« 【書籍】にっぽん木造駅舎の旅100選 | トップページ | 【書籍】いつかは行きたい-一生に一度だけの旅-ベスト500 »

【書籍】日本の鉄道創世記-幕末明治の鉄道発達史/中西隆紀著

Photo_2

幕末から明治までの鉄道の歴史をまとめた本で、読みやすい本で、日本鉄道創世記がどのようなものだったのかてとても良くわかりました。

日本の鉄道創世記―幕末明治の鉄道発達史
著者:中西 隆紀
定価:2000円
単行本: 267ページ
出版社: 河出書房新社 (2010/6/9)
ISBN-10: 4309225276
ISBN-13: 978-4309225272
発売日: 2010/6/9
商品の寸法: 19.2 x 12.6 x 2.6 cm

<目次>

序章 港から始まった日本鉄道史
 「新橋―横浜」の開業式典/港と鉄道/永遠の二本線

第1章 鉄道の発明―イギリスの蒸気機関車
車輪と鉄―ワットの蒸気機関車とスティーブンソン/世界初の蒸気機関車を走らせた男/汽車を発明した男と明治日本の因果話

第2章 黒船が持参した土産
 ロシアとアメリカの土産―蒸気車の模型/模型にまたがった武士/江戸城の極秘イベント/石炭の需要/謎のイギリス人/茅沼炭鉱の創業

第3省 長崎海軍伝習所と幕府の海軍
 自力で蒸気機関を建造―本物への模索/長崎海軍伝習所と小野友五郎/勝海舟と二人の伝習生/咸臨丸の試練/特別列車で大統領府へ/初の国産蒸気船の誕生/鉄道の路線測量と肥田浜五郎の最期/軍用金十八万両と小野の悲運

第4章 ミニチュア機関車模型からの出発
 品川沖に浮かんだ初の国産蒸気船/福岡藩と佐賀藩の模型製作/佐賀藩がつくった蒸気機関車の模型/薩摩藩、長州藩、加賀藩の場合/外国人による汽車の試運転/グラバー商会の高島炭鉱/薩摩藩のヨーロッパ渡航/鉄道から動物園まで―五代の壮大な事業計画/長州藩士五人の密航/帰国する伊藤と、イギリスにとどまる野村

第5章 汽笛一声―海上を走る最初の蒸気機関車
 消えたペリーの遺産/アメリカによる鉄道事業計画/イギリスの攻勢―アメリカに対抗した鉄道計画/梁山泊だった大隈邸/進取の気性と自信過剰/大隈重信と井上勝/最初の鉄道路線計画/レイの裏切りか、日本政府の無知か/「新橋―横浜」の測量開始/小野友五郎の転身/品川付近の海岸鉄道ルート/役に立った幕末の台場建設/横浜の★蝠台場/英国公使館の建設と「高島旅館」/横浜の埋立工事と橋の建設/首脳陣の市場とモレルの死/全線開通と豪華な陣容の開業式/「新橋―横浜」間の六つの駅/コラム 「新橋―品川」の海岸路線を推理する/メーカーの見本市/工部省の誕生―工業立国への道

第6省 トンネルと鉄橋との格闘
 日本最初の鉄道トンネル/日本初の鉄橋とテンダー機関車/泥酔して汽車を運転―お雇い外国人顛末記/井上 勝の焦りと怒り/大阪に移転した鉄道寮と大阪駅/平底レールと西南戦争/住吉駅近くの正面衝突事故/コラム 秘密の引き出しとダイヤグラム/現場から最強の技師を育成する

第7章 二つの東海道線
 「京都―大津」間の建設と日本人初の運転手/日本初の山岳トンネルは逢坂山/「京都―大津」の全線開通/琵琶湖という岐路/柳ケ瀬トンネルの煤煙事故/米原から長浜へ移動した「起点」/琵琶湖の連絡船と鉄道敷設問題/日本最初の湖上連絡船と東海道線/中山道から東海道へ方針転換した幹線計画/陸軍の認識転換/「東海道線」開業を国会開設に間に合わせよ/ロシア皇太子襲撃の大津事件と鉄道

第8章 国内最大の株式会社「日本鉄道」の誕生
 「殖産興業」の推進役としての「鉄道」/日本鉄道と政府の奇妙な関係/旧藩主たちの手有働組合会議/「新橋―横浜」の払い下げ/三井商会と井上馨の親密な関係/旧士族と官僚―それぞれの挑戦/官吏が会社の株主になることを禁ず/建設を国に委託した日本鉄道/井上の狙いと敗北した安場/政府の手厚い保護策/日本手有働の初代社長、吉井友実/日本の鉄道の全鉄道を払い下げる野望/「東京―高崎」の暫定起点だった川口/コラム 河川に直角進入するためのS字ガーブ/「日本鉄道」の資金を支えた第十五国立銀行/第二代社長に奈良原繁と薩摩の「精忠組」/大宮の起点が決定/「東京―青森」の全線開通/日本鉄道の躍進と関東私鉄四社/両毛鉄道/水戸鉄道/日光鉄道/甲武鉄道/私鉄鉄道条例と奈良原体制/日本初のストライキ/コラム「小岩井農場」/コラム 青函連絡船

第9章 最初の私鉄はどこか―東京馬車鉄道と阪堺鉄道
 「元祖私鉄」の三つどもえ戦/長い道のりだった「東京馬車鉄道」の営業許可/東京馬車鉄道の開業と上野駅の原型/政府から「独立」する日本鉄道/阪堺鉄道の先進性/コラム 東北最初の官営鉄道「釜石鉄道」/馬車鉄道は鉄道ではないのか

第10章 北と南の国から―北海道炭鉱鉄道、山陽鉄道、九州鉄道
 名古屋、そして鉄道1千マイル/北海道の炭鉱鉄道ー幌内鉄道とアメリカ/北海道開拓のモデルはアメリカ/「開拓吏」の廃止と「払い下げ事件」/コラム 義経と弁慶から始まる/幌内鉄道と幌内炭鉱―北海道炭鉱鉄道会社の誕生/旧官吏の巣窟だった炭鉱鉄道/コラム 北海道と囚人労働/巨大セネコン「日本土木会社」の設立/山陽鉄道―筆頭株主は海運「三菱」/中上川と山陽鉄道の苦難の道/寝台車、食堂車、鉄道連絡性―山陽鉄道の先進性/コラム 日清戦争を前に品川駅と横浜駅の見直し/異例の早さで即決した九州鉄道の建設許可/官選社長という奇怪な結論/ドイツ人技師の招聘/イギリス一辺倒の鉄道政策からの脱却/九州鉄道「門司―久留米」開通までの道のり/筑豊興業鉄道/コラム ドイツ製機関車の導入/関西鉄道/伊予鉄道―マッチ箱のような汽車/讃岐鉄道

第11章 鉄路が海を越える時―台湾・朝鮮・南満州手有働
 ナポレオンの亡霊/コラム 軌道幅員(ゲージ)-広軌と狭軌の対決/朝鮮の鉄道―朝鮮はなぜ標準軌なのか/京釜鉄道/台湾の鉄道/樺太の鉄道/シベリア鉄道と日本/東清鉄道と日路戦争/ポーツマス講和会議の領土交渉/鉄道五千マイル祝賀会/私鉄の国有化の流れ/90%が国有鉄道―国鉄の原型/「満州―朝鮮―日本」―満鉄の誕生から発展へ/コラム 山陽鉄道と関釜連絡船

第12章 「東京中央駅」の完成―東京大改造計画
 都市の立体化/東京駅の開業式典と電車試乗会/東京大改造計画と鉄道委員/国会議事堂の建設よりも東京駅が優先/高架鉄道という橋/国会議事堂と皇居と中央駅の位置関係/日本銀行、東京駅、国会議事堂/赤煉瓦と三駅の東京駅構想/「新橋」創業駅の転身

主要文献・資料

|

« 【書籍】にっぽん木造駅舎の旅100選 | トップページ | 【書籍】いつかは行きたい-一生に一度だけの旅-ベスト500 »

書籍」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/49954504

この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】日本の鉄道創世記-幕末明治の鉄道発達史/中西隆紀著:

« 【書籍】にっぽん木造駅舎の旅100選 | トップページ | 【書籍】いつかは行きたい-一生に一度だけの旅-ベスト500 »