« 【書籍】世界の駅・日本の駅/小池 滋・青木栄一・和久田康雄編 | トップページ | 【鉄道】H22.10/9JR東日本秋田車両センター一般公開 »

【海外の鉄道】〔イタリア〕乗り換えに便利なベネチア・メストレ駅

<【海外の鉄道】国際列車行ニコラ・テスラ号(ベオグラード発ベネチア行)http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-3afd.htmlの続きです>。

世界の観光地ベネチアの中心駅は、ベネチア・サンタルチア駅。海を渡った人口島にある行き止まり式の駅で多くの列車の起点・終点となっていて、ベネチア観光が目的であればこちらを利用することになります。

ベネチアには、「ベネチア・メストレ駅」というもう一つの拠点駅があります。本土側(陸側)にある駅のため、サンタルチア駅発着列車は全てここを経由します。イタリア東部トリエステ、旧ユーゴ方面、中欧方面とミラノやローマ方面は、サンタルチア駅まで行かずメストレ駅で乗り換えるのが便利なのです。

ベネチアの駅位置図 

一度でもベネチア・サンタルチア駅にいったことがある人は分かると思いますが、この駅は、いつも混雑していいます。たまたま連休やONシーズンの週末に当たろうものならば、切符を買おうにも窓口は長蛇の列でしかもなかなか進みません。頼みの自動券売機も数はあっても稼動してないことが多く、乗り換え前に一苦労。切符をGETしても広い構内と長いホームを歩いて自分の車両へ向かうことになります。

対するベネチア・メストレ駅は、もともと乗り換え客が中心なので、ここで切符を買う人もサンタチルア駅に比べるとかなり少ない。前述のニコラテスラ号からは、ミラノへ2回、乗り換えたことがあるのですが、ニコラテスラ号を降りて、駅の自動販売機で直近のミラノ行きのユーロスターの指定券を5分で発券。所要30分で、いとも簡単に乗り換えが完了しました。

ローマ行/AV9403列車
▲ウーディネ発ベネチア・フィレンツエ経由ローマ行ユーロスター9403列車。この列車は、サンタルチア駅を経由せずにローマへ向かいます(2010年5月ベネチア・メストレ駅)

駅の構造は、日本人になじみのある通過式で、駅舎は1番線ホームの中心に位置しています。列車案内板でホームを確かめて、地下道を通ってホームで列車待つのみで、行き止まり式の駅ように端からホームを歩こともありません。また、地下道を上ったところにも列車案内板があるので「間違えた!」となっても目的のホームに簡単に移動可能です。

ヨーロッパを鉄道で旅行していると、「終点まで乗りたい」という心理も働くのですが、ベネチアに一度いったことがあるならば、乗り換えは便利な「ベネチア・メストレ駅」がお勧め。毎回、あまりの乗り継ぎの良さに駅舎の写真も撮りそこなっているほどです。

<【海外の鉄道】〔イタリア〕未だ現役!ミラノの路面電車「ベントット」http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-88e1.htmlに続く>

|

« 【書籍】世界の駅・日本の駅/小池 滋・青木栄一・和久田康雄編 | トップページ | 【鉄道】H22.10/9JR東日本秋田車両センター一般公開 »

海外の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/49710491

この記事へのトラックバック一覧です: 【海外の鉄道】〔イタリア〕乗り換えに便利なベネチア・メストレ駅:

« 【書籍】世界の駅・日本の駅/小池 滋・青木栄一・和久田康雄編 | トップページ | 【鉄道】H22.10/9JR東日本秋田車両センター一般公開 »