鉄道創世記-幕末明治の鉄道発達史/中西隆紀著

Photo_2

幕末から明治までの鉄道の歴史をまとめた本で、読みやすい本で、日本鉄道創世記がどのようなものだったのかてとても良くわかりました。

日本の鉄道創世記―幕末明治の鉄道発達史
著者:中西 隆紀
定価:2000円
単行本: 267ページ
出版社: 河出書房新社 (2010/6/9)
ISBN-10: 4309225276
ISBN-13: 978-4309225272
発売日: 2010/6/9
商品の寸法: 19.2 x 12.6 x 2.6 cm

<目次>

序章 港から始まった日本鉄道史
 「新橋―横浜」の開業式典/港と鉄道/永遠の二本線

第1章 鉄道の発明―イギリスの蒸気機関車
車輪と鉄―ワットの蒸気機関車とスティーブンソン/世界初の蒸気機関車を走らせた男/汽車を発明した男と明治日本の因果話

第2章 黒船が持参した土産
 ロシアとアメリカの土産―蒸気車の模型/模型にまたがった武士/江戸城の極秘イベント/石炭の需要/謎のイギリス人/茅沼炭鉱の創業

第3省 長崎海軍伝習所と幕府の海軍
 自力で蒸気機関を建造―本物への模索/長崎海軍伝習所と小野友五郎/勝海舟と二人の伝習生/咸臨丸の試練/特別列車で大統領府へ/初の国産蒸気船の誕生/鉄道の路線測量と肥田浜五郎の最期/軍用金十八万両と小野の悲運

第4章 ミニチュア機関車模型からの出発
 品川沖に浮かんだ初の国産蒸気船/福岡藩と佐賀藩の模型製作/佐賀藩がつくった蒸気機関車の模型/薩摩藩、長州藩、加賀藩の場合/外国人による汽車の試運転/グラバー商会の高島炭鉱/薩摩藩のヨーロッパ渡航/鉄道から動物園まで―五代の壮大な事業計画/長州藩士五人の密航/帰国する伊藤と、イギリスにとどまる野村

第5章 汽笛一声―海上を走る最初の蒸気機関車
 消えたペリーの遺産/アメリカによる鉄道事業計画/イギリスの攻勢―アメリカに対抗した鉄道計画/梁山泊だった大隈邸/進取の気性と自信過剰/大隈重信と井上勝/最初の鉄道路線計画/レイの裏切りか、日本政府の無知か/「新橋―横浜」の測量開始/小野友五郎の転身/品川付近の海岸鉄道ルート/役に立った幕末の台場建設/横浜の★蝠台場/英国公使館の建設と「高島旅館」/横浜の埋立工事と橋の建設/首脳陣の市場とモレルの死/全線開通と豪華な陣容の開業式/「新橋―横浜」間の六つの駅/コラム 「新橋―品川」の海岸路線を推理する/メーカーの見本市/工部省の誕生―工業立国への道

第6省 トンネルと鉄橋との格闘
 日本最初の鉄道トンネル/日本初の鉄橋とテンダー機関車/泥酔して汽車を運転―お雇い外国人顛末記/井上 勝の焦りと怒り/大阪に移転した鉄道寮と大阪駅/平底レールと西南戦争/住吉駅近くの正面衝突事故/コラム 秘密の引き出しとダイヤグラム/現場から最強の技師を育成する

第7章 二つの東海道線
 「京都―大津」間の建設と日本人初の運転手/日本初の山岳トンネルは逢坂山/「京都―大津」の全線開通/琵琶湖という岐路/柳ケ瀬トンネルの煤煙事故/米原から長浜へ移動した「起点」/琵琶湖の連絡船と鉄道敷設問題/日本最初の湖上連絡船と東海道線/中山道から東海道へ方針転換した幹線計画/陸軍の認識転換/「東海道線」開業を国会開設に間に合わせよ/ロシア皇太子襲撃の大津事件と鉄道

第8章 国内最大の株式会社「日本鉄道」の誕生
 「殖産興業」の推進役としての「鉄道」/日本鉄道と政府の奇妙な関係/旧藩主たちの手有働組合会議/「新橋―横浜」の払い下げ/三井商会と井上馨の親密な関係/旧士族と官僚―それぞれの挑戦/官吏が会社の株主になることを禁ず/建設を国に委託した日本鉄道/井上の狙いと敗北した安場/政府の手厚い保護策/日本手有働の初代社長、吉井友実/日本の鉄道の全鉄道を払い下げる野望/「東京―高崎」の暫定起点だった川口/コラム 河川に直角進入するためのS字ガーブ/「日本鉄道」の資金を支えた第十五国立銀行/第二代社長に奈良原繁と薩摩の「精忠組」/大宮の起点が決定/「東京―青森」の全線開通/日本鉄道の躍進と関東私鉄四社/両毛鉄道/水戸鉄道/日光鉄道/甲武鉄道/私鉄鉄道条例と奈良原体制/日本初のストライキ/コラム「小岩井農場」/コラム 青函連絡船

第9章 最初の私鉄はどこか―東京馬車鉄道と阪堺鉄道
 「元祖私鉄」の三つどもえ戦/長い道のりだった「東京馬車鉄道」の営業許可/東京馬車鉄道の開業と上野駅の原型/政府から「独立」する日本鉄道/阪堺鉄道の先進性/コラム 東北最初の官営鉄道「釜石鉄道」/馬車鉄道は鉄道ではないのか

第10章 北と南の国から―北海道炭鉱鉄道、山陽鉄道、九州鉄道
 名古屋、そして鉄道1千マイル/北海道の炭鉱鉄道ー幌内鉄道とアメリカ/北海道開拓のモデルはアメリカ/「開拓吏」の廃止と「払い下げ事件」/コラム 義経と弁慶から始まる/幌内鉄道と幌内炭鉱―北海道炭鉱鉄道会社の誕生/旧官吏の巣窟だった炭鉱鉄道/コラム 北海道と囚人労働/巨大セネコン「日本土木会社」の設立/山陽鉄道―筆頭株主は海運「三菱」/中上川と山陽鉄道の苦難の道/寝台車、食堂車、鉄道連絡性―山陽鉄道の先進性/コラム 日清戦争を前に品川駅と横浜駅の見直し/異例の早さで即決した九州鉄道の建設許可/官選社長という奇怪な結論/ドイツ人技師の招聘/イギリス一辺倒の鉄道政策からの脱却/九州鉄道「門司―久留米」開通までの道のり/筑豊興業鉄道/コラム ドイツ製機関車の導入/関西鉄道/伊予鉄道―マッチ箱のような汽車/讃岐鉄道

第11章 鉄路が海を越える時―台湾・朝鮮・南満州手有働
 ナポレオンの亡霊/コラム 軌道幅員(ゲージ)-広軌と狭軌の対決/朝鮮の鉄道―朝鮮はなぜ標準軌なのか/京釜鉄道/台湾の鉄道/樺太の鉄道/シベリア鉄道と日本/東清鉄道と日路戦争/ポーツマス講和会議の領土交渉/鉄道五千マイル祝賀会/私鉄の国有化の流れ/90%が国有鉄道―国鉄の原型/「満州―朝鮮―日本」―満鉄の誕生から発展へ/コラム 山陽鉄道と関釜連絡船

第12章 「東京中央駅」の完成―東京大改造計画
 都市の立体化/東京駅の開業式典と電車試乗会/東京大改造計画と鉄道委員/国会議事堂の建設よりも東京駅が優先/高架鉄道という橋/国会議事堂と皇居と中央駅の位置関係/日本銀行、東京駅、国会議事堂/赤煉瓦と三駅の東京駅構想/「新橋」創業駅の転身

主要文献・資料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】にっぽん木造駅舎の旅100選

JR・民営鉄道の昔から残る木造駅舎を紹介した本です。南から紹介がはじまるところが珍しいような気がします。昔ながらの木造駅舎がテーマなので、西日本が圧倒的に多く、疑うわけではないのですが、東日本、しかし東北・北海道は駆け足のような気がします。

にっぽんの木造駅舎の旅100選
著者:萩原 義弘

単行本: 127ページ
出版社: 平凡社 (2009/12/16)
ISBN-10: 4582634486
ISBN-13: 978-4582634488
発売日: 2009/12/16
商品の寸法: 21.6 x 16.4 x 1 cm

目次
木の温もりを求めて 西日本 萩原義弘
門司港駅/夜明駅/喜例川駅/採銅所駅/えびの駅/矢岳駅/大畑駅/折尾駅/坪尻駅/琴平駅
コラム・ステーション1
在来線には木造駅 小島 伸夫

豊後森駅/田野駅/松橋駅/大村駅/早岐駅/上有田駅/鳥栖駅/八幡浜駅/土佐山田駅/善通寺駅/西岩国駅/四辻駅/長谷駅/川戸駅/備前庄原駅/美作千代駅/美作滝尾駅/若桜駅/養老駅/鞍馬駅/松尾寺駅/出雲横田駅/御来屋駅/豊岡駅/竹田駅/浜寺公園駅/

コラム・ステーション
明治から大正へ建築界を駆け抜けた男 辰野金吾 杉浦弘子

諏訪ノ森駅/高野山駅/畝傍駅/鳥居本駅/新八日市駅/能登鹿島駅/永平寺口駅/上堀駅/加賀一の宮駅

コラム・ステーション
多種多様な木造駅舎の建築様式 平林猛

櫟本駅/京終駅/学文路駅/貴志駅/勝山駅/阿漕駅/加太駅/湯谷温泉駅/養老駅/美濃赤坂駅/布袋駅/天竜二俣駅/小和田駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自転車】山形鉄道沿線ツーリング<その2>

<【自転車】山形鉄道沿線ツーリングその1(赤湯駅⇒長井駅)の続き
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-4503.html

荒砥⇒山形ツーリング
▲山形鉄道荒砥駅にて、魔女っ子のような方々が列車を眺める

前日(10/30)に赤湯駅から長井駅まで走り、その後は山形鉄道応援のセミナー、そして交流会にも参加して夜遅くまで楽しい時間を過ごすことができました。

翌31日は、自転車で山形市を目指しますが、山形鉄道を応援に来た以上は長井駅から荒砥駅まで輪行し、荒砥駅を起点として、国道287号線を使って寒河江市を経由し仙山線の楯山駅を目指します。

荒砥⇒山形ツーリング
▲山形鉄道荒砥駅を出発

長井駅9:37発荒砥行の列車をホームで待っていると黒いトンガリ帽子をかぶった乗客がいます。列車に乗り込むと、やはり仮装親子で座席は埋まっていました。なかなか不思議な客層で、後部のわずかなスペースに自転車を置いて、座ることなく荒砥駅へ。

荒砥⇒山形ツーリング
▲最上川にかかる木造のつり橋。ロケにも使われているそうです

この日は、荒砥駅10:21発の列車にイベントを行うハロウィン車両が併結されるそうで、駅には変装した乗客であふれていて、変装した乗客が列車の入れ替えを見ている風景はなんとシュールでした。

そのような雰囲気の中ですので、「すげー、ほしいな~」と魔女ッ子のような子供たちに囲まれながら自転車を組み立てました。そしてハロウェイ列車を見送り、静かになった荒砥駅を後にします。

荒砥⇒山形ツーリング
▲県道9号は、最上川に沿った景勝ルートで車もほとんど来ません

荒砥から寒河江方面へは、最上川左岸・県道9号と右岸・国道287号の2ルートがありますが、まずは、最上川に架かる吊橋まで国道287号線を走ります。吊橋を眺めて写真などを撮って、もちろん自転車で渡り、最上川左岸の県道9号ルートをしばらくたどります。

旧道となる県道9号線は、最上川と紅葉のコラボとなる景勝ルートで、交通量もほとんどないので自分のペースで進むことができますが、車もこなければ人気もないので、「熊注意」の看板を見ると「自転車で熊から逃げきれるか」などと少々心配になってしまいました。

荒砥⇒山形ツーリング
▲途中で見付けた現役の木造小学校。そのままロケに使えそう

途中から再び国道287号へ戻り、上郷ダムを見ながら朝日町の中心へ。そして、朝日ワイン城へ行くために和合集落の旧道へとそれます。旧道では、古い木造の和合小学校を見つけチェック。そして本日の休憩場所であるワイン城でチーズなどを試食してしばしの休憩です。

荒砥⇒山形ツーリング
▲ちょうど林檎の収穫の時期で、集積所ではりんごの山

後半ルートはワイン城からは左沢方面を行かずに国道287号で寒河江市へ、そして、国道458号を使います。このあたりからはほぼ平坦な道路となり、遠くに山形中心部のビル街も見えます。風もなく快適ツーリングで、中山町から山形市北部を通って、本日のJR利用駅となる楯山駅に到着し、終了です。

荒砥⇒山形ツーリング
▲朝日ワイン城で少々の休憩

JRに乗ってから酒を飲むのを楽しみにしていたのですが、楯山駅周辺には酒屋もコンビニもなく、結局買う事ができずにお酒は断念。楯山駅から仙台までE721に収まって、紅葉を見ながらの帰宅となりした。

荒砥⇒山形ツーリング
▲仙山線楯山駅からはE721を利用しました

途中撮り鉄の方々を発見して、て583系を使った「仙山もみじ号」が運転されていることに乗ってから気付きました。どうせならば山形まで走って、酒を買って583系に収まるべきだったと少々後悔です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »